清峰高校野球部 2017メンバーの出身中学や注目選手は?

シェアしてもらえると嬉しいです!

夕暮れのグランド

いよいよ夏本番!!!

本格的な高校野球シーズンの到来です。

高校野球好きとしてはワクワクしますね。

そこで毎年注目される有名強豪校について、

主なメンバーの出身中学などを調べて

みました。

一応旧チームのデータも残してあります。

少し紛らわしいかもしれませんが。。。

今回は長崎の強豪校である

清峰高校です。

清峰高校野球部2017の出身中学

2017夏季県大会メンバーの出身中学一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
1豊村 直大投手3長崎 佐世保市東明中
2岸川 貴紀捕手3長崎 長崎市三重中
3浦岡 慎之助内野手3長崎 佐世保市崎辺中
4金堀 歩内野手3長崎 佐世保市大野中
5江川 悠馬内野手2長崎 佐世保市日野中中学軟式
6藤原 弘樹内野手3長崎 佐々町佐々中
7安永 哲太外野手3長崎 佐世保市広田中
8山道 裕太外野手2長崎 佐世保市福石中
9西山 崚大外野手3長崎 佐々町佐々中
10金子 剛己控え3長崎 松浦市今福中
11田口 輝控え3長崎 平戸市田平中
12谷川 葵依控え2長崎 松浦市志佐中中学軟式
13倉富 卓哉控え2長崎 海星中
14八戸 塁控え2長崎 西海市大崎中
15田口 協控え3長崎 佐世保市福石中
16中野 斗維控え2長崎 佐世保市祇園中
17鴨川 孝太郎控え3長崎 平戸市生月中
18大塚 竜太控え2長崎 松浦市志佐中
19山下 大輔控え1長崎 佐世保市福石中
20小西 陽輔控え1長崎 佐世保市日野中

20名全員が長崎県内中学の出身者です。

県立の高校ですのでほぼ県内出身者で
チーム作りが行われているようです。
県外出身者の入学は少ないようです。

清峰高校野球部2016(旧チーム)の出身中学

2016夏の旧チームの出身中学一覧です。

名前位置出身中クラブ中学所在地
岸川 滉生投手大村市立西大村中長崎シニア長崎県
森川 悠海捕手佐世保市立早岐中長崎県
久保 陽之内野手佐世保市立広田中長崎県
藤原 弘樹内野手佐々町立佐々中長崎県
岩田 将稔内野手佐世保市立愛宕中長崎県
澤田 幸輝内野手佐世保市立日野中長崎県
千北 堅心外野手佐世保市立崎辺中長崎県
山村 遼馬外野手佐々町立佐々中KB長崎選抜長崎県
岡崎 蓮外野手佐世保市立日野中長崎県
天野 椋大控え佐世保市立山澄中長崎県
豊村 直大控え佐世保市立東明中長崎県
岸川 貴紀控え長崎市立三重中長崎県
伊東 大夢控え西海市立西彼中長崎県
江川 悠馬控え佐世保市立日野中中学軟式長崎県
山口 優樹控え佐世保市立大野中KB長崎選抜長崎県
安永 哲太控え佐世保市立広田中長崎県
浦岡慎之助控え佐世保市立崎辺中長崎県
田中滉太郎控え西海市立西彼中長崎県
金子 剛己控え松浦市立今福中長崎県
西山 峻大控え佐々町立佐々中長崎県

清峰高校の注目選手

豊村 直大  184.0cm 71.0kg 右投げ右打ち

長崎県佐世保市東明中学校の出身。

長身から最速144キロの速球を投げ込む
本格派右腕。

角度のある速球が武器となっていますが、
縦のスライダー、カーブなどを織り交ぜて
投球します。

腕の振りも良く、同校で活躍し、現在
広島カープの今村猛投手を彷彿させる。

長崎No.1右腕との呼び声もある注目の
投手です。

清峰高校の紹介

学校清峰高等学校
所在地〒857-0333
長崎県北松浦郡佐々町中川原免111
創立年1952年(昭和27年)
生徒数587人(女子)368人
卒業生古川秀一  (元プロ野球)
今村猛   (プロ野球)

校 歌
作詞・作曲: 坂井 洋子

白雲ながれる 青空に
高くつらなる 山脇に
清らな川面に 映るとき
人と自然の 恩恵あり
夢をいだいて 若人の
集う学舎 ここにあり
友情はぐくみ 究めゆく
学びの道は ここにあり
我ら誠実の 清峰生 我ら誠実の 清峰生

長崎県北松浦郡佐々町にある県立高校。
2003年に校名を変更し、総合学科に改編。

クラブ活動は盛んで、野球部が最も有名
であるが、文化系のコーラス部も
全国大会、九州大会で好成績を残している。

多彩な能力を持った方々が卒業生として
色々な方面で活躍されています。

甲 子 園 成 績
出場回数(春)   2回
(夏)   3回
優勝                1回
準優勝                1回

近年強豪校として知られるようになった
新鋭校。

平成17年夏の選手権で初出場を果たし、
その年春の選抜優勝校の愛工大名電高校に
延長の末、勝利。

3回戦でも前年準優勝の済美高校に勝利。
全国であっと言わせる活躍で『ミラクル清峰』
と呼ばれた。

翌年春の選抜にも初出場を果たし、
またまた快進撃で決勝戦に進出。
横浜高校に敗れたものの準優勝を達成

平成21年の春の選抜で2回目の出場をすると
長崎県勢で初の優勝を達成した

この黄金期から少し経過しています。

2017チームは好投手を擁して、
活躍が期待できそうです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です