北海高校野球部 2018メンバーの出身中学や注目選手紹介!!

シェアしてもらえると嬉しいです!

グランドの野球ボール

夏の甲子園大会が終了し、高校野球は

2018新チームへと代替わりしています。

2018選抜大会に向けて秋季大会が始まり、

ファンとしても新たな気持ちで再スタート

ですね。

そこで毎年注目される有名強豪校について、

主なメンバーの出身中学などを調べて

みました。

一応旧チームのデータも残してあります。

少し紛らわしいかもしれませんが。。。

今回は北海道の強豪校である

北海高校 です。

北海高校野球部2018の出身中学

2017秋季札幌地区大会メンバーの出身中学一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
1伊藤 源投手2北海道 音更町下音更中中学軟式
2三浦 啓太捕手2北海道 札幌市清田中札幌豊平ボーイズ
3井平 光紀内野手2北海道 北斗市上磯中函館東シニア
4鈴木 聖矢内野手2北海道 札幌市清田中北広島シニア
5岸 耕太郎内野手2大阪 阪南市鳥取中
6藤原 稜内野手2大阪 泉大津市誠風中忠岡ボーイズ
7村田 圭哉外野手2北海道 恵庭市恵北中恵庭シニア
8渡辺 颯斗外野手1北海道 札幌市柏丘中札幌北シニア
9小原 竜一外野手2大阪 泉佐野市佐野中
10金田 光生控え2北海道 札幌市新川西中札幌手稲ボーイズ
11大窪 士夢控え2北海道 岩見沢市緑中岩見沢シニア
12井村 峻己控え1北海道 帯広市第七中中学軟式
13岩田 永遠控え1北海道 北斗市上磯中北海道選抜(軟式)
14太田 良平控え1大阪 阪南市貝掛中
15山崎 祐輝控え2大阪 和泉市信太中南大阪BBC
16林 佑樹控え2北海道 長沼町長沼中恵庭シニア
17辻本 倫太郎控え1北海道 札幌市日章中札幌南シニア
18志村 瞭控え1北海道 札幌市中の島中札幌南シニア

13名が北海道内中学の出身者です。

北海道以外の出身中学者の内訳です。

大阪府  5名

県外中学の出身者はほとんどいません。
私立の名門校ですが、有望な選手は
北海道内から集まっているようです。

毎年大阪からの入学者が若干いますので
スカウトのルートがあるのでしょう。

2016夏の甲子園準優勝で、北海道外
からの選手も集まりそうですね。

北海高校野球部2017の出身中学

2017夏甲子園大会メンバーの出身中学一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
1多間 隼介投手3北海道 紋別市紋別中中学軟式
2佐藤 大雅捕手3北海道 厚岸町真龍中釧路ボーイズ
3川村 友斗内野手3北海道 松前町松前中中学軟式(北海道選抜)
4鈴木 聖矢内野手2北海道 札幌市清田中北広島シニア
5竹本 拓海内野手3大阪 吹田市片山中北摂シニア
6布施 大聖内野手3北海道 厚岸町厚岸中
7井上 雄喜外野手3北海道 札幌市澄川中札幌西シニア
8鈴木 大和外野手3北海道 北広島市大曲中札幌豊平ボーイズ
9渡辺 佑汰外野手3北海道 札幌市柏丘中札幌北シニア
10阪口 皓亮控え3大阪 大阪市大正東中大正ボーイズ
11兼松 塁控え3北海道 札幌市柏丘中
12井平 光紀控え2北海道 北斗市上磯中函館東シニア
13伊藤 源控え2北海道 音更町下音更中中学軟式
14松井 優都控え3北海道 江別市野幌中
15南 海星控え3大阪 和泉市北池田中
16氏家 弘貴控え3北海道 札幌市東月寒中北広島シニア
17遠藤 成二控え3北海道 札幌市東白石中北海ベアーズ
18後藤 大成控え3大阪 茨木市西陵中北摂シニア

北海高校の注目選手

井平 光紀  177.0cm 72.0kg 右投げ右打ち

北海道北斗市上磯中学校では
函館東シニアに所属。

きれいな右サイドスローの投球フォームから
最速130キロ前後の速球にカーブ・スライダー
を織り交ぜて投球します。

2017夏の甲子園には3番手投手として、
ベンチ入りをしています。

2018チームでは打撃でも4番を務め、主将と
してチームのまとめ役も担います。
大黒柱として活躍が期待される選手です。

北海高校2017ドラフト指名選手

名前阪口 皓亮
出身中学大阪府 大阪市大正東中
シニア等大正ボーイズ
身長/体重188cm/80kg
投打右投げ左打ち
指名球団DeNA 3位指名
寸評長身で角度のある最速148キロ
の速球が武器の本格派投手。

