寺島成輝(ヤクルトスワローズ)のプロフィールや出身中学紹介

野球グラブと硬球注目選手

寺島成輝選手は履正社高校出身の投手で
高校卒業後はドラフト1位指名でヤクルト
スワローズに入団しています。

高校3年時には激戦の大阪大会を制して、
夏の甲子園大会に出場。優勝候補でしたが、
3回戦で敗れています。注目度の高い寺島
選手のプロフィールや出身中学などを調べて
みました。また、どんな投手なのか、球種
や球速のも触れていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

寺島成輝選手のプロフィール情報

名前寺島成輝(てらしまなるき)
生年月日1998年7月30日
出身地大阪府
身長/体重183cm/90kg
投打左投げ左打ち
ポジション投手

激戦区大阪で、幾度も大阪桐蔭と
対戦して惜敗していましたが、3年夏に
ようやく甲子園に出場しました。体格は恵まれ
いて、世代No.1投手の呼び声が高かったです。

寺島成輝選手の球歴・出身中学

大阪府の出身ですが、2歳の時に東京に一時
移っています。野球を始めたのは、なんと
幼稚園の終わりに国分寺スカイホークスに所属。
野球を始めたのは早いですね。その後、小学3年
時に大阪に戻って、小学4年生時に茨木リトル
入団。投手を始めるようになったのはこの頃から
だそうです。
投手として大物感がたっぷりで、小学生の中で、
一人だけ中学生が投げているようだったそう。

中学は地元大阪の茨木市立東中学校。そこで、
簑面ボーイズに所属。中学3年時には日本代表に
選出され、この世代のエースとして出場した
2013世界少年野球大会で優勝を経験。

ここで特に注目が集まって、全国の強豪私学高校
が勧誘を始めました。寺島成輝投手が進学した高校が
強くなるだろうと言われていました。そんな中で、
寺島選手が選択したのは地元大阪の履正社高校でした。

履正社高校は、彼が入学した春のセンバツ大会で準優勝
に輝いていました。この時活躍したチームには一年先輩
の2枚看板として溝田悠人投手と永谷暢章投手がいました。

2人ともプロが注目する投手でしたが、この年の秋には、
エースナンバーを獲得。このあたりからも彼のすごみが
垣間見えます。

寺島成輝選手の球種や球速

寺島成輝選手は速球・スライダー・カーブ・チェンジアップ・
フォーク・カットボールを駆使して投球します。速球は最速
150キロです。コントロールもいいので、大変攻略しずらい投手
です。

プロ野球では度重なる怪我で初勝利が4年目となりましたが、
今後も活躍が期待されます。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました