東筑高校野球部 2017メンバーの出身中学や注目選手紹介!!

シェアしてもらえると嬉しいです!

高校野球の応援

いよいよ夏本番!!!

本格的な高校野球シーズンの到来です。

高校野球ファンとしてはわくわくしますね。

そこで毎年注目される有名強豪校について、

主なメンバーの出身中学などを調べて

みました。

今回は福岡の強豪校である

東筑高校 です。

東筑高校野球部2017の出身中学

2017夏甲子園大会メンバーの出身中学一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
1石田 旭昇投手2福岡 鞍手町鞍手中中学軟式
2北村 謙介捕手2福岡 福津市福間東中
3水上 尚内野手3福岡 北九州市折尾中八幡南ボーイズ
4田中 将悟内野手2福岡 北九州市永犬丸中八幡南ボーイズ
5坂口 慶太内野手3福岡 北九州市沖田中
6安部 滉平内野手3福岡 遠賀町遠賀中
7盛田 秀外野手3福岡 鞍手町鞍手北中
8阿部 泰晟外野手2福岡 北九州市上津役中八幡南ボーイズ
9菊池 聡太外野手2福岡 北九州市浅川中八幡南ボーイズ
10山本 悠可控え3福岡 宮若市宮若東中
11小田 貴一控え3福岡 福津市福間東中中学軟式
12野口 皓生控え2福岡 北九州市枝光台中八幡南ボーイズ
13石橋 和希控え3福岡 福津市福間中
14別府 洸太朗控え3福岡 飯塚市飯塚第一中
15山田 航控え3福岡 水巻町水巻南中
16竹下 瑞貴控え3福岡 北九州市則松中
17升田 由太郎控え3福岡 北九州市浅川中
18新開 飛雅控え3福岡 北九州市引野中

18名全員が福岡県内中学の出身者です。

県外中学の出身者はほとんどいない
ようです。県内有数の進学校であり、
野球部は1900年創部で117年の歴史
を誇ります。

東筑高校の注目選手

石田 旭昇  173.0cm 67.0kg 右投げ右打ち

福岡県鞍手町鞍手中学校では、
軟式野球部に所属。

投手としてはそれ程大きな体格ではないが、
最速137キロの速球を投げ込む右腕。

右サイドスローからキレの良い速球と
多彩な変化球を組み立てて投球します。

球種としてはスライダー・シュート・
チェンジアップ・ツーシームなどが
あります。

低めの制球力もあり、福岡県を代表する
強豪校を次々に封じ込めました。

2017年5月に行われた日大三高との招待
試合でも2-0であの強打線を完封してい
ます。

まだ2年生でこれだけの実績を残して、
甲子園に登場する注目の投手です。

東筑高校の紹介

学校福岡県立東筑高等学校
所在地〒807-0832
福岡県北九州市八幡西区東筑一丁目1番1号
創立年1898年(明治31年)
生徒数1073人(女子)471人
卒業生仰木彬        (元プロ野球監督)
高信二      (プロ野球ヘッドコーチ)
桧山泰浩   (元プロ野球)
福山龍太郎  (元プロ野球)
矢ノ浦国満  (元プロ野球)
山本翔    (元プロ野球)

校 歌
作詩:折口 信夫 作曲:信時 潔

筑紫の國の國の崎 とほく霞みて海に入る
遠賀の水門も望むべし 目翳をかざせ汐境
響灘玄海の波 澄みわたる朝の幻
馴れ馴れて 海の若人
吾こそは洋の獨り子 吾らかく若々し
身は健かに気宇ひろく 筑紫の海の如あらむ
よきかな東筑 うるわしく
東筑 東筑 寛かなれ
ああ 東筑

福岡県北九州市にある県立の高校。
旧藩校を除くと県内最古の県立校。

クラブ活動は野球部・ラグビー部
などが強豪校として知られている。

県内有数の進学校であり、
普通科で偏差値は69
スーパーサイエンスハイスクールと
ふくおかスーパーハイスクールの
指定校となっています。

多彩な能力を持った方々が卒業生
として色々な方面で活躍されています。

甲 子 園 成 績
出場回数(春)   2回
(夏)   6回
優勝      0回
準優勝      0回

福岡県の古豪強豪校。

甲子園には春夏合わせて過去に7回
出場していて、2017夏の甲子園で
計8回目の甲子園出場となります。

最高成績は昭和53年夏の選手権で
2勝をあげて3回戦に進出しています。

2017チームは秋季県大会4回戦
で敗退。しかし年が明けて、春季
県大会ではベスト8に進出。

夏の県大会では、九産大九州高校
福岡工大城東高校西日本短大付高校
福岡大大濠高校と強豪校を次々と破って
甲子園出場を決めました。

2017夏選手権甲子園結果

2017夏選手権大会 1回戦

123456789
東筑0003100004
済美10104202×10

注目の2年生エース石田旭昇投手がやや制球を
乱して本来の投球を出来なかったのが残念でした。
打線は相手を上回る13本のヒットを打ちながら
もうひとつチャンスをものにできませんでした。
ただ点差ほど力の差は感じず、さすが激戦の
福岡県を勝ち抜いたチームだと感じました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です