山崎颯一郎(敦賀気比)のプロフィールや出身中学は?

シェアしてもらえると嬉しいです!

野球グラブと硬球

山崎颯一郎選手は敦賀気比高校の
投手です。
2015年の明治神宮大会では同校を
準優勝に導きました。

2016年のセンバツでも活躍が期待
されています。

すでにドラフト候補との呼び声も
高い山崎選手のプロフィール
出身中学などを調べてみました。

また、どんな投手なのか、球種
球速のも触れていきます。

山崎颯一郎選手のプロフィール情報

名前:山崎颯一郎

生年月日:1998年6月15日

年齢:17歳

出身地:石川県

身長/体重:188cm/80kg

投打:右投げ右打ち

ポジション:投手

颯一郎(そういちろう)と読みます。
あまり見かけない漢字を使った
珍しい名前ですね。

今年は最上級生になりますが、
2年生だった昨年夏の甲子園2回戦
花巻東戦に平沼翔太(現日本ハム)の
救援で登板しています。

この時、2イニングを投げて、
最速144km/hをマーク。
4三振を奪った。

体格には恵まれていますね。
身長188cmでやや線が細い感じ
ですが、『北陸のダルビッシュ』と
呼ばれています。

山崎颯一郎選手の球歴・出身中学は?

野球用品

野球を始めたのは小学3年生の時。

石川県加賀市の山代少年野球団
入団。

その頃から身長が高く、選手間で
頭ひとつ抜けていたそうです。

最初からピッチャーをしていたわけでは
なく、1塁手、捕手を経験後に投手に
なりました。
背が高いと1塁手を経験しても不思議
ではないですね。

中学は地元加賀市の山代中学に進み
硬式野球を始め、加賀ボーイズに所属。

中学3年時に日本代表に選出され、
出場した2013年世界少年野球大会
優勝を経験。
同じ代表選手の中には、簑面ボーイズに
所属していた履正社の寺島成輝
いたそうです。

この後、福井県の敦賀気比に入学。

敦賀気比の選手は結構関西出身が
多いのですが、山崎選手は北信越の
出身なのですね。

山崎颯一郎選手の球種や球速は?

硬球を持つ手

山崎選手の球種や球速を見ていきます。

球種ですが、

ストレート

スライダー

カーブ

速いストレートを外角中心に

スライダーとカーブを織り交ぜて

投球する。

長身から投げ降ろすストレートは

最速144km/hで常時は140km/h前後

です。

現時点での素材は最高級レベルの
選手だと思います。

この冬の鍛錬で下半身を鍛え、
線の細さを克服し、フォームの
修正、メンタル面を強化すれば、
150km/hは現実的に可能だそう。

将来性たっぷりの山崎投手の
今後が非常に楽しみです。

最後まで読んでいただいて

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です