藤枝明誠高校野球部 2017メンバーの出身中学や注目選手紹介!!

シェアしてもらえると嬉しいです!

高校野球の試合

いよいよ夏本番!!!

本格的な高校野球シーズンの到来です。

高校野球ファンとしてはわくわくしますね。

そこで毎年注目される有名強豪校について、

主なメンバーの出身中学などを調べて

みました。

今回は静岡の強豪校である

藤枝明誠高校 です。

藤枝明誠高校野球部2017の出身中学

2017夏甲子園大会メンバーの出身中学一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
1久保田 蒼布投手3静岡 袋井市袋井中
2服部 恵汰捕手3静岡 静岡市清水庵原中静岡蒲原シニア
3清水 一真内野手3愛知 豊川市一宮中
4松村 太智内野手3静岡 菊川市菊川東中小笠浜岡シニア
5一戸 輝彦内野手3静岡 沼津市静浦中静岡裾野シニア
6西村 竜馬内野手2静岡 島田市川根中
7河合 郁拓外野手3静岡 富士市吉原第一中富士宮シニア
8常盤 勇汰外野手3静岡 富士市吉原第一中富士宮シニア
9中田 悠斗外野手3静岡 東海大翔洋中中学軟式
10小野 弘人控え2愛知 春日井市南城中愛知瀬戸ボーイズ
11遠藤 大支控え3静岡 浜松市天竜中中学軟式
12鈴木 大翔控え2静岡 浜松市北浜中
13秋山 玲津己控え2静岡 藤枝市高洲中焼津シニア
14大滝 敬控え2静岡 焼津市大富中
15高田 竜希控え2静岡 島田市六合中
16堂前 塁控え3静岡 島田市島田第一中島田ボーイズ
17落合 瞳伊控え2静岡 吉田町吉田中
18浦野 光市控え3愛知 豊川市東部中

15名が静岡県内中学の出身者です。

静岡県以外の出身中学者の内訳です。

愛知県  3名

県外中学の出身者は近郊の東海圏を中心
に少なめです。
私学の強豪校ですが、静岡県内中学出身
の選手が中心となり、チーム構成がされ
ているようです。

藤枝明誠高校の注目選手

久保田 蒼布  176.0cm 68.0kg 右投げ右打ち

静岡県袋井市袋井中学校では、
軟式野球部に所属。

右サイドスローから最速130キロ前後の速球を
投げ込む右腕。

スライダー・チェンジアップなどの変化球を
織り交ぜて投球します。

球のキレと制球力が良く、出処の見づらい投球
フォームで三振を取れる投手です。

中学時代に豪州遠征静岡県選抜メンバーにも
選出されています。

藤枝明誠高校に入学した当初は上手投げでした
が、監督の助言により、1年の冬より現在の
投球フォームに変更したそうです。

第28回WBSC U18ベースボールワールドカップ
の第1次候補にも選出されドラフト候補にも挙が
っている注目の投手です。

藤枝明誠高校の紹介

学校藤枝明誠高等学校
所在地〒426-0051
静岡県藤枝市大洲二丁目2番1号
創立年1982年(昭和57年)
生徒数943人(女子)223人
卒業生石井伸幸 (元プロ野球)
渡辺靖彬 (プロ野球)
小澤雄希 (サッカー選手)
杉本拓也 (サッカー選手)
飯塚翔太 (陸上短距離選手)
角野亮伍 (バスケットボール選手)

校 歌
作詩:小山一重 作曲:多賀須節

見はるかす 赤石の山なみ
流れ清し大井
学び舎 ここに立つ
名あり 藤枝明誠
われらつねに天極を指さし
歴史を創るもの
真理の妙音胸に和し
行く手 あらたなり
凛たりわがこころ
確たりわがあゆみ
地軸をとよもしてきおい
風に御してはためく
さわやかに ゆたかに
つとめはげむ ひたすら
初心 忘るることなし
おお明誠 わが母校
とわに とわに
輝け 栄あれ
母校 明誠
母校 明誠 藤枝明誠

日本一、一番が長い校歌だそうです

静岡県藤枝市にある併設型中高一貫私立高校。

クラブ活動はサッカー部・バスケットボール
部・陸上部などが強豪校として知られている。

学業は普通科と英数科が設置されていて、
現役での大学進学に高い実績があります。
英数科で偏差値は66

多彩な能力を持った方々が卒業生
として色々な方面で活躍されています。

甲 子 園 成 績
出場回数(春)   0回
(夏)   1回
優勝      0回
準優勝      0回

静岡県の新鋭校。
甲子園の出場は2017夏の選手権が春夏を
通じて初出場となります。

2017チームは、秋季県大会を準優勝。
秋季東海大会でもベスト8に進出。
2017の春季県大会ではベスト4。

県内で常に上位進出をしていましたが
あと一歩優勝には届かない成績でした。
しかし、夏の静岡県大会では大本命の
静岡高校も破り、甲子園出場となりま
した。

2017夏選手権甲子園結果

2017夏選手権大会 1回戦

1234567891011
藤枝明誠100032000006
津田学園00042000007

東海地区同士の対戦。
注目の久保田蒼布投手は中盤に捕まりましたが、
6回以降は立ち直り10回まで三者凡退に抑えま
した。打線も中盤よく追いついたが勝ち越せず
延長11回サヨナラ負けとなりました。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です