クラーク記念国際高校野球部 2017メンバーの出身中学や注目選手紹介!!

シェアしてもらえると嬉しいです!

グランドの野球ボール

夏の甲子園大会も終わり、新チームの

秋季大会も終了。

次年の飛躍に向けて、高校野球は小休止です。

来季はどこが強いのかなとか考えながら、

毎年注目される有名強豪校について、

主な中心選手の出身中学などを調べて

みました。

今回は北海道の新鋭校である

クラーク記念国際高校 です。

クラーク記念国際野球部2017の出身中学

2016秋の新チームの出身中学(シニア等)の一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
安楽 裕太郎投手1北海道 札幌市宮の丘中札幌中央シニア
増田 典弘捕手2北海道 札幌市北都中
加藤 大地内野手2
山口 那津内野手2北海道 羅臼町春松中
樺沢 脩斗内野手2北海道 岩見沢市緑中
千葉 慶大内野手1宮城      石巻市桃生中石巻中央シニア
福士 拓杜外野手2北海道 江別市大麻中
金原 瑶外野手2宮城      大崎市松山中宮城大崎シニア
浜本 大地外野手1北海道 函館市桔梗中函館東シニア
10市戸 優華控え2北海道 札幌市信濃中
11南谷 拓希控え2北海道 今金町今金中
12及川 大輔控え2
13福川 夏央控え2北海道 七飯町大沼中函館東シニア
14千葉 智輝控え2北海ベアーズ
15高森 市圭控え2北海道 旭川市緑が丘中旭川西リトルシニア
16岡田 昴大控え1函館東シニア
17小林 琉生控え1
18原田 大史控え1

10名が北海道内中学の出身者です。

北海道以外の出身中学者の内訳です。

※出身中学が調べきれなかった方は
わかり次第追記していきます。

宮城県  2名

県外中学の出身者は東北の2名だけで
少なめです。
ただし、2016夏に甲子園に出場し
敗れはしましたが、強豪 聖光学院相手に
健闘しました。

全国各地に広域キャンパスがあることから、
今後は有望な選手が全国から集まって
強くなりそうです。

クラーク記念国際野球部2016(旧チーム)の出身中学

2016夏の旧チームの出身中学(クラブ)の一覧です。

名前位置出身中クラブ中学所在地
高橋 良輔投手札幌市立藤野中北海道
岸 誠也捕手札幌市立厚別中北海道
安田 世幸内野手泉大津市立東陽中泉大津ヤング大阪府
福田 健悟内野手宇治市立広野中京都府
樺沢 脩斗内野手岩見沢市立緑中北海道
平沢津虎揮内野手江南市立古知野中愛知県
阿部 勇斗外野手江別市立大麻東中岩見沢シニア北海道
金原 瑶外野手大崎市立松山中宮城大崎シニア宮城県
伊藤 将司外野手朝日町立朝日中三重県
市戸 優華控え札幌市立信濃中北海道
安楽裕太郎控え札幌市立宮の丘中札幌中央シニア北海道
増田 典弘控え札幌市立北都中北海道
山下 智也控え八尾市立大正中大阪府
山口 那津控え羅臼町立春松中北海道
福士 拓杜控え江別市立大麻中北海道
福川 夏央控え七飯町立大沼中函館東シニア北海道
浜本 大地控え函館市立桔梗中函館東シニア北海道
千葉 慶大控え石巻市立桃生中石巻中央シニア宮城県

クラーク記念国際高校の注目選手

金原 瑶  174.0cm70.0kg 右投げ左打ち
宮城県大崎市立松山中学校では
宮城大崎リトルシニアに所属。

体格はそれほど大きくないが、最速135キロの
速球を投げ込む右腕。
いわゆる走攻守の3拍子揃った運動能力の高い選手。
旧チームでも強打線のクラーク記念国際高校で6番を打ち、
好結果を残した。

新チームでは主将を務め、外野手。

クラーク記念国際高校の紹介

学校クラーク記念国際高等学校
所在地〒078-0151
北海道深川市納内町三丁目2番40号
創立年1992年(平成4年)
生徒数11000人以上(通信制 全国キャンパス)
卒業生北川景子  (女優)
重盛さと美 (タレント)
岡田将生  (俳優)
指原莉乃  (HKT48)
市原隼人  (俳優)
森泉    (ファッションモデル)

北海道深川市に本校のある広域制の通信制単位制の高等学校。
『Boys Be Ambitious』で有名なクラーク博士
の志を受け継ぐ世界で唯一の高校。
校長はプロスキーヤーの三浦雄一郎氏

通信制であるが、一般の学校とは違い、『通信制全日型教育』
では、全日制高校と変わりない生活を送り、週5日通学する。
通信制ではあるが、キャンパスに通学し、学ぶことができる
のが特徴となっている。

偏差値は無く、学費は月5万円程度。

多彩な能力を持った方々が卒業生として
色々な方面で活躍されています。

甲 子 園 成 績
出場回数(春)   0回
(夏)   1回
優勝              0回
準優勝                0回

創部3年目で北北海道大会も初出場。
監督は佐々木啓司氏

閉校となってしまったが、ヒグマ打線として
知られた駒大岩見沢高校を12回甲子園に導き、
最高成績は1993年選抜でのベスト4。

名将に導かれて、創部3年目の高校が、夏の
甲子園の初出場。
初戦で敗れはしましたが印象的な試合を披露。

新チームも甲子園メンバーが多く残り、
今後の飛躍が期待できます。

ぜひともがんばってほしいです!!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です