東海大札幌高校野球部 2017メンバーの出身中学や注目選手紹介!!

シェアしてもらえると嬉しいです!

高校野球の地方大会

夏の甲子園大会も終わり、新チームの

秋季大会がスタートしています。

気持新たに来春の選抜高校野球大会に向けて、

高校野球好きとしてはワクワクしますね。

毎年注目される有名強豪校について、

主な中心選手の出身中学などを調べて

みました。

一応旧チームのデータも残してあります。

少し紛らわしいかもしれませんが。。。

今回は北海道の強豪校である

東海大札幌高校 です。

東海大札幌野球部2017の出身中学

2016秋の新チームの出身中学(シニア等)の一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
高杉 勝太郎投手北海道 東海大札幌中札幌南シニア
金 侑馬捕手北海道 北広島市東部中札幌北広島ボーイズ
櫻井 太一内野手北海道 札幌市平岡緑中札幌豊平東シニア
岩崎 篤内野手大阪  大阪市大宮中大淀ボーイズ
鈴木 豪太内野手北海道 札幌市清田中
浦田 純平内野手北海道 札幌市宮の丘中札幌西シニア
唐川 治也外野手北海道 旭川市明星中旭川北稜シニア
三好 博人外野手北海道 夕張市夕張中岩見沢シニア
田口 翔也外野手北海道 室蘭市本室蘭中
10佐藤 一希控え北海道 釧路市北中釧路シニア
11本間 拓也控え北海道 札幌市北都中札幌新琴似シニア
12中屋 諒控え北海道 札幌市東白石中
13阿部 和志控え北海道 札幌市篠路中札幌西シニア
14濱中 雄大控え北海道 札幌市米里中札幌北シニア
15神田 未来控え北海道 札幌市西岡中豊平ボルテージ
16佐藤 颯一郎控え北海道 江別市江別第三中札幌北シニア
17平野 竜之介控え北海道 札幌市平岡中札幌豊平ボーイズ
18富田 健太控え北海道 旭川市永山南中旭川北稜シニア

17名が北海道内中学の出身者です。

北海道以外の出身中学者の内訳です。

大阪府  1名

県外中学の出身者はほとんどいません。
北海道内からは広い範囲で入学している
ようです。
強豪私学ですので、北海道内の有望選手を
スカウトしているようですね。

東海大札幌野球部2016(旧チーム)の出身中学

2016夏の旧チームの出身中学(シニア等)の一覧です。

名前位置出身中学シニア等中学所在県
加藤 雄人投手幕別町立札内東中とかち帯広シニア北海道
粂 裕太捕手高槻市立柳川中茨木ナニワボーイズ大阪府
小林 由来内野手登別市立緑陽中北海道
鈴木 豪太内野手札幌市立清田中北海道
浦田 純平内野手札幌市立宮の丘中北海道
神田 未来内野手札幌市立西岡中豊平ボルテージ北海道
酒本 永遠外野手寿都町立寿都中室蘭シニア北海道
天満 宥太朗外野手札幌市立南が丘中北海道
佐藤颯一郎外野手江別市立江別第三中札幌北シニア北海道
内藤 大貴控え札幌市立篠路西中札幌東シニア北海道
富田 健太控え旭川市立永山南中旭川北稜シニア北海道
内林 廉控え江別市立野幌中江別シニア北海道
納口 大樹控え札幌市立屯田北中札幌白石シニア北海道
信田 侑輝控え札幌市立真駒内中中学軟式北海道
長谷川倖平控え苫小牧市立明倫中苫小牧ボーイズ北海道
権 濤源控え東海大札幌中北海道
高杉 勝太郎控え東海大札幌中北海道
高橋 佑岳控え南部町立福地中八戸東シニア青森県

東海大札幌高校の注目選手

高杉 勝太郎 177.0cm66.0kg 
北海道東海大札幌中学校では
札幌南シニアに所属。

前チームからベンチ入りを果たしていたが、
新チームではエースナンバーを獲得。
速球は140キロ超を投げ込む。

この秋札幌地区予選1回戦でこの夏甲子園
準優勝の北海高校戦で好投し、チームを
勝利に導き、甲子園準V対決を制した。
これからが楽しみな投手。

東海大札幌高校の紹介

学校東海大札幌高等学校
所在地〒005-8602
北海道札幌市南区南沢5条1丁目1番1号
創立年1964年(昭和39年)
生徒数733人(女子250人)
卒業生西本和人   (元プロ野球)
大内貴志   (元プロ野球)
佐藤真一   (元プロ野球)
大村 巌   (元プロ野球)
田代将太郎  (プロ野球)
伏見寅威   (プロ野球)

中高一貫の私立高校。
部活動が盛んな高校で、男子バレーボール
をはじめ、スキー部や野球部などが
全国大会で活躍している。
学業にも力を入れていて、特進アルファコース
偏差値58

卒業生は色々な方面で活躍されています。
プロ野球選手も数多く輩出しています。
でも一番有名なのはスキージャンプの
原田雅彦さんと葛西紀明さんでしょう。

甲 子 園 成 績
出場回数(春)   6回
(夏)   5回
優勝                0回
準優勝                1回

北海道の強豪校として1時代を築いて
いましたが、近年は低迷していました。

平成26年の選手権で久々に復活を
果たすと、翌年の選抜大会では、
大沢志意也投手を擁して、準優勝。

また強い時代を築きつつあります。

東海大四高校から校名が変更、
校舎も新しくなった同校は新チームも
甲子園を狙える位置にいます。

活躍を期待しています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です