北海高校を引退した注目選手

多間 隼介  166.0cm61.0kg 左投げ左打ち

北海道紋別市紋別中学校では
中学の軟式野球部に所属。

小学時代には紋別オホーツクスポーツ少年団の
エースとしてファイターズジュニア王座決定戦で
優勝し、北海道制覇の経験がある。

投手としては大きな体格ではないが、130キロ
中盤の速球と110キロ台のスラーダー、
チェンジアップを投げ分けて投球する。

2016夏の決勝戦で甲子園のマウンドは経験済み。
作新学院の強打線をリリーフしてよく抑えた。
大きな経験を積んで2017チームでは中心選手と
してチームを引っ張ります。

川村 友斗  180.0cm76.0kg 右投げ左打ち

北海道松前町立松前中学校では、
軟式野球部に所属。

中学時代には第12回東北中学校
選抜大会で北海道選抜に選出されている。

北海高校では2年生ながら5番として主軸を
担い、2016夏の甲子園準優勝に大きく貢献。

無駄のない打撃で甲子園で2本のホームランを
打った強打者。パワーヒッターの感じはしない
が遠くに打球を飛ばすセンスに優れている。
プロ注目のドラフト候補選手です。

北海高校の監督紹介

平川 敦 監督

生年月日:1971年4月6日
出身地 :北海道根室市生まれ
学歴  :北海高校ー北海学園大学卒

高校時代は投手として活躍し、1989年夏の
甲子園に出場しました。
系列の北海学園大学に入学後、すぐに
北海高校のコーチを務めた。

大学卒業後は3年間百貨店に勤務したが、
北海高校に戻り、1998年4月より母校の
監督に就任しました。

春夏合わせて6度母校を甲子園に導き、
2016夏の選手権では夏の同校最高成績で
ある準優勝を達成した。

伝統ある北海野球を踏襲し、基本に忠実
なプレーに重きを置いている。

古豪北海高校に新たな歴史を刻んだ有能な
監督です。

北海高校の紹介

学校北海高等学校
所在地〒062-8601
北海道札幌市豊平区旭町四丁目1番41号
創立年1885年(明治18年)
生徒数1228人(女子)529人
卒業生若松勉    (元プロ野球)
有倉雅史   (元プロ野球)
堀田一郎   (元プロ野球)
瀬川隼郎   (プロ野球)
鍵谷陽平   (プロ野球)
戸川大輔     (プロ野球)

校  歌
作詞:土井 晩翠
作曲:本居 長世

天地を包む雪の色
その寂寞の冬去りて
緑の大野見るごとく
暗より明けし北海の
空光明のおとずれよ

北海道札幌市にある私立高校。
生徒数は1000人を超えるマンモス校。

クラブ活動は盛んで野球部が最も有名
であるがサッカー部も近年活躍をしている。
スキー・スケートなども強豪校として
知られています。

進学にも力を入れていて特別進学コースで
偏差値は63

長い歴史を誇り多彩な能力を持った
方々が様々な方面で活躍されています。

甲 子 園 成 績
出場回数(春)     12回
(夏)     38回
優勝                 0回
準優勝                   2回

北海道を代表する名門校。
戦前から北海道の高校野球界をリードし、
昭和38年春の選抜では準優勝

夏の選手権は昭和3年にベスト4進出。

夏の選手権の出場は全国最多の38回目
となります。

2015夏は前評判の高いチームだったが、
開幕ゲームで鹿児島実業に大敗。
北海道内での強さを甲子園で発揮しきれ
ていない感じがいつもするチームだった。

だが、2016夏の甲子園で壁を乗り越え
創部以来初の夏の大会で準優勝を達成。

2017チームも甲子園メンバーが多く残り
スタートしたが、秋季大会、春季大会
共に札幌地区予選で敗れてしまい、北海道
大会に進出できませんでした。

しかし前チームも似たような成績の後に
甲子園出場だったので心配よりも期待が
大きかったのですが、その通りとなり、
夏の大会3連覇で甲子園出場をしています。

2018チームも秋季大会は札幌地区予選で
敗退となりました。
近年は夏の選手権にチームが仕上がる
ようですね。

2018年の活躍を期待しています。

2017夏選手権甲子園結果

2017夏選手権大会 2回戦

123456789
北海0110002004
神戸国際大付00100130×5

1点を争う緊迫した好ゲームとなりました。
北海の先発阪口皓亮投手は長身から角度のある
145キロ超えのすばらしい速球を披露。
試合も先手を奪う北海のペースで、7回の相手
ミスによる2点で勝ちゲームかなと思いました。
4回のピンチより登板した多間隼介投手もよく
投げましたが、神戸国際大付の谷口嘉紀選手の
2本の本塁打に試合を決められました。
しかし、さすが昨年の準優勝校。兵庫の強豪校
相手にすばらしい接戦でした。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です