高校野球 第12回選手権大会戦歴 優勝は静岡中!

シェアしてもらえると嬉しいです!

高校の野球グランド

今回は、高校野球 第12回選手権大会の試合結果

を書いていきます。

この大会は、大正15年(1926年)に甲子園球場で

実施されました。

大会期間は、8月13日~20日

第12回選手権大会の概要

この大会から関東大会が2地区に分けられました。

北関東地区群馬、栃木埼玉に、また南関東地区

茨城、千葉に分け、全体で22地区代表校で開催された。

この大会から、大会歌が一般公募で制定されました。

前年から始まった大坂放送の経過放送も継続された。

大会はますます盛り上がりましたが、ヒートアップ

しすぎて応援が過熱し、もめごとが起こりだした。

これによって、応援団が禁止になってしまいました。

第12回選手権大会の試合結果

1 回 戦

123456789
鳥取一中0103000004
長崎商0020000002

(鳥取一中)小島ー宮脇
(長崎商) 山本ー三浦

123456789
第一神港商2030002018
熊本商0000000000

(第一神港商)西垣ー小柴
(熊本商) 古荘ー藤本

123456789
東山中0110000024
八戸中0020000002

(東山中)松本ー加藤
(八戸中) 中山ー藤井

123456789
大連商2000000103
浪華商0000002002

(大連商)円城寺ー桜井
(浪華商) 中田ー伊丹

123456789
愛知商1000000304
和歌山中20010201×6

(愛知商)水谷、浅井ー友松
(和歌山中) 小川ー高橋

和歌山中の小川投手が毎回の全員奪三振を記録!!

123456789
柳井中0000000000
早稲田実01200000×3

(柳井中)清水ー加島
(早稲田実) 高橋ー加瀬

早稲田実の高橋投手が全員奪三振を記録!!

2 回 戦

123456789
鳥取一中0000130004
盛岡中0100000001

(鳥取一中)小島ー宮脇、平井
(盛岡中) 山田ー吉田

123456789
前橋中1000401006
第一神港商0000000101

(前橋中)丸橋ー片桐
(第一神港商) 西垣、山下、西垣ー小柴

123456789
東山中0000000000
高松中41203300×13

(東山中)松本ー加藤
(高松中) 那須ー佐藤

123456789
敦賀商1010000002
大連商20010001×4

(敦賀商)荒木ー辻
(大連商) 円城寺ー桜井

123456789
和歌山中11047030016
台北商0000001203

(和歌山中)小川、土井ー高橋
(台北商) 浅尾、松野、浅尾ー小川

123456789
静岡中0201010149
早稲田実0000001012

(静岡中)上野ー福島
(早稲田実) 小林、高橋ー加瀬

123456789
新潟商0001023039
千葉師範0020000204

(新潟商)西山、内川ー奥村
(千葉師範) 渋谷ー吉野

123456789
旭川商0000003418
京城中52030060×16

(旭川商)高橋ー佐々木正
(京城中) 小杉ー横山

旭川商の高橋投手が毎回奪三振を記録!!

準 々 決 勝

123456789
和歌山中4023000009
鳥取一中0000030003

(和歌山中)小川ー高橋
(鳥取一中) 小島ー宮脇

123456789
京城中0100000203
大連商07500410×17

(京城中)小杉、岩城、小杉、岩城ー横山
(大連商) 円城寺、沖原、円城寺ー桜井

12345678910
前橋中3002000000
静岡中0001000400
111213141516171819
0000000005
000000006

(前橋中)丸橋ー片桐
(静岡中) 上野ー福島

延長19回の大接戦を静岡中が制す!!

123456789
新潟商11000002
高松中02200015

(新潟商)西山ー奥村
(高松中) 那須ー佐藤

初の日没7回コールドゲームが成立

準 決 勝

123456789
高松中0010000001
静岡中20000102×5

(高松中)那須ー佐藤
(静岡中) 上野ー福島

123456789
大連商0000010001
和歌山中0000000000

(大連商)円城寺ー桜井
(和歌山中) 小川ー高橋

和歌山中の小川投手がなんと8連続奪三振を記録!!

決 勝

123456789
静岡中0001000012
大連商0100000001

(静岡中)上野ー福島
(大連商) 円城寺ー桜井

第12回選手権大会のまとめ

この大会は、3年連続3回目の出場だった静岡の静岡中(現静岡高校)が

優勝しました。

大正時代最後の大会となった同大会は、地区予選から波乱が相次いで、

強豪校が姿を消していった。

本大会に入っても、早稲田実・第一神港商・和歌山中といった前評判の高かった

学校が次々に負けてしまった。

そんななかで、準々決勝では当時最長の延長19回の試合を制した

静岡中がスルスルと勝ち上がり、静岡県に真紅の大優勝旗を持ち帰った。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です