明徳義塾高校野球部 2018メンバーの出身中学と注目選手紹介!!

シェアしてもらえると嬉しいです!

高校野球の地区予選

夏の甲子園大会が終了し、高校野球は

2018新チームへと代替わりしています。

2018選抜大会に向けて秋季大会が始まり、

ファンとしても新たな気持ちで再スタート

ですね。

そこで毎年注目される有名強豪校について、

主なメンバーの出身中学などを調べて

みました。

一応旧チームのデータも残してあります。

少し紛らわしいかもしれませんが。。。

今回は高知の強豪校である

明徳義塾高校 です。

明徳義塾高校野球部2018の出身中学

2017秋季県大会メンバーの出身中学一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
1市川 悠太投手2高知 高知市潮江中中学軟式
2安田 陸捕手1高知 明徳義塾中中学軟式
3渡部 颯太内野手2愛媛 松山市北中今治中央ボーイズ
4保市 勇平内野手2大阪 大阪市東我孫子中住吉大和川シニア
5田中 闘内野手2奈良 天理市西中橿原磯城シニア
6菰渕 太陽内野手2香川 さぬき市志度中高松レイダース
7眞鍋 陸外野手2高知 明徳義塾中中学軟式
8中隈 廉王外野手2京都 宇治市宇治中京都木津川シニア
9谷合 悠斗外野手2岡山 岡山市妹尾中岡山メッツ
10孫入 陸控え2奈良 五條市五條西中橿原ボーイズ
11林田 大成控え1京都 福知山市日新中
12服部 遼馬控え1高知 明徳義塾中中学軟式
13藤森 涼一控え2大阪 大阪市八阪中大阪八尾ボーイズ
14庄野 太喜控え2京都 宇治市西宇治中京都木津川シニア
15柳田 晟控え2山口 下関市豊洋中飯塚ボーイズ
16池田 惇希控え2兵庫 太子町太子東中龍野ボーイズ
17前田 真基控え2大阪 摂津市第二中西淀ボーイズ
18徳永 快人控え1大阪 河内長野市千代田中河南シニア
19小泉 航大控え1高知 明徳義塾中中学軟式
20山田 圭祐控え1大阪 大阪市加美中藤井寺ボーイズ

5名が高知県内中学の出身者です。

高知県以外の出身中学者の内訳です。

大阪府  5名

京都府  3名

奈良県  2名

兵庫県  1名

愛媛県  1名

香川県  1名

岡山県  1名

山口県  1名

県外中学の出身者は近郊の近畿圏を中心
に多めです。高校には700名を収容できる
寮を完備しているので生徒全体の70%が
高知県外から入学しています。
国際交流も盛んな学校です。

明徳義塾野球部2017の出身中学

2017夏甲子園大会メンバーの出身中学一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
1北本 佑斗投手3大阪 堺市三原台中大阪泉北ボーイズ
2筒井 一平捕手3愛媛 伊予市伊予中中学軟式
3久後 健太内野手3兵庫 小野市旭丘中小野ボーイズ
4近本 攻生内野手3徳島 生光学園中ヤングリーグ
5盛田 大将内野手3大阪 大東市深野中東大阪シニア
6今井 涼介内野手3大阪 八尾市成法中大阪八尾ボーイズ
7谷合 悠斗外野手2岡山 岡山市妹尾中岡山メッツ
8中坪 将麻外野手3高知 明徳義塾中中学軟式
9西浦 颯大外野手3熊本 八代市鏡中熊本北シニア
10山口 海斗控え3岡山 倉敷市倉敷南中倉敷ピーチジャックス
11市川 悠太控え2高知 高知市潮江中中学軟式
12島田 直樹控え3大阪 岸和田市久米田中大阪和泉ボーイズ
13林 大成控え3高知 四万十市西土佐中
14佐々木 仁控え3福岡 福岡市花畑中福南ボーイズ
15貫 優控え3香川 東かがわ市大川中高松レイダース
16菰渕 太陽控え2香川 さぬき市志度中高松レイダース
17毛利 志龍控え3高知 明徳義塾中中学軟式
18斎藤 準弥控え3高知 明徳義塾中中学軟式

