彦根東高校野球部 2017メンバーの出身中学や注目選手紹介!!

シェアしてもらえると嬉しいです!

試合後の野球場

いよいよ夏本番!!!

本格的な高校野球シーズンの到来です。

高校野球ファンとしてはわくわくしますね。

そこで毎年注目される有名強豪校について、

主なメンバーの出身中学などを調べて

みました。

今回は滋賀の強豪校である

彦根東高校 です。

彦根東高校野球部2017の出身中学

2017夏甲子園大会メンバーの出身中学一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
1松井 拓真投手3滋賀 大津市南郷中
2條野 正宗捕手3滋賀 近江八幡市八幡中
3吉本 孝祐内野手3滋賀 彦根市南中
4朝日 晴人内野手2滋賀 大津市青山中草津シニア
5岩本 道徳内野手3滋賀 大津市瀬田北中草津シニア
6原 晟也内野手3滋賀 長浜市西中中学軟式
7高村 真湖人外野手3滋賀 東近江市聖徳中竜王ジャガース(軟式)
8太田 剛志外野手3滋賀 大津市日吉中
9辻山 知志外野手3滋賀 守山市守山北中野洲ブレーブス(軟式)
10増居 翔太控え2滋賀 彦根市稲枝中中学軟式
11原 功征控え2滋賀 近江八幡市八幡中
12嘉藤 修太控え3滋賀 彦根市東中
13中井 知稀控え3滋賀 草津市草津中
14山崎 凜太朗控え3滋賀 彦根市東中
15野崎 重太控え2滋賀 日野町日野中
16清水 亮佑控え3滋賀 彦根市中央中
17森田 昂佑控え3滋賀 甲賀市甲賀中中学軟式
18仲川 俊哉控え3滋賀 栗東市栗東西中

20名が滋賀県内中学の出身者です。

県外中学の出身者はほとんどいないよう
です。県立の進学校ですので、滋賀県内
出身中学の選手でチーム作りが行われて
います。文武両道ですごいですね。

彦根東高校の注目選手

増居 翔太   171.0cm 59.0kg 左投げ左打ち

滋賀県彦根市稲枝中学校では、
軟式野球部に所属。

流れるようなきれいでしなやかな投球フォーム
から最速135キロの速球を投げ込む左腕。

スライダー・カーブ・チェンジアップなどの
変化球も投げるが、キレのある速球が武器
でけん制なども上手です。

文武両道を掲げる進学校で学業でも学年320
人中20~30番の成績になることもある秀才
で京都大学が進学希望だそうです。

2017春季大会から近畿の強豪校を相手に
快投を見せる注目の左腕投手です。

彦根東高校の紹介

学校滋賀県立彦根東高等学校
所在地〒522-0061
滋賀県彦根市金亀町4-7
創立年1876年(明治9年)
生徒数961人(女子)409人
卒業生中川隆    (元プロ野球)
田原総一朗  (ジャーナリスト)
花田勝彦   (元陸上長距離マラソン選手)
荒山沙織   (NHKキャスター)
細野豪志   (元環境大臣)
川端達夫   (元総務大臣・元文部科学大臣)

校 歌
作詩:吉田 精一 作曲:古関 裕而

開けよ この窓 呼べよ 緑
銀杏は きらめく 風と光
萌え立て いざ友 明るく きよく
蕉れよ 雲さへ 山河に 映えて
鐘は鳴れり この朝
彦根東 彦根東 さやけし われら

滋賀県彦根市にある県立の高校で
彦根藩の藩校の流れをくみ、さかのぼると
1798年(寛政10年)になる歴史ある
名門校。

彦根藩主の藩祖である井伊直政は、
関ヶ原の戦いなどで先鋒隊を務め、
鎧や兜などをすべて赤くしたもの
を使用した、『井伊の赤備え』として
活躍し恐れられました。

その後井伊家は徳川幕府で重要職を
つかさどることとなっていきました。

この井伊家の藩校の流れをくむ
彦根東高校はこの『赤鬼魂』精神を
大切にしており、甲子園でもアルプス
スタンドを真っ赤に染めて応援します。

クラブ活動もさかんで、新聞部・野球部
などが強豪校として知られています。

もちろん県内有数の進学校ですので
普通科で偏差値は67

また科学技術など理系教育を重点的に行う
スーパーサイエンスハイスクールの指定を
文部科学省より受けています。

多彩な能力を持った方々が卒業生
として色々な方面で活躍されています。

甲 子 園 成 績
出場回数(春)   3回
(夏)   2回
優勝      0回
準優勝      0回

滋賀県の強豪校。
甲子園の出場は過去に4回あり、2017
夏の選手権出場で計5回目となります。

甲子園での勝利はまだありませんが、
2017チームは、春季県大会を優勝。

春季近畿大会でもベスト4に進出。
龍谷大平安高校を破り、大阪桐蔭高校
とも9回までリードする展開で選抜王者
をヒヤリとさせました。

夏の滋賀県大会でも滋賀学園高校
近江高校を破っての甲子園出場です。

赤備えの大応援団と共に活躍が期待
されるチームです。

2017夏選手権甲子園結果

2017夏選手権大会 1回戦

123456789
波佐見0110012005
彦根東013000006

序盤リードしながら徐々に点差を詰められ、
終盤に逆転される厳しい試合展開となりま
ましたが、注目の増居翔太投手が粘り強く
投げ、9回逆転サヨナラで嬉しい甲子園初
勝利となりました。
真っ赤に染まったスタンドの応援がとても
印象的でした。

2017夏選手権大会 2回戦

123456789
青森山田0014100006
彦根東0000000112

彦根東の先発は左サイドスローの原功征投手。
変化球主体でうまく序盤をスタートしましたが、
青森山田打線の2巡目で捕まり、5失点で降板。
2番手の松井拓真投手も中沢樹希也選手に
この試合2本目の本塁打を打たれました。
6回から登板した増居翔太投手が好投し、
守備のリズムを作ると、ようやく打線も反撃
開始。終盤チャンスを作り、9回には途中出場
の仲川俊哉選手の本塁打も飛び出しましたが、
斉藤勇太投手を捕えるのが遅すぎました。

この試合も開幕試合以上の真っ赤に染まった
大応援団でした。
試合後の校歌斉唱で青森山田高校の校歌に
彦根東の応援団が手拍子をしていました。

さすが第81回選抜大会で最優秀応援団賞に
選ばれた学校ですね。きっとすごくいい
学校なのでしょうね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメント

  1. 土井 國芳 より:

    2017年夏の高校野球で開幕第1戦に当たり、緊張の中、皆さんキビキビとした動きが好ましい印象でしたし、試合の運び具合は適度な緊張を味あわせていただきました。
    最後の最後9回の裏にサヨナラゲームでの勝利、感動致しました。
    深くお祝い申し上げます。
     只試合を最初から最後迄観戦していて、ピッチャーの増居君は良く頑張りぬいたが、投球内容としての懸念は「高めの球が多いように思われました。」もう少し低めを意識した方がいいように思います。内外角をうまく使いわけたら変化が出るし速さの変化もつけたら、多彩になるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です