高橋昂也(花咲徳栄)のプロフィールや出身中学は?

シェアしてもらえると嬉しいです!

野球のグローブ

高橋昂也選手は花咲徳栄高校の
投手です。

昨秋の関東大会ではベスト8まで
勝ち上がりましたが、今春の選抜
高校野球大会への出場は大変微妙
です。

甲子園で見れるかどうかはわかりませんが、
今秋の注目のドラフト候補であること
に違いはありません。

そんな注目度の高い高橋昂也選手の

プロフィールや出身中学などを
調べてみました。

また、どんな投手なのか、球種
や球速のも触れていきます。

高橋昂也選手のプロフィール情報

名前:高橋昂也

生年月日:1998年9月27日

年齢:17歳

出身地:埼玉県

身長/体重:181cm/83kg

投打:左投げ左打ち

ポジション:投手

たかはしこうやと読みます。
昂也はあまり見かけない漢字を使用
していますね。

昨年夏の甲子園では2年生ながら
抑えとして3試合に登板し、
チームのベスト8入りに貢献。

最速145キロのストレートと
フォークボールの組み立てで
イニング数を上回る三振を奪った。

三振をどんどん取っていく姿から、

『埼玉のドクターK』と呼ばれる。

体格にも恵まれている。
身長が180cmを超えていて、
体重も83kgあるので、速球には
重みがある。

バランスの取れた好投手。

高橋昂也選手の球歴・出身中学は?

野球用品

野球を始めたのは小学3年生。
埼玉県の栗橋ジャイアンツに所属。

埼玉の栗橋東中学に進学

中学校では久喜シニアに所属した。

中学校は地元埼玉県ですね。

高橋昂也選手が頭角を表してきたのは
花咲徳栄高校に進学してからのようです。

1年生の秋からベンチ入りを果たし
背番号は1。すでにチームの中心に
なっている。

2年生時の背番号は10となったが、
上記の通り、夏の甲子園で活躍。

最上級生となった昨秋は文字通り
エースとなり、秋季埼玉県大会に
臨むこととなる。

エースとなってからは、先発で試合を
組み立てていくことになったので、
球速を少し抑えて、打たせて取る
ピッチングで球数を少なくすること
をテーマにスタイルを変更。

それでも、3回戦の早大本庄戦では
19奪三振を奪う力投を披露。

『埼玉のドクターK』は健在。

結果としては、埼玉県大会は準優勝

関東大会では準々決勝で優勝した
木更津総合高校に敗れはしたが、

関東を代表する好投手対決となり、
木更津総合の早川隆久投手との
投げ合いは見ごたえがありました。

高橋昂也選手の球種や球速は?

硬球を持つ手

高橋昂也投手の球種や球速を見ていきます。

球種ですが、

ストレート

スライダー

カーブ

フォーク

最速145キロのストレートが
あるが、球のキレとコントロール
で勝負します。

特にフォークボールが良い
右打者にも左打者のも投げ込む。

このボールで三振を取っていく。

左打者の内角へ精度よく投げ込む
投手はそうそういない。

フォームの修正にも取り組んでいる
そうで、この冬を越えた姿を
出来れば春の甲子園で見てみたいですね。

これからもっとすごくなりそうな
高橋昂也投手に注目です。

最後まで読んでいただいて

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です