東海大福岡野球部 2017メンバーの出身中学や注目選手紹介!!

シェアしてもらえると嬉しいです!

高校野球のベンチ裏

いよいよ夏本番!!!

本格的な高校野球シーズンの到来です。

高校野球ファンとしてはわくわくしますね。

そこで毎年注目される有名強豪校について、

主なメンバーの出身中学などを調べて

みました。

今回は福岡の強豪校である

東海大福岡高校 です。

東海大福岡野球部2017の出身中学

2017夏季県大会メンバーの出身中学一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
1安田 大将投手3福岡 福岡市箱崎清松中福岡ボーイズ
2北川 穂篤捕手3福岡 芦屋町芦屋中中学軟式
3高村 一生内野手3長崎 長崎市岩屋中長崎北シニア
4清水 雄大内野手3福岡 福岡市吉塚中福岡ボーイズ
5星野 光紀内野手2福岡 福岡市長尾中福岡城南シニア
6橋本 尚樹内野手3福岡 宗像市日の里中中学軟式
7遠藤 秀斗外野手3福岡 宗像市自由ヶ丘中中学軟式
8有安 晟真外野手3福岡 福岡市青葉中中学軟式
9中山 誠也外野手3福岡 古賀市古賀中九州古賀ボーイズ
10佐田 健介控え3福岡 福岡市友泉中福岡城南シニア
11大久保 啓控え1福岡 福岡市友泉中福岡城南シニア
12古賀 丈士控え3福岡 須恵町須恵中宇美スターズ
13大久保 朋控え3福岡 福岡市友泉中福岡城南シニア
14大鶴 悠斗控え3福岡 福岡市当仁中福岡南シニア
15国武 鷹次郎控え3山口 高川学園中高川学園シニア
16平尾 太一控え2山口 下関市日新中下関マリナーズ
17宮本 光控え3福岡 福岡市青葉中篠栗ボーイズ
18藤田 哲平控え3山口 下関市長成中下関マリナーズ
19加藤 航洋控え3福岡 大野城市平野中筑紫野アローズ
20皿田 幸大控え1福岡 鞍手町鞍手中中学軟式

16名が福岡県内中学の出身者です。

福岡県以外の出身中学者の内訳です。

山口県  3名

長崎県  1名

県外中学の出身者はあまりいないようです。
東海大学の付属高校は県外中学出身選手の
獲得に積極的な高校が多いのですが、
東海大福岡高校は県内中学出身の選手たち
が中心となっているようです。

東海大福岡高校の注目選手

安田 大将  175.0cm 68.0kg 右投げ左打ち

福岡県福岡市箱崎清松中学校では
福岡ボーイズに所属。

投手としては細身ですが、右の
サイドスローから小気味良い
ピッチングをします。

速球の最速は120キロ前半ですが、
スライダー・シンカーなどの
変化球を織り交ぜます。

技巧派で生命線となるコントロール
が非常に良く、テンポ良く投げ込む
ので打者は考える間もなく追い込ま
れてしまう。

打者としては9番であるが、秋季九州大会
では毎試合ヒットを打ち、上位打線につなぐ
活躍を見せ、存在感を示した。

まだまだ体も大きくなりそうで、今後の
成長が楽しみな選手です。

東海大福岡高校の監督紹介

杉山 繁俊 監督

生年月日:1957年2月9日
出身地 :神奈川県生まれ
学歴  :東海大相模高校ー東海大学

高校時代は2度甲子園に出場しており、
高校3年夏の大会では甲子園ベスト8を経験。

東海大学では1976年全日本大学選手権で優勝。
社会人野球でも日産自動車で活躍しました。

1991年福岡工大付高校の監督に就任し、
甲子園に2度導いた。

2013年に東海大五(現東海大福岡高校)の監督
に就任。
32年ぶりに同校を選抜出場に導いています。

手腕の優れた監督で甲子園での戦いぶりに
注目が集まります。

東海大福岡高校の紹介

学校東海大学付属福岡高等学校
所在地〒811-4193
福岡県宗像市田久一丁目9番2号
創立年1966年(昭和41年)
生徒数912人(女子)358人
卒業生広橋公寿    (元プロ野球)
城土大治朗   (元プロ野球)
吉元伸二    (元プロ野球)
神島崇     (元プロ野球)

校  歌
作詩:松前 重義
作曲:松前 紀男

潮風けぶる玄海の
ありし歴史の影宿す
見よ西南の一角に
高くそびゆる我が母校

福岡県宗像市にある私立高校。
東海大学の付属高校で学園内推薦入学
制度がある。
2016年に東海第五高校から校名が改称
となっている。

クラブ活動は大変盛んで特にサッカー部は
名門校として知られている。

学業にも力を入れていて、
スーパー特進αコースで偏差値は56

スポーツ界を中心に多彩な能力を持った方々が
卒業生として色々な方面で活躍されています。

甲 子 園 成 績
出場回数(春)     2回
(夏)     0回
優勝        0回
準優勝        0回

福岡県の強豪校。
もっと出場しているかと思いましたが
昭和60年春の選抜に唯一出場していて
1勝をあげています。

2016秋の新チームは、秋季福岡県大会
準優勝
福岡県2位で臨んだ秋季九州大会でも
準優勝を達成。

敗れた相手はいずれも福岡大大濠高校
逆にいえば福岡大大濠高校以外には
負けていない。

秋季九州大会は決勝までの3試合は
いづれも苦しい展開からの逆転勝ち。
決勝でも3点ビハインドを一度は
追い付いている。

杉山繁俊監督が『神懸かっている』
と評したミラクルの連続で、
2017春の選抜出場となりました。

2017春の選抜でも大活躍

初戦は前評判の高かった神戸国際大付
競り勝ち、2回戦では優勝候補の早稲田実業
に11-8で打ち勝ち、日本中を驚かせました。

準々決勝では優勝した大阪桐蔭高校と対戦。
2-4で惜敗しましたが、さわやかな旋風を
巻き起こしましたね。

激戦福岡の夏の大会がスタートです。

夏の大会での活躍を期待しています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です