中央学院野球部 2018メンバーの出身中学や注目選手紹介!!

シェアしてもらえると嬉しいです!

高校野球の整列

夏の甲子園大会が終了し、高校野球は

2018新チームへと代替わりしています。

2018選抜大会に向けて秋季大会が始まり、

ファンとしても新たな気持ちで再スタート

ですね。

そこで毎年注目される有名強豪校について、

主なメンバーの出身中学などを調べて

みました。

今回は千葉の強豪校である

中央学院高校 です。

中央学院野球部2018の出身中学

2017秋季関東大会メンバーの出身中学一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
1大谷 拓海投手2千葉 印西市滝野中船橋シニア
2池田 翔捕手2千葉 千葉市小中台中千葉東シニア
3長沼 航内野手1茨城 阿見町竹来中取手シニア
4手塚 歩夢内野手1千葉 千葉市花園中千葉西シニア
5川崎 和希内野手2千葉 松戸市根木内中松戸シニア
6平野 翔内野手2東京 八王子市南大沢中武蔵府中シニア
7田中 大暉外野手2茨城 利根町利根中取手シニア
8宇田 周平外野手2千葉 我孫子市我孫子中取手シニア
9西村 陸外野手2東京 葛飾区立石中江戸川中央シニア
10畔柳 舜控え1千葉 松戸市第五中松戸シニア
11高鹿 隼人控え1千葉 松戸市古ヶ崎中松戸シニア
12和田 将幸控え1東京 葛飾区桜道中江戸川中央シニア
13高岡 颯控え2千葉 柏市豊四季中
14西山 空控え2千葉 柏市柏第五中
15菊島 岳控え2東京 杉並区杉森中武蔵府中シニア
16信田 虎輝控え2千葉 松戸市第一中
17長谷川 剛士控え2千葉 旭市第二中
18森 健輔控え2茨城 取手市永山中取手シニア

11名が千葉県内中学の出身者です。

千葉県以外の出身中学者の内訳です。

東京都  4名

茨城県  3名

県外中学の出身者は近郊の関東圏を中心
に同じシニアチームからの入学が多い
ようです。激戦千葉県で毎年上位進出を
している実力校です。

中央学院高校の注目選手

大谷 拓海  180.0cm 70.0kg 右投げ左打ち

千葉県印西市滝野中学校では、
船橋シニアに所属。

均整の取れた恵まれた体格から、最速144キロ
の速球を投げ込む右腕。

サイドスロー気味で速い腕の振りで投げ込み
タイミングが取りづらそうな投球フォームで
切れの良いスライダー・フォーク・カーブ
などの変化球を織り込んで投球します。

打者としても非凡な才能を持っており、
鋭く思い切りの良いスイングで高校
通算21本塁打の強打者で4番を務めます。

投打の中心で二刀流の大変注目度の高い
選手です。

中央学院高校の紹介

学校中央学院高等学校
所在地〒270-1131
千葉県我孫子市都部向山765
創立年1970年(昭和45年)
生徒数1021人(女子)460人
卒業生古城茂幸   (元プロ野球)
安原政俊   (元プロ野球)
藤崎大輔   (元プロ野球)
押本健彦   (元プロ野球)

千葉県我孫子市にある私立高校。
設置者は学校法人中央学院。

野球部・サッカー部からプロ選手
を輩出しており、特色として校技に
男子は剣道、女子は弓道の日本武道
を必修科目としています。

S特別進学コースで偏差値は57

多彩な能力を持った方々が卒業生
として色々な方面で活躍されています。

甲 子 園 成 績
出場回数(春)   0回
(夏)   0回
優勝      0回
準優勝      0回

千葉県の強豪校。
強豪校がひしめく千葉県で甲子園の
出場はまだありませんが、近年は
県内で上位進出をしています。

2018チームは秋季県大会で準優勝を達成。
2年連続で秋季関東大会に進出しました。

関東大会の初戦で2017夏甲子園優勝校で
ある花咲徳栄高校に6-3で勝利し、波に
乗り、準決勝でも前評判の高かった東海大
相模高校
に競り勝ち、決勝の明秀日立高校
も最終回の大ピンチを乗り切り見事優勝
しました。

2018選抜大会の出場はもちろんほぼ手中に
納めています。
その前に関東チャンピオンとして出場する
明治神宮大会での戦いぶりも楽しみです。

2018年の活躍を期待しています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です