高校野球 第13回選手権大会の優勝は高松商!

シェアしてもらえると嬉しいです!

高校の野球グランド

今回は、高校野球 第13回選手権大会の試合結果

や大会のエピソードなどを書いていきます。

この大会は、昭和2年(1927年)に甲子園球場で

実施されました。

大会期間は、8月13日~8月20日でした。

第13回選手権大会の概略

前年の大正天皇崩御により、大会は国旗に喪章が付けられて開催された。

応援に関しては、地方大会を含めて一切禁止とされました。

しかし、大会は盛り上がりを見せる一方で、指定席券は瞬く間に

完売となった。

大会会場だけではなく、現在のNHK大坂放送局では、管轄管内

だけではあるが、ラジオの実況放送が開始されました。

また、朝日新聞プレヨグラフも大坂、京都の他に神戸にも

登場し、女性のファン増加も多くみられ始めた。

第13回選手権大会の試合データ

1 回 戦

12345678910
札幌一中0000010000
青森師範0001000000
1112
034
001

(札幌一中)岡村ー五十嵐
(青森師範) 鹿内ー成田

123456789
愛知商0301001218
佐賀中0200013006

(愛知商)水谷、高谷、水谷ー服部
(佐賀中) 荒木ー高柳

123456789
大連商0001000023
北野中00000211×4

(大連商)大藤、小松ー小西
(北野中) 小島ー平岡

123456789
鳥取一中0021011409
茨城商0000000101

(鳥取一中)小島ー宮脇
(茨城商) 矢島、塚田、矢島ー仲居

123456789
和歌山中0000000000
鹿児島商02220200×8

(和歌山中)福本ー谷田
(鹿児島商) 神ノ川ー木村

センバツ優勝校の和歌山中は主力がアメリカ遠征で完敗!!

123456789
第一神港商0000001001
高松商20011040×8

(第一神港商)西垣ー倉
(高松商) 水原ー多胡

高松商が大会初の毎回安打達成!!

2 回 戦

123456789
松本商1021121008
京城中0001000001

(松本商)佐藤ー百瀬
(京城中) 小杉ー三輪

123456789
静岡中2010010004
早稲田実00302000×5

(静岡中)上野ー寺田
(早稲田実) 小林ー佐伯

123456789
平安中2200010005
台北商0000000303

(平安中)伊藤ー結城
(台北商) 松野ー老田

123456789
敦賀商0000000000
広陵中01002500×8

(敦賀商)佐田、勝田ー辻
(広陵中) 八十川ー小川

広陵中の八十川投手がノーヒットノーランを達成!!!

123456789
桐生中0000000011
福岡中31000000×4

(桐生中)阿部精ー阿部一
(福岡中) 戸来ー村田

123456789
愛知商07010040012
札幌一中0001001024

(愛知商)高谷ー服部
(札幌一中) 岡村ー五十嵐

123456789
高松商1400110108
北野中0000001001

(高松商)井川ー多胡
(北野中) 小島ー平岡

123456789
鳥取一中0100200003
鹿児島商40000012×7

(鳥取一中)小島ー宮脇
(鹿児島商) 神ノ川ー木村

準 々 決 勝

12345678910
早稲田実0150010000
愛知商2000301100
1112
007
08

(早稲田実)小林ー佐伯
(愛知商) 水谷ー服部

12345678910
福岡中0000000000
高松商0000000000
1112
000
01

(福岡中)戸来ー村田
(高松商) 井川、水原ー多胡

123456789
鹿児島商0010010002
広陵中10003004×8

(鹿児島商)神ノ川ー木村
(広陵中) 八十川ー小川

123456789
松本商0000001506
平安中0000000000

(松本商)佐藤ー百瀬
(平安中) 伊藤ー結城

準 決 勝

12345678910
松本商0200000001
広陵中0000000021
11121314
00003
0004

(松本商)佐藤ー百瀬
(広陵中) 八十川ー小川

123456789
高松商1000000001
愛知商0000000000

(高松商)水原ー多胡
(愛知商) 水谷ー服部

決 勝

123456789
広陵中0000000011
高松商01003001×5

(広陵中)八十川ー小川
(高松商) 水原、井川、水原ー多胡

第13回選手権大会のまとめ

この大会は、四国の名門高松商2年ぶり2回目の優勝

飾りました。後にプロで活躍する水原茂投手の活躍が大きかった。

この大会は、選抜優勝校の和歌山中がアメリカ遠征のために

主力が出場できなかった。

控え選手だけで、予選を勝ち抜いて出場するあたり、とんでもなく

選手層が厚いのには驚いたが、全国大会ではさすがに初戦で

敗退してしまった。

夏の選手権大会が終了後に、『本当に強いのはどっちだ』といった声

が大きくなり、なんと、日本一決定戦が11月6日に寝屋川球場で

実現した。こんなことが本当になってしまうあたり、当時の人気の

凄さがうかがえ知れますね。

試合のほうは、7-4で夏のチャンピオン高松商が勝ったそうです。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です