日本文理高校野球部 2018メンバーの出身中学や注目選手紹介!!

シェアしてもらえると嬉しいです!

野球グランドのホーム

夏の甲子園大会が終了し、高校野球は

2018新チームへと代替わりしています。

2018選抜大会に向けて秋季大会が始まり、

ファンとしても新たな気持ちで再スタート

ですね。

そこで毎年注目される有名強豪校について、

主なメンバーの出身中学などを調べて

みました。

一応旧チームのデータも残してあります。

少し紛らわしいかもしれませんが。。。

今回は新潟の強豪校である

日本文理高校 です。

日本文理野球部2018の出身中学

2017秋季県大会メンバーの出身中学一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
1新谷 晴投手2富山 氷見市北部中中学軟式
2坂井 元気捕手2新潟 阿賀野市水原中
3上野 孝統内野手2福島 会津若松市第三中
4米山 滉人内野手2新潟 新潟市坂井輪中新潟西シニア
5相場 一成内野手2新潟 新潟市巻東中新潟西シニア
6長坂 陽内野手1新潟 柏崎市第三中柏崎シニア
7堀口 快外野手2群馬 太田市強戸中太田ボーイズ
8先川 大智外野手2新潟 新発田市猿橋中新発田シニア
9澤村 昇太外野手2東京 東久留米市下里中
10鈴木 裕太控え2新潟 新潟市小針中新潟シニア
11南 隼人控え1新潟 新潟市黒埼中
12佐藤 旭控え2新潟 見附市西中
13山田 晋平控え2新潟 十日町市下条中
14渡部 竜斗控え2新潟 新潟市石山中
15藤石 和寿控え2新潟 新潟市内野中
16吉岡 李恩控え2三重 津市橋南中三重ゼッツヤング
17小林 周控え2東京 江戸川区小岩第二中東京江戸川ボーイズ
18小林 郁望控え2新潟 新潟市関屋中

12名が新潟県内中学の出身者です。

新潟県以外の出身中学者の内訳です。

東京都  2名

福島県  1名

富山県  1名

群馬県  1名

三重県  1名

県外中学の出身者は近郊圏を中心に
若干多めです。
『全国制覇』
『never give up』
『for the team』
をスローガンに掲げて、日々練習に
取り組んでいるそうです。

日本文理野球部2017の出身中学

2017夏甲子園大会メンバーの出身中学一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
1稲垣 豪人投手3富山 黒部市桜井中
2牧田 龍之介捕手3新潟 新潟市小針中新潟江南シニア
3松木 一真内野手3新潟 上越市直江津中
4寺杣 直泰内野手3東京 武蔵野市第四中調布シニア
5堀内 真森内野手3新潟 新潟市曽野木中新潟シニア
6笠原 遥也内野手3新潟 新発田市豊浦中新発田シニア
7長谷川 大外野手3新潟 新潟市黒埼中
8飯田 涼太外野手3茨城 土浦市都和中つくばヤングBBC
9川村 啓真外野手3富山 黒部市桜井中
10西村 勇輝控え3新潟 燕市燕中新潟シニア
11新谷 晴控え2富山 氷見市北部中
12堤 俊輔控え3新潟 長岡市東北中長岡シニア
13永田 翔也控え3兵庫 伊丹市松崎中宝塚ボーイズ
14倉川 悟控え3東京 日野市大坂上中東光寺クラブ
15星野 稜控え3埼玉 加須市加須西中
16吉川 龍控え3新潟 柏崎市第三中
17原田 航汰控え3新潟 新潟市巻東中
18鈴木 裕太控え2新潟 新潟市小針中新潟シニア

日本文理高校の注目選手

鈴木 裕太  182.0cm85.0kg 右投げ右打ち

新潟県新潟市小針中学校では、
新潟シニアに所属。

中学3年時には全国大会出場を経験。

日本文理高校入学後1年春よりベンチ入り。
思うように調子が上がらず1年夏はベンチ
外になったが、1年秋に復活。

非常に恵まれた体格から、最速148キロの
速球を投げ込む本格派右腕。

オーソドックスな投球フォームで上手から
スライダー、カーブなどの変化球と速球を
組み立てて投球する。

2017夏の甲子園ではマウンドも経験。
投球フォームなどを解説者の方に
指摘されていましたが、荒削りな個所
を修正していけば、制球力がつき、
よりいい投手になりそうです。

