高校野球2016年選抜出場校はここ!(中国・四国編)

シェアしてもらえると嬉しいです!

高校野球グランドの日差し

高校野球 2016年の選抜出場校を
予想していきたいと思います。
今回は、中国、四国地区編です。

では、早速検討していきます!!

選抜高校野球 2016 出場校の予想

中 国 地 区

中国大会 決勝

2015年11月1日(県立浜山球場)

123456789
創志学園10105031112
南陽工0000100001

(創志学園)高田ー小林
(南陽工) 重富、宝木、藤本ー福山

中国大会 準決勝

2015年10月31日(県立浜山球場)

123456789
創志学園4100000005
開星0000000000

(創志学園)高田ー小林
(開星) 吉川ー元谷

123456789
南陽工0001000506
如水館0000010113

(南陽工)重富、藤本ー藤本、福山
(如水館) 石垣、岡本、石垣、岡本、石垣、藤岡、福嶋、山下ー衣川

【中国地区 出場校予想】

当 確  創志学園高校

中国大会優勝の創志学園高校は順当。

エースは高田萌生

ドラフト候補にも挙がっている素材。

最速150キロの速球を投げ込む。

松坂大輔の投球フォームを真似
スピードボールが出せるように
良い部分を取り入れている。
研究・練習熱心な選手。

打線も力強い。
1番難波侑平がリードオフマンとして
引っ張り、3番北川大貴、4番高井翔
続く打線は破壊力が満点。
足を使った機動力にも長けており、
4試合で12盗塁を記録している。

中国王者として臨んだ明治神宮大会では
準優勝した敦賀気比に力を出し切れずに
敗退してしまった。

この悔しさをバネに選抜大会では
ひと暴れしそうなチームだ。

当 確  南陽工業高校

中国大会の準優勝チーム。

決して前評判は高くなく、第3代表で
臨んだ大会となったが、初戦で鳥取1位
の鳥取城北を接戦で下すと、続く
準々決勝では同県1位の早鞆との
シーソーゲームを制した。

波に乗って、準決勝の如水館にも
勝ち、大会中の台風に目となった。

原動力は2枚看板の投手。
だだし、2人はバッテリー。

主戦は重富将希で130キロ後半の
キレのあるストレートが売り。

秋の県大会から、キャッチャー
を務める藤本大輔もマウンドに立つ。
鳥取城北戦では完投した。

競い合う2人の成長が春躍進のカギ
になるでしょう。

有 力  開星高校

中国大会のベスト。

大型のチームでスケールが大きい。

エース吉川貴大は身長180cmの長身。
143キロの速球を投げ込む。
フォーク、スライダーもいいものが
ある。

打線も長打力は大会随一
身長180cmを超える3番瀬戸口恵大
4番福間塁の大型クリンアップは
威圧感十分。

個々の力はあるが、チームとして
完成していない。
この荒削りの部分を埋めていけば、
すごいチームに成長しそう。

四国地区との兼ね合いもあるが、
有力校として挙げておきます。

四 国 地 区

四国大会 決勝

2015年11月1日(オロナミンC球場)

123456789
高松商0110301006
明徳義塾0010000001

(高松商)浦ー植田
(明徳義塾) 中野ー古賀

四国大会 準決勝

2015年10月31日(オロナミンC球場)

123456789
高松商0401010006
済美3001100005

(高松商)浦ー植田
(済美) 菊池、赤松ー小山

12345678910
土佐1000001100
明徳義塾002000200
3
4

(土佐)尾崎ー楫
(明徳義塾) 中野ー古賀

【四国地区 出場校予想】

当 確  高松商業高校

四国大会の優勝校。

香川の名門校だが、近年は低迷が
続いていた。

ただ、このチームは旧チームから
レギュラーが半数を占め、有能な
選手が揃った黄金世代

香川県大会から通算9試合で盗塁数
29個。健大高崎を彷彿するような
機動破壊』の走力が光る。

エースは浦大輝
身長179cm、体重78キロから重みの
あるストレートを投げる。
変化球のキレもよく、打ちづらい
投手。コントロールもいいので
安定感が抜群。

打線も四国大会4本の本塁打を
打ったように、長打力もある。

四国王者として臨んだ明治神宮大会
では、下馬評を覆して優勝した。
大阪桐蔭敦賀気比を破ってのもの
は価値がある。

第1回選抜大会の覇者が久しぶりの
甲子園で活躍するのは間違いない
でしょう。

当 確  明徳義塾高校

四国大会の準優勝校。

高知の名門校は今年も上位進出を
してきました。
しかし、今年は接戦を乗り切る
ことが多く順風満帆とは言えない。

逆にいえば、非常に粘り強い。

エースは中野恭聖

身長172cm、体重69kgとさほど大きくは
ないが、1年生のころから期待の高素材。
四国大会は防御率3.41と振るわなかった。
彼の成長が今年の明徳義塾のカギとなる
でしょう。

とは言っても、名将馬淵史郎監督に
導かれて、鍛え上げられた姿をまた
甲子園で見ることになるでしょうね。

有 力  済美高校

四国大会のベスト4。

名将上甲正典前監督の急逝があり、
1年間の対外試合禁止など、色々
あった同校。

乗松征記新監督のもとで復活を期す。

エースは菊池怜雄
四国大会の高知商、鳴門、高松商戦
とほぼ一人で投げ抜いた。

高松商には自責点5を献上したが、
ヒットは6本とそれほど打たれていない。
四球がやや多いので、ここを修正すれば
さらに安定感が増しそう。

打線はシャープな振りが目立つ。
優勝した高松商との準決勝では、
ヒット数では同校が上回っていたほど。

済美高校も甲子園で見たい1校の
一つです。

今回は中国と四国地区の選抜出場校
の予想をしてみました。
主観がかなり入っているのですが、
最後まで読んで頂いて

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です