新潟明訓野球部 2017メンバーの出身中学や注目選手は?

シェアしてもらえると嬉しいです!

高校野球のバット

いよいよ夏本番!!!

本格的な高校野球シーズンの到来です。

高校野球好きとしてはワクワクしますね。

そこで毎年注目される有名強豪校について、

主な中心選手の出身中学などを調べて

みました。

一応旧チームのデータも残してあります。

少し紛らわしいかもしれませんが。。。

今回は新潟の強豪校である

新潟明訓高校です。

新潟明訓高校野球部2017の出身中学

2017夏季県大会メンバーの出身中学一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
1大薮 和馬投手3大阪 堺市五箇荘中堺ビッグボーイズ
2高橋 賢太捕手3新潟 新潟市藤見中新潟北シニア
3石川 諒内野手3新潟 長岡市旭岡中
4堀井 俊希内野手2新潟 柏崎市鏡が沖中柏崎シニア
5部田 隼平内野手3新潟 柏崎市瑞穂中柏崎シニア
6伊藤 新内野手3長野 小布施町小布施中
7重山 悠貴外野手3新潟 三条市第二中
8伊藤 皓紀外野手3大阪 堺市鳳中堺中央ボーイズ
9平井 大貴外野手3新潟 新潟市上山中
10本間 誠太郎控え3新潟 新潟市白根北中
11荘司 康誠控え2新潟 新潟市小針中
12加賀谷 育杜控え3新潟 新潟市鳥屋野中
13渡部 宙控え2新潟 新潟市東石山中新潟北シニア
14阿部 竜也控え2新潟 新潟市山の下中
15曽我 楓控え3新潟 新潟市葛塚中新潟北シニア
16桜井 温大控え3新潟 長岡市南中
17横野 聖哉控え2新潟 新潟市新潟柳都中
18田邉 隼也控え2新潟 三条市本成寺中三条シニア
19河合 真輝控え3新潟 弥彦村弥彦中
20二国 健太控え3新潟 長岡市西中

17名が新潟県内中学の出身者です。

新潟県以外の出身中学者の内訳です。

大阪府  2名

長野県  1名

県外中学の出身者はほとんどいない
ようです。
私学の強豪校ですが、県内出身中学
の選手が中心となりチーム作りが
行われているようです。

新潟明訓野球部2016(旧チーム)の出身中学

2016夏の旧チームの出身中学一覧です。

名前位置出身中クラブ中学所在地
廣田 祥一朗投手新潟市立新津第五中新潟KBクラブ新潟県
中村 賢弥捕手燕市立分水中新潟KBクラブ新潟県
大﨑 海渡内野手長岡市立旭岡中長岡東シニア新潟県
伊藤 新内野手小布施町立小布施中長野県
部田 隼平内野手柏崎市立瑞穂中柏崎シニア新潟県
栗山 謙内野手三条市立大崎中三条シニア新潟県
秋葉 悠外野手新潟市立小針中新潟県
髙橋 昇真外野手新潟市立上山中新潟KBクラブ新潟県
前田 昂河外野手広川町立耐久中和歌山御坊ボーイズ和歌山県
富田 秀紀控え長岡市立東中新潟県
大藪 祐司控え上越教育大学附属中新潟県
勝沼 遼控え世田谷区立三宿中東京都
後藤 平生控え新潟市立岡方中新潟県
石川 諒控え長岡市立旭岡中長岡東シニア新潟県
伊藤 皓紀控え堺市立鳳中堺ビッグボーイズ大阪府
曽我 楓控え新潟市立葛塚中新潟北シニア新潟県
髙津 大嗣控え青山学院中等部東京サニーズ(軟式)東京都
梶山 駿介控え長岡市立南中長岡東シニア新潟県
石田 高隆控え上越教育大学附属中新潟県
小林 健太控え新潟市立鳥屋野中新潟県

新潟明訓高校を卒業した注目選手の進路

髙津 大嗣  176.0cm65.0kg 右投げ右打ち
東京都青山学院中等部では、
軟式の東京サニーズに所属。

父はヤクルトスワローズの高津臣吾投手コーチ
サラブレッドの血を引き継ぐ長男。

やや細身の体型で、高津臣吾投手を思わせる横手
投げの右腕。速球は130キロ中盤で、投球フォーム
父そっくりでシンカーも投げる。
話題になりそうな選手です。

武蔵大学に進学しています。

新潟明訓高校の紹介

学校新潟明訓高等学校
所在地〒950-0116
新潟県新潟市江南区北山1037
創立年1921年(大正10年)
生徒数1194人(女子)575人
卒業生小林幹英 (元プロ野球)
小林高也 (元プロ野球)
西田光  (プロボクシング)
石川慧  (プロサッカー)
藤沢周    (作家)
山田芳裕   (漫画家)

校 歌
作詩:相馬 御風 作曲:山田 耕筰

こしぢの華か しら雪か
純潔無垢の 若人が
胸に燃えたつ 向学の
一念凝って ひらきたる
わが学園に 輝ける
自治の光ぞ 北斗星

新潟県新潟市にある中高一貫を提供する私立高校。
水島新司氏の有名な野球漫画「ドカベン」の明訓高校は、
同校の名前から採られていることが知られている。

クラブ活動は野球部が最も有名で強豪校として
知られている。また、ダンス部も全国一位の経験がある。

県内有数の進学校で偏差値は63

多彩な能力を持った方々が卒業生として
色々な方面で活躍されています。

甲 子 園 成 績
出場回数(春)   1回
(夏)   7回
優勝              0回
準優勝                0回

新潟県を代表する強豪校。
春夏合わせて8回の出場回数を誇ります。
最高成績は平成22年夏の選手権での
ベスト8進出です。

新潟県勢は長く低迷期が続いたが、
近年は日本文理高校と共に、新潟県の
実力向上に貢献している。

2017チームは夏の大会で優勝候補の
一角に挙げられていましたが、
予想外の3回戦での敗退となりました。

2018年の新チームに期待です。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です