日本文理高校を引退した注目選手

川村 啓真  172.0cm 79.0kg 右投げ左打ち

富山県黒部市桜井中学校では、
軟式野球部に所属。

野球センスに溢れたパンチ力のある打撃をする。
名門日本文理高校で1年生で4番に座ったほどの
スラッガー。

捕手としても才能があるが、打撃専念で外野手
にコンバートしています。

高校通算30本以上の本塁打を打っており、
プロ注目のドラフト候補選手です。

堤 俊輔  173.0cm84.0kg 右投げ左打ち

新潟県長岡市立東北中学校では、
長岡シニアに所属。

リトルシニア日本代表に選出され、
オーストラリアへの遠征を経験。
左右に打ち分けるバランスに良い好打者。

日本文理高校に入学後は高い能力が期待
されたが怪我で戦線離脱。
怪我から復帰後、前チームでは正捕手
としてレギュラー獲得。

日本文理高校の紹介

学校日本文理高等学校
所在地〒950-2035
新潟県新潟市西区新通1072
創立年1984年(昭和59年)
生徒数840人(女子325人)
卒業生飯塚悟史   (プロ野球)
高橋洸    (プロ野球)
横山龍之介 (元プロ野球)
吉田篤史  (元プロ野球)
本間忠   (元プロ野球)
渡辺真弓  (陸上選手)

校 歌
作詩:三浦 勇助 作曲:糸井 正博

越後の平野 蒼穹はるか
夢呼ぶ風に 流れあり
青雲万里 翔ぶ彼方
四季の試練を 越え行かん
ここに吾れ在り
日本文理高等学校

新潟県新潟市にある私立の高校。

クラブ活動が大変さかんな学校で
野球部を筆頭に陸上部・水泳部・
柔道部なども全国大会に出場して
います。また文化部としては、
吹奏学部が強豪校として知られて
います。

施設は大変充実していて5階建て校舎、
8階建ての中央棟があり、 中央棟には
図書館、視聴覚室、情報処理室、大講義室
など全教室にエアコンが完備。
クラブの部室・食堂、シャワー室も完備
しているそうです。

普通科は特進コース・進学コース・
一般コースに分かれています。

特に特進コースからは新潟大学を
はじめとして、東京6大学などに
進学実績があります。

多彩な能力を持った方々が卒業生
として色々な方面で活躍されています。

甲 子 園 成 績
出場回数(春)   5回
(夏)   9回
優勝            0回
準優勝            1回

新潟県の強豪校。
2017夏の甲子園出場を加えて合計
14回の出場回数を誇ります。

すっかり甲子園の常連となり、
弱小県と言われていた新潟県を
日本文理高校が大きくイメージ
を変えました。

特に印象深いのは、平成21年夏の
準優勝です。

新潟県勢初の決勝進出もすごかったですが、
名門中京大中京高校にあと一歩まで迫った
9回2アウトからの反撃は球史に残る名勝負で
語り継いでいかれますね。

また感動的な試合を甲子園で見たいです。

2017夏選手権甲子園結果

2017夏選手権大会 1回戦

123456789
日本文理2500000209
鳴門渦潮0021000115

日本文理は鳴門渦潮の先発河野成季投手を捕え、
2本の本塁打などで2回までに7点を先制。
先発した鈴木裕太投手は速球が145キロを超える
投球でしたがやや制球に苦しみ3回に降板。
2番手新谷晴投手も少し制球に苦しみ、追い上げ
られる展開。3番手のエース稲垣豪人投手が安定
した投球で相手打線を食い止め、初戦突破です。

2017夏選手権大会 2回戦

123456789
日本文理0000000000
仙台育英01000000×1

強打線を売りにしているチーム同士の対決
でしたが、試合はしびれる様な投手戦と
なりました。日本文理の先発稲垣豪人投手
は強打の仙台育英打線を6安打に抑え粘り
強い投球。2回の失点も1死1,3塁の場面で
の内野ゴロの間に取られたもの。
9回のチャンスではあの中京大中京との決勝戦
を思い出させるものでしたが、惜しくも1点
に泣き、日本文理を強豪校に育て上げた
大井道夫監督の勇退試合になりました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメント

  1. smsm より:

    準優勝0回になってますわ。

    • 野球飛行 野球飛行 より:

      smsmさん
      ご訪問有難うございます。
      早速修正させていただきました。
      ご指摘ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です