明徳義塾高校の注目選手

市川 悠太 183.0cm 70.0kg 右投げ右打ち
高知県高知市潮江中学校では、
軟式野球部に所属。

やや細身の長身から最速143キロの
速球を投げ込む右腕。
速球とスライダー、ツーシーム、
チェンジアップのコンビネーションで
投球を組み立てます。

武器は思い切って突いてくる内角の
速球。強気な投球で打者を打ち取り
ます。

2017夏の甲子園で強豪校相手に経験
を積みました。制球力をより磨いて
2018新チームではエースとなっています。

明徳義塾高校を引退した注目選手

西浦 颯大 177.0cm67.0kg 右投げ左打ち

熊本県八代市鏡中学校では
熊本北シニアに所属。

熊本北シニアでは通算32本の本塁打
を記録。
メキシコで開催された第2回IBAF 15U
ワールドカップで日本代表に選出された
経験がある。

名門の明徳義塾入学後部員数100人以上
いる同校で1年春からベンチ入りし大物の
片鱗を見せた。

2016夏甲子園でも2年生ながらレギュラー。
嘉手納高校戦では、満塁ホームランを
打ち、一気に注目を浴びた。

2017チームでも馬淵監督が全面に
信頼する強打者。
足も速く守備もうまい3拍子揃った
プロ注目のドラフト候補選手です。

今井 涼介 171.0cm70.0kg 左投げ右打ち
大阪府八尾市成法中学校では、
大阪八尾ボーイズに所属。

それ程身長が高いわけではないが、
均整の取れた体格。
長距離スラッガーではないが、
左右に打ち分け、ミートがうまい。

さらに目を引くのがセカンドの守備。
打球に対しての一歩目が速く機敏な
グラブさばきを見せる。
2016夏もレギュラーで甲子園を経験済み。

北本 佑斗 174.0cm69.0kg 左投げ左打ち
大阪府堺市三原台中学校では、
大阪泉北ボーイズに所属。

投手としては大きな選手ではないが、
最速138キロのキレのある速球と
スライダーを武器に投げ込む左腕。

新チームでエースナンバーを背負い、
今後の成長が楽しみな投手。

明徳義塾高校の監督紹介

馬淵 史郎 監督

生年月日:1955年11月28日
出身地 :愛媛県生まれ
学歴  :三瓶高校ー拓殖大学

現役時代は遊撃手として活躍。
1983年に阿部企業の監督に就任。
1986年には日本選手権準優勝を達成。

1987年より明徳義塾高校のコーチとなり、
1990年に同校の監督に就任した。

今回の選抜を含めて春夏甲子園に同校を
30回も導き、2002年夏には全国制覇。

甲子園通算49勝をしており歴代監督で
5位
を記録。

知将として全国的に大変有名な監督。
数々の戦術は批判を浴びることも
ありましたが、勝つために様々な方法
を持ち合わせていて、すごい方だと
思います。

明徳義塾高校の紹介

学校明徳義塾高等学校
所在地〒785-0195
高知県須崎市浦の内下中山160
創立年1976年(昭和51年)
生徒数910人(女子235人)
卒業生寺本四郎    (元プロ野球)
塩屋大輔    (元プロ野球)
森岡良介    (プロ野球)
中田亮二    (プロ野球)
伊藤 光    (プロ野球)
北川倫太郎   (プロ野球)

校  歌

高陵雲なく 空すみ渡り
朝霧晴れゆく 三里の浦に
恵みの朝霧 豊かに受けて
御鉾木高く 天をさす
ああ この慈愛 身に修め
我等は進む まことの道を

高知県須崎市にある中高一貫の私立高校。

クラブ活動がさかんな学校で全生徒が
活動に参加する「全員クラブ制度」
実施されています。

スポーツが特に強く全国に名が知られている
部活動が多い。特に野球部は有名です。

学業にも力を入れていて、国際コースの
特別進学コースで偏差値は49

多彩な能力を持った方々が卒業生
として色々な方面で活躍されています。

甲 子 園 成 績
出場回数(春)     17回
(夏)     19回
優勝                   1回
準優勝                   0回

高知県の強豪校。
甲子園には2017夏の選手権出場を加え
春夏合わせて計36回目の出場を誇ります。

最高成績は平成14年の夏選手権での優勝。

高知高校、高知商業高校など、高知県
をけん引してきた高校に代わって、
近年は高知県の盟主になりました。

知将馬淵史郎監督が毎年のように
強いチームを作り上げていますね。

星稜の松井秀喜選手の5打席連続敬遠
など、勝つための秘策も多く、話題性
が高いです。

2016夏の甲子園ではベスト4。

100名を越える部員の激しいレギュラー
争いの中から、新チームも秋季高知県大会
準優勝
秋季四国大会では見事に優勝を達成。

四国チャンピオンとして臨んだ明治神宮
大会では初戦で2016夏の甲子園準決勝で
敗れた作新学院高校と再戦。

7-2で快勝してリベンジしました。
次戦の福岡大大濠高校に敗れましたが、
新チームも全国上位の実力があること
を示しました。

優勝候補の一角として登場した春の選抜
では早稲田実業との強豪対決に惜敗。

甲子園帰りの春季県大会では優勝
春季四国大会でも秋季大会に続いて
優勝をしています。

四国では敵なしですね。
全国制覇を視野に夏の県大会も本命
で優勝し甲子園出場を決めました。

2017夏選手権甲子園結果

2017夏選手権大会 1回戦

123456789101112
明徳義塾1100010000036
日大山形1200000000003

4年前の準々決勝の再戦となりました。
明徳義塾は辛抱の戦いとなりましたが2番手の
市川悠太投手が好投。サヨナラのピンチも
防ぎ、12回表に相手の悪送球などで勝ち越し。
勝負強く厳しい一戦を制しました。

2017夏選手権大会 2回戦

123456789
明徳義塾0000000011
前橋育英00100020×3

明徳義塾は前橋育英の先発皆川喬涼投手の
前に、8回まで2安打に抑え込まれる厳しい
展開。フォアボールも望めず、馬渕監督も
中々打つ手がありませんでした。
しかし、こうゆう展開になれば失点を最小限
に抑えて、守り合いに持ち込み接戦にして
いくのはさすがです。前橋育英の好きなよう
にはさせませんでした。9回のワンチャンスで
もしやと思わせました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメント

  1. 岩渕蓮 より:

    明徳義塾は応援も得意なので
    早く優勝旗を持ち帰ってください。
    私も応援しています。
    頑張れ!明徳義塾!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です