樟南高校野球部 2016メンバーの出身中学や注目選手は?

シェアしてもらえると嬉しいです!

高校野球のホームベース

いよいよ夏の甲子園大会が開幕!!!

本格的な高校野球シーズンの到来です。

高校野球好きとしてはワクワクしますね。

毎年注目される有名強豪校について、

主な中心選手の出身中学などを調べて

みました。

今回は鹿児島の強豪校で

2016年夏の甲子園出場を決めた

樟南高校です。

樟南野球部2016の出身中学

出身中学(クラブ)の一覧です。

名前位置出身中クラブ中学所在地
浜屋 将太投手大崎町立大崎中鹿児島大隅ボーイズ鹿児島県
前川 大成捕手奄美市立金久中鹿児島県
上栗 大聖内野手鹿児島市立和田中鹿児島県
折尾 昂靖内野手南九州市立青戸中鹿児島県
河野 勝丸内野手福岡市立箱崎清松中福岡ボーイズ福岡県
大澤 大樹内野手福岡市立多々良中央中福岡中央ボーイズ福岡県
吉内 匠外野手西之表市立種子島中鹿児島県
今田 塊都外野手霧島市立隼人中姶良ホークス鹿児島県
積山 水音外野手奄美市立朝日中鹿児島県
畠中 優大控え鹿児島市立紫原中中学軟式鹿児島県
田中李毅耶控え指宿市立開聞中鹿児島県
松本 連控え大阪市立花乃井中大阪府
宮下 剛控え伊佐市立大口南中鹿児島県
宝満 水晶控え鹿屋市立吾平中鹿児島県
東 健人控え徳之島町立亀津中鹿児島県
石澤凛汰郎控え阿久根市立鶴川内中オール阿久根鹿児島県
松下 朋矢控え出水市立米ノ津中鹿児島県
宮下 賢控え伊佐市立大口南中鹿児島県

15名が鹿児島県出身です。

福岡県 2名

大阪府 1名

あまり県外出身者は多くないです。
地元の有望選手が集まって、強豪校として
維持しているのはすごいですね。

樟南高校の注目選手

浜屋 将太 175.0cm62.0kg 左投げ左打ち
鹿児島県大崎町立大崎中学校では、
鹿児島大隅ボーイズに所属。

投手として体は大きくないが、130キロ
後半の速球を投げ込む左腕。
縦のスライダーのキレも抜群。
ダイナミックな投球フォームでテンポの
いい投球をする。

畠中 優大 180.0cm75.0kg 左投げ左打ち
鹿児島県鹿児島市立紫原中学校では、
軟式野球部に所属。

体格に恵まれ力強い速球を投げ込む好左腕。
浜屋 将太投手と並んで2枚左腕の一角を
担う。丁寧でコントロールのいい投球を
する。

前川 大成 177.0cm72.0kg 右投げ左打ち
鹿児島県奄美市立金久中学校の出身。

上記2人の左腕をリードする強肩捕手。
打撃でもチームを引っ張り、名門校の
主将も務める。

樟南高校の紹介

学校樟南高等学校
所在地〒890-0031
鹿児島県鹿児島市武岡1丁目120番1号
創立年1883年(明治16年)
生徒数1173人(女子)542人
卒業生岩下正明  (元プロ野球)
玄岡正充  (元プロ野球)
増永祐一  (元プロ野球)
鶴岡慎也  (プロ野球)
上野弘文  (プロ野球)
前田大和  (プロ野球)

学校創立133年の歴史を誇る私立高校。
進学にも力を入れており、文理コースの
偏差値はなんと72
文武両道で、スポーツ系の部活動も盛ん。
剣道部、相撲部、アマチュアレスリング部、
ウエイトリフティング部は全国制覇の経験が
ある。

卒業生は色々な方面で活躍されていますが、
プロ野球選手が有名です。

甲 子 園 成 績
出場回数(春)   7回
(夏)  18回
優勝                0回
準優勝                1回

平成6年夏に準優勝の経験があります。

かつては鹿児島実業鹿児島商業
並んで御三家と呼ばれ、3強の一角を
担っていた。

現在は神村学園などが台頭してきたが、
樟南高校が今も
強豪校として位置を確立している。

昨年からのメンバーが多く残り、
今年の戦力も充実しています。
あとは、難敵が揃う鹿児島県を勝ち抜ける
かどうかです。

活躍を期待しています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です