熊本工業野球部 2017メンバーの出身中学や注目選手紹介!!

シェアしてもらえると嬉しいです!

高校野球の応援

いよいよ夏本番!!!

高校野球シーズンがスタートしましたね。

そこで毎年注目される有名強豪校について、

主なメンバーの出身中学などを調べて

みました。

今回は熊本の名門校である

熊本工業高校 です。

熊本工業野球部2017の出身中学

2017夏季県大会メンバーの出身中学一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
1山口 翔投手熊本 熊本市日吉中中学軟式
2丸山 竜治捕手熊本 熊本市出水中中学軟式
3平野 陽大内野手熊本 熊本市西原中熊本中央ボーイズ
4庵本 凛太郎内野手熊本 天草市牛深中中学軟式
5小田 五大内野手熊本 八代市第一中熊本北シニア
6綾 晃平内野手熊本 熊本市東部中熊本中央ボーイズ
7井手尾 翼外野手福岡 苅田町苅田中苅田ボーイズ
8嵯峨根 琉斗外野手熊本 菊陽町武蔵ヶ丘中熊本泗水ボーイズ
9八木田 武洋外野手熊本 熊本市植木北中熊本中央ボーイズ
10赤星 空控え熊本 熊本市江原中中学軟式
11橋口 海士控え熊本 熊本市東野中中学軟式
12真鍋 大樹控え熊本 熊本市二岡中熊本中央シニア
13山下 友一控え熊本  天草市牛深中中学軟式
14田上 真大控え熊本 熊本市飽田中中学軟式
15富永 優志控え熊本   熊本市長嶺中
16田中 亮誠控え久留米BBC
17内田 雄大控え
18林 彪太郎控え
19藤本 暉都控え熊本   熊本市東野中
20石橋 裕真控え福岡   久留米市牟田山中

15名が熊本県内中学の出身者です。

熊本県以外の出身中学の内訳です。

福岡県 2名

県外中学の出身者はほとんどいないようです。
熊本県を代表する名門校ですが、県立の
工業高校ですので、県内の有望選手が入学
して強豪校を維持しているようですね。

熊本工業の注目選手

山口 翔  181.0cm 72.0kg 右投げ右打ち
熊本県熊本市日吉中学校では
軟式野球部に所属。

身長もあり均整の整った体型で最速149キロ
の剛球を投げる本格派右腕。

無駄のない柔らかさを感じる投球フォームで
スリークォーターから速い速球とスライダー・
チェンジアップを織り交ぜて投球する。

名門熊本工業では早くからベンチ入りを
果たしたが足の怪我などの影響もあり、
2016夏の県大会から本格的な主戦で登場。

準々決勝で甲子園春夏ベスト4の秀岳館
高校に敗れはしたが延長戦までもつれ込む
試合に持ち込み大いに王者を苦しめた。

秋の新チームでももちろんエース。
秋季九州大会ベスト4までチームを
けん引。2017選抜で投球が見られます。

プロ注目のドラフト候補の一人です。

熊本工業高校の監督紹介

安田 健吾 監督

生年月日:1977年9月9日
出身地 :熊本県生まれ
学歴  :熊本工業高校ー崇城大学

高校時代は1994年・1995年に春選抜に
出場。
大学卒業後に、玉名工業のコーチ、監督
を歴任。
2011年4月に母校である熊本工業に赴任。
2014年9月より同校の監督に就任した。

伝統の名門校ではあるが安田監督が率いて
は初の甲子園出場となり、采配が注目され
ています。
古豪復活に期待しています。

熊本工業高校の紹介

学校熊本工業高等学校
所在地〒862-0953
熊本県熊本市中央区上京塚町5-1
創立年1898年(明治31年)
生徒数1191人(女子)282人
卒業生吉原正喜    (元プロ野球)
川上哲治    (元プロ野球)
緒方耕一      (元プロ野球)
前田智徳    (元プロ野球)
田中秀太    (元プロ野球)
藤村大介    (プロ野球)

校  歌
作詩:八波 則吉
作曲:永井 幸次

山は大阿蘇 地軸揺りて
大空焦す  久遠の神火
川は白川  昼夜別たず
清流滔々  巨海へ放る
大なり山河 我等の揺籃

熊本県熊本市にある県立の工業高校。
創立110年以上を誇る伝統校で
卒業生は40000名にも上る。

クラブ活動は野球部が最も有名で
吹奏学部・駅伝部・ラグビー部など
も全国的に知られています。

学業でも力が発揮されており、
機械・電子コースなどで偏差値は56

プロ野球選手を中心に多彩な能力を
持った方々が色々な方面で
活躍されています。

甲 子 園 成 績
出場回数(春)  21回
(夏)  20回
優勝      0回
準優勝      3回

熊本県の甲子園常連強豪校。
学校の歴史と共に出場回数を重ねています。

準優勝の3回はすべて夏の選手権大会での
ことで、印象的なのはやはり平成8年の
松山商業との激戦でしょう。

よくテレビなどで取り上げられている
9回裏1死3塁ライトフライでタッチアップ
したが、直前で交代した松山商業ライトの
好返球で本塁タッチアウトの場面。

サヨナラで優勝のはずがあと一歩で優勝旗が
すり抜けてしまいました。

熊本県も私学の台頭が顕著で、九州学院
秀岳館高校の活躍で少し甲子園から遠ざかって
いましたが、2016秋の新チームは
熊本県大会を準優勝し、秋季九州大会でも
ベスト4に進出。

好投手を擁して2017春の選抜出場に
10年ぶりに登場しました。
智弁学園高校に思うような試合が
できませんでした。
2年生中心の若いチームですので
まだまだこれから成長しそうですね。

夏の大会での活躍を期待しています。

最後まで読んで頂き有難うございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です