九州国際大付野球部 2017メンバーの出身中学や注目選手は?

シェアしてもらえると嬉しいです!

グローブと野球ボール

いよいよ夏本番!!!

本格的な高校野球シーズンの到来です。

高校野球好きとしてはワクワクします。

そこで毎年注目される有名強豪校について、

主なメンバーの出身中学などを調べて

みました。

一応旧チームのデータも残してあります。

少し紛らわしいかもしれませんが。。。

今回は福岡の強豪校である

九州国際大付高校です。

九州国際大付野球部2017の出身中学

2017夏季県大会メンバーの出身中学一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
1前田 隆誠投手3佐賀 唐津市第五中唐津ボーイズ
2梅崎 優大捕手1福岡 北九州市緑丘中北九州スティーラーズ
3甲斐 生海内野手2福岡 北九州市霧丘中
4中村 貴浩内野手2福岡 筑後市筑後北中筑後ドジャース
5菊田 和志内野手2福岡 北九州市緑丘中小倉東ボーイズ
6市川 大成内野手3愛知 名古屋市川名中名古屋東シニア
7鳥丸 陽平外野手3長崎 大村市郡中長崎中央シニア
8山脇 彰太外野手3福岡 宗像市自由ヶ丘中宗像ボーイズ
9金谷 拓海外野手3岡山 岡山市瀬戸中
10鳥井 蓮控え3福岡 朝倉市十文字中朝倉ボーイズ
11安永 隆也控え2大分 豊後高田市香々地中
12戸高 誠也控え2福岡 福岡市下山門中ガッツ福岡
13伊東 侑哉控え3福岡 福岡市元岡中糸島ボーイズ
14北 隆照控え2熊本 甲佐町甲佐中熊本中央シニア
15梶川 翔太郎控え3岡山ヤンキース岡山
16中川 壱生控え1福岡 福岡市三筑中福岡ボーイズ
17柄谷 一輝控え1兵庫 尼崎市小田北中宝塚ボーイズ
18平山 詩太控え1福岡 北九州市南曽根中小倉東ボーイズ
19東 真綺控え1福岡 豊前市千束中
20寺田 龍一控え2佐賀 唐津市第一中唐津ボーイズ

11名が福岡県内中学の出身者です。

福岡県以外の出身中学者の内訳です。

※出身中学が調べきれなかった方は
わかり次第追記していきます。

佐賀県  2名

岡山県  2名

愛知県  1名

長崎県  1名

大分県  1名

熊本県  1名

兵庫県  1名

県外中学の出身者は近郊の九州圏を中心
に入学しているようです。
ただ例年半数程度は福岡県内の出身の
メンバーなので均衡の取れたチーム
構成だと思います。

九州国際大付野球部2016(旧チーム)の出身中学

2016夏の甲子園出場メンバー出身中学一覧です。

名前位置出身中クラブ中学所在
藤本 海斗投手大分市立戸次中大分七瀬ボーイズ大分県
永岡 大昇捕手広島市立中広中広島西シニア広島県
安永 元也内野手豊後高田市香々地中宇佐ボーイズ大分県
石橋 大智内野手春日市立春日西中大野城ガッツ福岡県
鳥井 蓮内野手朝倉市立十文字中朝倉ボーイズ福岡県
市川 大成内野手名古屋市立川名中名古屋東シニア愛知県
渡邊 勝太外野手福岡市立長尾中ガッツ福岡福岡県
山脇 彰太外野手宗像市立自由ヶ丘中宗像ボーイズ福岡県
中山 竜秀外野手周防大島町立久賀中山口県
立石 蓮控え北九州市立沖田中自由ヶ丘BBC福岡県
前田 隆誠控え唐津市立第五中唐津ボーイズ佐賀県
井上 涼控え直方市立直方第三中福岡県
中村 貴浩控え筑後市立筑後北中筑後ドジャース福岡県
堀 成伍控え北九州市立湯川中福岡県
岡田虎二郎控え吹田市立竹見台中レッドスターBBC大阪府
尾仲 力斗控え向日市立勝山中京都府
菊田 和志控え北九州市立緑丘中小倉東ボーイズ福岡県
秋元 悠希控え直方市立直方第二中直方ボーイズ福岡県

九州国際大付を卒業した注目選手

藤本 海斗  180.0cm77.0kg  右投げ右打ち

大分県大分市立戸次中学校では、
大分七瀬ボーイズに所属。

中学時代に野茂英雄総監督率いるジュニア
オールジャパン2013の日本代表
に選出され、
米国ロサンゼルス近郊の遠征に参加している。

恵まれた長身の体格から、最速148キロの
速球を投げ込む本格派右腕。

オーソドックスな右上手から、速い速球に
加えて、スライダー、チェンジアップ、
カーブなどの変化球を織り交ぜる。

安永 元也  177.0cm68.0kg 右投げ右打ち

大分県豊後高田市立香々地中学校では、
宇佐ボーイズに所属。

均整の取れた体格で、鋭いスイングで広角に打ち分ける
強打者。強打線の九州国際大付で5番を務める。

渡辺 勝太  175.0cm75.0kg  右投げ右打ち

福岡県福岡市立長尾中学校では、
ガッツ福岡に所属。

こちらも均整の取れた体格でパワフルな打撃を
する強打者。極度の不振からメンバーを外れる
こともあったが、打撃フォームを修正し、福岡大会
決勝では、4番に復帰した。

永岡 大昇  174.0cm72.0kg 右投げ右打ち

広島県広島市立中広中学校では、
広島西リトルシニアに所属。

均整の取れた体格で、リード面と強肩が光る捕手。
中学時代から活躍し、広島県内の強豪校の誘いを
断り、九州国際大付に入学。主将を務めた。

九州国際大付高校の紹介

学校九州国際大学付属高等学校
所在地〒805-0002
福岡県北九州市八幡東区枝光五丁目9番1号
創立年1958年(昭和33年)
生徒数1766人(女子)798人
卒業生二保旭    (プロ野球)
河野元貴   (プロ野球)
清水優心   (プロ野球)
高城俊人   (プロ野球)
古澤勝吾   (プロ野球)
三好匠      (プロ野球)

校 歌
作詩:阿南 哲朗  作曲:吉永 軍蔵
編曲:梅本 武雄

霜雪しのぐ橘の
花芳しき学園に
真理の道を究めゆく
若き我らの眉濃し
九州国際大学付属高校

福岡県北九州市にある私立高校。
生徒数が1500人を超えるマンモス校。

クラブ活動は大変盛んで、野球部、陸上部、
サッカー部、バトミントン部、テニス部など
多くが強豪校として知られている。

県内有数の進学校でもあり、
難関コースで偏差値は71

多彩な能力を持った方々が卒業生
として色々な方面で活躍されています。

甲 子 園 成 績
出場回数(春)   2回
(夏)   7回
優勝              0回
準優勝                1回

福岡県の新鋭強豪校。

平成23年春の選抜では準優勝
高校生離れした体格の選手たちが
ホームランを連発するチーム作りに
圧巻された。

2014のチームは前評判が非常に
高かったが東海大四高校
西嶋投手に抑え込まれ、初戦敗退。

2015のチームも早稲田実業に敗れたが、
強力打線でベスト8に進出。

2016のチームは、ここ2年のチームに
比べるとややスケールは大きくないが、
強豪校がひしめく福岡県で3年連続出場
をしています。

プロ野球選手を多数送り込んでいる同校。

2017のチームも春季九州大会に出場
しています。

夏の大会での活躍を期待しています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です