星稜高校野球部 2017メンバーの出身中学や注目選手紹介!!

シェアしてもらえると嬉しいです!

野球観戦ベンチ

夏の甲子園大会も終わり、新チームの

秋季大会がスタートしています。

気持新たに来春の選抜高校野球大会に向けて、

高校野球好きとしてはワクワクしますね。

毎年注目される有名強豪校について、

主な中心選手の出身中学などを調べて

みました。

一応旧チームのデータも残してあります。

少し紛らわしいかもしれませんが。。。

今回は石川の強豪校である

星稜高校 です。

星稜野球部2017の出身中学

2016秋の新チームの出身中学(シニア等)の一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
清水 力斗投手2石川 宝達志水町志雄中中学軟式
川岸 正興捕手2石川 金沢市額中
国本 憲辰内野手1京都   京都市洛南中京都南山城ボーイズ
山岸 寛太内野手2石川   白山市鶴来中白山シニア
若宮 颯内野手2石川 星稜中中学軟式
木倉 朋輝内野手2石川 星稜中中学軟式
寺西 建外野手2石川   能美市根上中
鯰田 啓介外野手1石川   宝達志水町宝達中石川ボーイズ
宮井 健成外野手2石川 星稜中中学軟式
10竹谷 理央控え1石川   小松市松陽中
11小倉 一優控え2石川   小松市板津中
12西岡 秀太控え1富山 氷見市北部中中学軟式
13山口 来聖控え1石川   金沢市兼六中
14前野 瑞希控え2石川 星稜中
15坂本 龍平控え2石川   志賀町富来中
16所村 武蔵控え2
17河井 陽紀控え1石川 星稜中中学軟式
18坂上 晧亮控え2石川   金沢市野田中

15名が石川県内中学の出身者です。

石川県以外の出身中学者の内訳です。

※出身中学が調べきれなかった方は
わかり次第追記していきます。

京都府  1名

富山県  1名

県外中学の出身者は少なめです。
付属の星稜中学校出身も多いので、
もう少し多いかもしれませんが、
例年石川県内の中学出身の選手たちで
チーム編成をしているようです。

星稜野球部2016(旧チーム)の出身中学

2016夏の旧チームの出身中学(シニア等)の一覧です。

名前位置出身中学出身シニア等中学所在県
寺西 建投手能美市立根上中石川県
川岸 正興捕手金沢市立額中石川県
久保田桂将内野手杉並区立神明中東京青山シニア東京都
畑中 陸内野手私立 星稜中中学軟式石川県
若宮 颯内野手私立 星稜中中学軟式石川県
虎谷 貴哉内野手かほく市立河北台中中学軟式石川県
越中 圭外野手七尾市立御祓中石川県
森田 涼雅外野手私立 星稜中中学軟式石川県
木倉 朋輝外野手私立 星稜中中学軟式石川県
前井 滉太控え白山市立光野中石川県
清水 力斗控え宝達志水町立宝達中中学軟式石川県
佐々木夏海控え大阪市立新北野中大阪府
小倉 一優控え小松市立板津中石川県
山岸 寛太控え白山市立鶴来中白山シニア石川県
真弓 将控え福井市立明倫中福井県
吉田 侑哉控え金沢市立西南部中石川県
竹谷 理央控え小松市立松陽中石川県
横越 亮祐控え高岡市立南星中富山県

星稜高校の注目選手

寺西 建  191.0cm92.0kg 左投げ左打ち
石川県能美市立根上中学校では
軟式野球部に所属。
左腕投手として活躍。

非常に体格に恵まれた高素材。
星稜高校入学後は打者として1年秋から
名門校の4番を務めている。

同校OBの松井秀喜氏と同じ根上中学校
から星稜高校に入学したことから
『ゴジラ2世』と呼ばれている。

清水 力斗  175.0cm75.0kg 右投げ右打ち
石川県宝達志水町立宝達中学校では
軟式野球部に所属。

均整の取れた体格から最速146キロの
キレの良い速球を投げ込む右腕。

右上手からオーソドックスな投球フォームで
スライダー、カーブを織り交ぜて投球する。

星稜高校で前チームからエースナンバーを
獲得している。甲子園では控えナンバーと
なったが、2016夏の甲子園でマウンド
経験も積んでいる。

星稜高校の紹介

学校星稜高等学校
所在地〒920-0811
石川県金沢市小坂町南206
創立年1962年(昭和37年)
生徒数1530人(女子)675人
卒業生小松辰雄  (元プロ野球)
村松有人  (元プロ野球)
松井秀喜    (元プロ野球)
島内宏明    (プロ野球)
岩下大輝    (プロ野球)
西川健太郎 (プロ野球)

石川県金沢市にある中高一貫の私立高校。
生徒数も大変多いマンモス校。

スポーツが盛んで、野球部、サッカー部は
特に有名。サッカー日本代表の本田圭佑氏
の母校。

進学にも力を入れておりAコースは偏差値は67
Bコースでも偏差値は57

石川の伝統校なので、著名な方々が
卒業生として色々な方面で活躍されています。

甲 子 園 成 績
出場回数(春)  11回
(夏)  18回
優勝                0回
準優勝                1回

石川県を代表する名門校。

平成7年夏の選手権で準優勝に輝いている。

成績以上に印象的な試合をする高校。

昭和54年夏の選手権での簑島高校との
延長18回の激戦。
平成4年夏の選手権での明徳義塾高校との
松井秀喜氏の5連続敬遠で敗退など。

近年も毎年戦力は充実している。

活躍を期待しています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です