高田商業野球部 2017メンバーの出身中学や注目選手紹介!!

シェアしてもらえると嬉しいです!

高校野球ボール

2017春の選抜高校野球大会の出場校が

発表されました。高校野球も小休止期間を

終えて、いよいよ動き出しました。

3月の大会開幕が待ち遠しい限りですが、

前準備として出場校の紹介をしていきたいと

思います。

今回は奈良の強豪校である

高田商業高校 です。

高田商業高校野球部2017の出身中学

2017春選抜の出身中学(シニア等)の一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
古川 響輝投手奈良 五條市五條西中中学軟式
竹村 康平捕手奈良 五條市五條東中中学軟式
上別府 駿内野手奈良 橿原市大成中中学軟式
上田 有輝内野手奈良 香芝市香芝中香芝ボーイズ
山崎 智也内野手奈良 五條市五條中中学軟式
山本 恭平内野手奈良 香芝市香芝西中中学軟式
高鉾 颯馬外野手奈良 川西町三宅町組合立式下中中学軟式
中尾 翼外野手奈良 葛城市新庄中中学軟式
大久保 拓海外野手奈良 三郷町三郷中香芝ボーイズ
10杉田 晃一控え奈良 香芝市香芝中中学軟式
11桝井 優希控え奈良 大淀町大淀中中学軟式
12尾上 和輝控え奈良 大和高田市片塩中香芝ボーイズ
13倉本 広大控え奈良 川西町三宅町組合立式下中中学軟式
14工藤 慎也控え奈良 橿原市八木中橿原磯城シニア
15三浦 育真控え奈良 橿原市橿原中中学軟式
16脇田 遼平控え奈良 田原本町田原本中中学軟式
17石井 翔大控え奈良 香芝市香芝西中中学軟式
18中島 翔大控え奈良 田原本町田原本中中学軟式

18名全員が奈良県内中学の出身者です。

県外中学の出身者はベンチ入りベンバー
には一人もいません。
奈良県内出身中学の選手たちでチーム
構成されています。

高田商業高校の注目選手

古川 響輝  178.0cm 68.0kg 左投げ左打ち

奈良県五條市五條西中学校の出身。
中学時代の所属は確認できていません。

投手として均整のとれた体型ではあるが、
まだやや細身で発展途上の左腕。

最速137キロの速球とスライダーを中心と
した変化球のコンビネーションで打者を
打ち取っていく。

投球は無駄のないきれいなフォームで
球種は多彩。カーブ・フォーク・シュート・
チェンジアップ・カットボールと器用に
投げ分け、狙い球が絞りづらい。

伸びしろが見込まれプロ注目のドラフト
候補投手。

高田商業高校の監督紹介

赤坂 誠治 監督

生年月日:1976年9月22日
出身地 :奈良県生まれ
学歴  :五條高校ー大阪経済大学

大阪経済大学入学後、準硬式野球部に入部。
全国大会優勝、関西選抜に選出されるなど
活躍した。

大学卒業後、桜井商業でのコーチ経験の後、
2003年より高田商業へ赴任。
赴任当初はバレーボール部の監督となり、
県大会を勝ち抜き、近畿大会に出場を
果たしている。

2013年より野球部の監督に就任し、ほんの
数年間で2016年秋季近畿大会でベスト8
進出へ導いた。
自主性を重んじ生徒に考えさせる野球で
甲子園に登場です。

高田商業高校の紹介

学校大和高田市立高田商業高等学校
所在地〒635-0061
奈良県大和高田市材木町8-3
創立年1954年(昭和29年)
生徒数597人(女子)313人
卒業生西口裕治  (元プロ野球)
三浦大輔  (元プロ野球)
三浦剛   (俳優)

校  歌
作詞:大上 敬義
作曲:牧野 英三

葛城走る 雲青く
翼を開く マーキュリー
緑の市の産業が
育む夢の学舎に
君を呼ぶ 我を呼ぶ
希望あらた 高田商高

奈良県大和高田市にある市立の商業高校。

クラブ活動は盛んで、男女ソフトテニス部は
全国制覇を何度も達成している強豪校。

商業高校ではあるが近年は国公立大学や
有名私大への進学率が増加している。
普通科コースで偏差値は51

多彩な能力を持った方々が
卒業生として色々な方面で活躍されています。

甲 子 園 成 績
出場回数(春)       2回
(夏)       1回
優勝          0回
準優勝          0回

春の選抜出場は2017年の出場で3回目
となる。
最高成績となると昭和38年の第45回夏の
選手権でベスト8に進出している。

奈良県と言えば2016春の選抜を制覇した
ばかりの智弁学園高校や3度の優勝経験
のある天理高校など特定の盟主が覇権を
競ってるので、なかなか甲子園に出場
できないところ。

そんな中で2016秋の奈良県大会を準優勝
決勝は智弁学園と対戦。
4-5で惜しくも逆転で敗れてしまったが、
実力のあるところを見せた。

秋季近畿大会では初戦で和歌山東高校と対戦。
9回まで4-8で劣勢だったが、土壇場の9回裏に
4点取り返して同点とし、延長13回でサヨナラ
勝ち。

準々決勝では後に近畿大会を優勝し、明治神宮
大会も優勝した履正社高校にコールド負け。

当確ラインぎりぎりでしたが実績が評価され
見事に甲子園出場を決めました。

注目の好投手である古川響輝投手を擁して、
春の甲子園での活躍が楽しみです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です