作新学院野球部 2017メンバーの出身中学や注目選手紹介!!

シェアしてもらえると嬉しいです!

高校野球の父母観戦

いよいよ夏本番!!!

本格的な高校野球シーズンの到来です。

高校野球好きとしてはワクワクします。

そこで毎年注目される有名強豪校について、

主なメンバーの出身中学などを調べて

みました。

一応旧チームのデータも残してあります。

少し紛らわしいかもしれませんが。。。

今回は栃木の強豪校である

作新学院高校 です。

作新学院高校野球部2017の出身中学

2017夏甲子園大会メンバーの出身中学一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
1大関 秀太郎投手3栃木 宇都宮市陽南中上三川ボーイズ
2加藤 翼捕手3栃木 日光市今市中県央宇都宮ボーイズ
3七井 祐吏内野手3栃木 芳賀町芳賀中中学軟式
4石戸 智也内野手3栃木 宇都宮市雀宮中県央宇都宮ボーイズ
5中島 淳内野手3群馬 高崎市高南中前橋シニア
6添田 真聖内野手3栃木 日光市今市中栃木下野シニア
7相原 光星外野手3栃木 宇都宮市清原中鹿沼ボーイズ
8鈴木 萌斗外野手3栃木 宇都宮市旭中宇都宮シニア
9大久保 湧史外野手3栃木 日光市大沢中県央宇都宮ボーイズ
10篠原 聖弥控え3栃木 鹿沼市東中鹿沼ボーイズ
11高山 陽成控え2栃木 那須塩原市西那須野中中学軟式
12磯 一輝控え2栃木 上三川町明治中中学軟式
13池沢 快斗控え3栃木 宇都宮市古里中中学軟式
14宇井 健人控え3栃木 鹿沼市北押原中中学軟式
15小田桐 大控え2栃木 宇都宮市陽南中上三川ボーイズ
16丸山 翔平控え3栃木 鹿沼市北押原中
17原田 祐貴控え3栃木 宇都宮市城山中鹿沼ボーイズ
18染谷 凜太郎控え3栃木 宇都宮市陽西中中学軟式

17名が栃木県内中学の出身者です。

栃木県以外の出身中学者の内訳です。

群馬県  1名

県外中学の出身者はほとんどいません。
前チームもそうですが、栃木県内の
有望な選手たちだけで強豪校を維持
しているようです。
よく毎年良いチームを作りますよね。

作新学院高校野球部2016(旧チーム)の出身中学

2016夏の旧チームの出身中学一覧です。

名前位置出身中学シニア等中学所在県
今井 達也投手鹿沼市立西中鹿沼ポニー栃木県
鮎ケ瀬一也捕手真岡市立真岡中真岡ボーイズ栃木県
入江 大生内野手日光市立今市中県央宇都宮ボーイズ栃木県
藤野 佑介内野手宇都宮市立泉が丘中栃木下野シニア栃木県
篠崎 高志内野手宇都宮市立雀宮中栃木県
山本 拳輝内野手前橋市立荒砥中前橋シニア群馬県
碇 大誠外野手日光市立大沢中県央宇都宮ボーイズ栃木県
小林虎太郎外野手宇都宮市立陽北中宇都宮シニア栃木県
山ノ井隆雅外野手宇都宮市宮の原中栃木県
宇賀神陸玖控え宇都宮市立古里中真岡ポニー栃木県
藤沼 竜矢控え下野市立南河内中栃木下野シニア栃木県
仲尾 有矢控え芳賀町立芳賀中栃木県
守谷 拓海控え宇都宮市立陽西中栃木県
水口 皇紀控え宇都宮市立雀宮中栃木県
添田 真聖控え日光市立今市中栃木下野シニア栃木県
鈴木 萌斗控え宇都宮市立旭中宇都宮シニア栃木県
栗原 涼吾控え宇都宮市立陽南中栃木下野シニア栃木県
田代 敬祐控え鹿沼市立北押原中栃木県

