東海大福岡野球部 2017メンバーの出身中学や注目選手紹介!!

シェアしてもらえると嬉しいです!

高校野球のベンチ裏

夏の甲子園大会も終わり、新チームの

秋季大会も終了。

次年の飛躍に向けて、高校野球は小休止です。

そこで毎年注目される有名強豪校について、

主な中心選手の出身中学などを調べて

みました。

今回は福岡の強豪校である

東海大福岡高校 です。

東海大福岡野球部2017の出身中学

2016秋の新チームの出身中学(シニア等)の一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
安田 大将投手2福岡ボーイズ
北川 穂篤捕手2福岡 芦屋町芦屋中
高村 一生内野手2福岡 長崎市岩屋中長崎北リトルシニア
大鶴 悠斗内野手2福岡 福岡市当仁中福岡南リトルシニア
星野 光紀内野手1福岡 福岡市長尾中福岡城南リトルシニア
橋本 尚樹内野手2
遠藤 秀斗外野手2福岡 宗像市自由ヶ丘中
有安 晟真外野手2福岡 福岡市青葉中
前原 生弥外野手2福岡 春日市春日野中福岡春日ボーイズ
10佐田 健介控え2福岡城南リトルシニア
11松本 浩輔控え1福岡ウイングス
12古賀 丈士控え2福岡 須恵町須恵中
13加藤 航洋控え2福岡 大野城市平野中
14平尾 太一控え1
15国武 鷹次郎控え2山口 高川学園中高川学園リトルシニア
16清水 雄大控え2福岡ボーイズ
17吉村 葵控え2福岡 福岡市警固中
18藤田 哲平控え2下関マリナーズ
19中山 誠也控え2九州古賀ボーイズ
20伊藤 和真控え2福岡 新宮町新宮中

11名が福岡県内中学の出身者です。

福岡県以外の出身中学者の内訳です。

※出身中学が調べきれなかった方は
わかり次第追記していきます。

山口県  1名

県外中学の出身者はあまりいないようです。
東海大学の付属高校は県外中学出身選手の
獲得に積極的な高校が多いのですが、
東海大福岡高校は県内中学出身の選手たち
が中心となっているようです。

東海大福岡高校の注目選手

安田 大将  175.0cm 68.0kg 右投げ左打ち

出身中学は調べきれませんでしたが、
福岡ボーイズに所属。

小学時代はソフトボールの松島ジュニアクラブ
に所属していたようです。福岡市松島小学校を
活動拠点にしていますので、この近辺の中学校
に通っていたかもしれません。

投手としては細身ですが、右のサイドスローから
小気味良いピッチングをします。

技巧派で生命線となるコントロールが非常に
良く、テンポ良く投げ込むので打者は
考える間もなく追い込まれてしまう。

打者としては9番であるが、秋季九州大会
では毎試合ヒットを打ち、上位打線につなぐ
活躍を見せ、存在感を示した。

まだまだ体も大きくなりそうで、今後の
成長が楽しみな選手です。

東海大福岡高校の紹介

学校東海大学付属福岡高等学校
所在地〒811-4193
福岡県宗像市田久一丁目9番2号
創立年1966年(昭和41年)
生徒数675人(女子)189人
卒業生広橋公寿  (元プロ野球)
城土大治朗 (元プロ野球)
吉元伸二  (元プロ野球)
神島崇   (元プロ野球)

福岡県宗像市にある私立高校。
東海大学の付属高校で学園内推薦入学
制度がある。
2016年に東海第五高校から校名が改称
となっている。

クラブ活動は大変盛んで特にサッカー部は
名門校として知られている。

学業にも力を入れていて、
スーパー特進αコースで偏差値は56

スポーツ界を中心に多彩な能力を持った方々が
卒業生として色々な方面で活躍されています。

甲 子 園 成 績
出場回数(春)   1回
(夏)   0回
優勝      0回
準優勝      0回

福岡県の強豪校。
もっと出場しているかと思いましたが
昭和60年春の選抜に唯一出場していて
1勝をあげています。

2016秋の新チームは、秋季福岡県大会
準優勝
福岡県2位で臨んだ秋季九州大会でも
準優勝を達成。

敗れた相手はいずれも福岡大大濠高校
逆にいえば福岡大大濠高校以外には
負けていない。

秋季九州大会は決勝までの3試合は
いづれも苦しい展開からの逆転勝ち。
決勝でも3点ビハインドを一度は
追い付いている。

杉山繁俊監督が『神懸かっている』
と評したミラクルの連続で、
2017春の選抜出場を手繰り寄せた。

久々の甲子園での活躍を期待しています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です