前橋育英高校野球部 2017メンバーの出身中学や注目選手紹介!!

シェアしてもらえると嬉しいです!

無人のグランド

夏の甲子園大会も終わり、新チームの

秋季大会がスタートしています。

気持新たに来春の選抜高校野球大会に向けて、

高校野球好きとしてはワクワクしますね。

毎年注目される有名強豪校について、

主な中心選手の出身中学などを調べて

みました。

一応旧チームのデータも残してあります。

少し紛らわしいかもしれませんが。。。

今回は群馬の強豪校である

前橋育英高校 です。

前橋育英野球部2017の出身中学

2016秋の新チームの出身中学(シニア等)の一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
吉澤 悠投手2群馬 渋川市古巻中
戸部 魁人捕手2群馬 桐生市相生中前橋桜ボーイズ
小池 悠平内野手1群馬 桐生市川内中
黒澤 駿太内野手2高崎中央ボーイズ
飯島 大夢内野手2群馬 館林市第一中館林ボーイズ
堀口 優河内野手2群馬 高崎市佐野中高崎中央ボーイズ
飯塚 剛己外野手2
丸山 和郁外野手2群馬 高崎市倉渕中
皆川 喬涼外野手2群馬 館林市第四中
10根岸 崇裕控え2群馬 館林市第二中
11木島 佑起控え2
12市川 龍之信控え2群馬 高崎市並榎中
13原田 捷敏控え2群馬 高崎市高南中
14鈴木 志音控え2群馬 甘楽町第一中
15市川 直之控え2
16北原 翔控え1上州ボーイズ
17川端 優希控え2
18八木 駿介控え2群馬 前橋市箱田中

12名が群馬県内中学の出身者です。

※出身中学が調べきれなかった方は
わかり次第追記していきます。

県外中学の出身者は例年あまりいません。
私学の強豪校ではありますが、県内中学
の選手が中心となってチーム作りが
行われているようです。強豪校維持は
県内から有望な選手が集まっているのでしょう。

前橋育英野球部2016(旧チーム)の出身中学

2016夏の旧チームの出身中学(シニア等)の一覧です。

名前位置出身中学出身シニア等中学所在県
佐藤 優人投手下仁田町立下仁田中富岡ボーイズ群馬県
森田 健斗捕手渋川市立北橘中群馬県
伊藤 雄大内野手藤岡市立北中前橋シニア群馬県
長谷川涼太内野手安中市立第二中群馬県
飯島 大夢内野手館林市立第一中館林ボーイズ群馬県
小川 龍成内野手館林市立多々良中館林ボーイズ群馬県
石川 塁翔外野手太田市立北中太田ボーイズ群馬県
丸山 和郁外野手高崎市立倉渕中群馬県
浅見 悠大外野手高崎市立片岡中群馬西毛ボーイズ群馬県
吉沢 悠控え渋川市立古巻中群馬県
皆川 喬涼控え館林市立第四中群馬県
大和 優吏控え伊勢崎市立第二中群馬県
今井 聖人控え高崎市立高松中群馬県
高橋 亮成控え沼田市立利根中群馬県
島崎 悠控え足利市立第三中足利シニア栃木県
堀口 優河控え高崎市立佐野中高崎中央ボーイズ群馬県
黒田 幸希控え高崎市立箕郷中高崎中央ボーイズ群馬県
三ツ井朋大控え沼田市立沼田中群馬県

前橋育英高校の注目選手

吉澤 悠  174.0cm 63.0kg 右投げ右打ち
群馬県渋川市古巻中学校の出身。

投手として身長は高くないが、最速144キロの速球を
投げ込む右腕。

2016夏の甲子園に出場した前チームでも
リリーフ投手として活躍した。春季関東大会王者
として臨んだ甲子園だったが、嘉手納高校の打線
を止められず、自身もほろ苦い甲子園デビュー
となった。

新チームではエースナンバーを獲得。
得意の速球と変化球によりキレが増していけば、
もっと成長しそうな選手。

根岸 崇裕  191.0cm 77.0kg 右投げ右打ち
群馬県館林市第二中学校の出身。

投手として大変恵まれた体格から、最速140キロ
の速球を投げ込む右腕。

通常は130キロ台の速球主体ではあるが、
長身から投げおろすので球に角度がある。

素材はすばらしいので成長すれば、すごい選手
になりそう。

前橋育英高校の紹介

学校前橋育英高等学校
所在地〒371-0832
群馬県前橋市朝日が丘町13番地
創立年1962年(昭和37年)
生徒数1626人(女子)916人
卒業生西澤洋介  (元プロ野球)
廣神聖哉  (元プロ野球)
高橋光成  (プロ野球)
山口素弘  (元プロサッカー選手)
青木拓矢  (プロサッカー選手)
細貝萌   (プロサッカー選手)

群馬県前橋市にある私立高校。
大変生徒数の多いマンモス校。

クラブ活動は盛んで、サッカー部と
野球部は特に全国的に大変有名で
強豪校として知られている。

進学にも力を入れて、特進選抜コースの
偏差値は64
多くのプロサッカー選手を中心に
多彩な能力を持った方々が卒業生として
色々な方面で活躍されています。

甲 子 園 成 績
出場回数(春)   1回
(夏)   2回
優勝                1回
準優勝                0回

激戦の群馬県に属しているので
出場回数は少ないが、記憶の新しいところで、
平成25年夏の選手権で初出場で初優勝を
成し遂げている。

2016年は春季県大会で優勝。

春季関東大会でも、選抜出場の花咲徳栄高校、
関東一高校を破って決勝に進出。
決勝は、優勝候補の横浜高校と対戦。
ここでも見事な戦いぶりで5-1で完勝し
春の関東チャンピオンに輝いた。

勢いに乗って夏の甲子園出場したが、
沖縄の嘉手納高校に逆転負けして、
前評判の実力を発揮出来なかった。

この秋の新チームも高い総合力で
秋季関東大会でベスト4に進出

2017春の選抜出場をほぼ確実に
しています。

再度甲子園での活躍を期待しています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です