作新学院高校の注目選手

大関 秀太郎  172.0cm70.0kg 左投げ左打ち

栃木県宇都宮市陽南中学校では、
上三川ボーイズに所属。

均整の取れた体格から、最速140キロの
速球を投げ込む左腕。

出どころの見づらい投球フォームから、
速球に加え、スライダー・チェンジアップを
有効に活用し、打者のタイミングを外して、
投球を組み立てる。

打者としても4番を任されていて、まさに
チームの大黒柱的な存在。

作新学院の新エースは先輩で日本一に
なった今井達也投手を目標に夏春連覇
に挑戦します。

作新学院高校の監督紹介

小針 崇宏 監督

生年月日:1983年6月22日
出身地 :栃木県生まれ
学歴  :作新学院高校ー筑波大

2000年の春選抜に作新学院高校の2塁手として
出場し、大会ベスト8に進出。
筑波大学に進学し、大学では主将を務めた。

筑波大学を卒業後の2006年4月より、母校の
作新学院高校でコーチを務め、同年9月より、
監督に就任しました。

2009年に31年ぶりに作新学院高校を夏の
甲子園に導き、2011年からは栃木県大会を
6連覇中。

すっかり母校を強豪校に復活させ、
2016年夏には、54年ぶりの全国制覇を
達成しました。
その手腕が高く評価されている監督です。

作新学院高校の紹介

学校作新学院高等学校
所在地〒320-8525
栃木県宇都宮市一の沢1-1-41
創立年1885年(明治18年)
生徒数3426人(女子1470人)
卒業生江川卓       (元プロ野球)
渡辺秀一      (元プロ野球)
柳沼強       (元プロ野球)
落合英二      (元プロ野球)
石井一成        (プロ野球)
今井達也          (プロ野球)

校 歌
作詩:石濱 恒夫 作曲:外山 雄三

光り満ちたり 涯しなき
知恵の流れに いそしみて
はぐくむつばさ ひたすらに
若きこころの あこがれや
作新の風 吹きおこる
我らが愛の 学院に

栃木県宇都宮市にある私立の高校。
生徒数が3000人以上の日本最大級のマンモス校。

進学校でもあり、トップ英進部で偏差値70
クラブ活動も大変さかんで、硬式野球部、軟式野球部、
柔道部、ラグビー部、演劇部など数多くのクラブが
強豪校として知られています。

サッカー・野球などのスポーツ界に加えて
各界に多数の人材を輩出しています。

甲 子 園 成 績
出場回数(春)    10回
(夏)  13回
優勝              3回
準優勝              0回

栃木県を代表する名門校。

甲子園では昭和37年に春夏連覇を達成。
なんといっても江川卓投手が有名ですね。

2016年夏に今井達也投手を擁して、
決勝で北海高校を破って54年ぶりに
全国制覇を成し遂げました。

ニューヒーローとなった今井達也投手
プロ野球でも十分活躍する投手に
なりそうですね。

2017年の新チームはプレッシャーを
跳ねのけて、秋の栃木県大会を優勝
つづく秋季関東大会でも見事優勝を達成。

秋の王者を決める明治神宮大会では、
夏の甲子園準決勝で破った明徳義塾高校
と再戦。

夏の雪辱を期して早くもチーム研究をして
臨んだ明徳義塾の馬淵史郎監督にしてやられ
2-7で敗戦。

2017春選抜大会では2回戦で秀岳館高校との
強豪校対決となりましたが、2-3で惜しくも
敗れ、夏春連覇とはなりませんでした。

甲子園帰りの春季県大会では準優勝。
続く春季関東大会では、明秀日立高校
早稲田実業を破って準決勝に進出。

東海大相模高校には延長の末、敗れましたが
再度高い実力を見せることとなりました。

夏の県大会は7連覇を達成し、甲子園出場を
決めました。

2017夏選手権甲子園結果

2017夏選手権大会 1回戦

123456789
作新学院1000000001
盛岡大付01003000×4

岩手の強豪校である盛岡大付との対戦。
大関秀太郎投手が粘り強く投球しましたが、5回
裏に4本の長短打を浴びて3失点。ただ打線が2安打
と抑え込まれてしまい無念の初戦敗退となりました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメント

  1. 反対私学助成金 より:

    決勝戦は関東地区と関西地区の戦いになりそうですね!純粋関東地区に優勝して欲しいです!ガンバレ作新学院!!

    • 反対私学助成金 より:

      関東地区と関西地区の決勝戦になりそうですね!インチキ高校には負けないで下さい!ガンバレ作新学院!!

      • ラマンダ より:

        どういう意味でインチキ校とか言ってるのかしらないけど、
        作新ナインもあなたのような人に応援されたくはないでしょうね。いい迷惑です。

    • ラマンダ より:

      関東みたいに野球人口が多くて放っておいてもいい選手が集まる地域と
      過疎地域では事情も違うし、学校によっても考え方が違う。純粋関東とかいう思想もひたすら気持ち悪いわ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です