横浜高校野球部 2018メンバーの出身中学や注目選手紹介!!

シェアしてもらえると嬉しいです!

甲子園のアルプススタンド

夏の甲子園大会が終了し、高校野球は

2018新チームへと代替わりしています。

2018選抜大会に向けて秋季大会が始まり、

ファンとしても新たな気持ちで再スタート

ですね。

そこで毎年注目される有名強豪校について、

主なメンバーの出身中学などを調べて

みました。

一応旧チームのデータも残してあります。

少し紛らわしいかもしれませんが。。。

今回は神奈川の名門校である

横浜高校 です。

横浜高校野球部2018の出身中学

2017秋季県大会メンバーの出身中学一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
1板川 佳矢投手2栃木 野木町野木中中学軟式
2吉原 大稀捕手1北海道 旭川市明星中旭川大雪ボーイズ
3内海 貴斗内野手1神奈川 横浜市末吉中世田谷西シニア
4齊藤 大輝内野手2神奈川 横浜市六ツ川中戸塚シニア
5山崎 拳澄内野手2神奈川 横須賀市野比中中本牧シニア
6武川 康太内野手2神奈川 横浜市汲沢中中本牧シニア
7長南 有航外野手2栃木 佐野市田沼西中佐野シニア
8万波 中正外野手2東京 練馬区開進第二中東練馬シニア
9小泉 龍之介外野手1福井 越前市武生第二中鯖江ボーイズ
10及川 雅貴控え1千葉 匝瑳市八日市場第二中匝瑳シニア
11黒須 大誠控え1福島 いわき市中央台北中いわきボーイズ
12河原木 皇太控え2神奈川 茅ヶ崎市萩園中寒川シニア
13明沢 一生控え1神奈川 横浜市東鴨居中中学軟式
14森山 翔太控え1神奈川 横浜市金沢中横浜南ボーイズ
15伊木 拓弥控え1千葉 市川市下貝塚中江戸川中央シニア
16遠藤 圭吾控え2神奈川 横須賀市池上中横浜港ボーイズ
17土生 翔太控え2神奈川 横浜市領家中横浜泉中央ボーイズ
18戸塚 涼控え2神奈川 平塚市浜岳中寒川シニア
19山口 海翔控え1神奈川 川崎市向丘中横浜青葉ボーイズ
20角田 康生控え2栃木 上三川町明治中栃木下野シニア
21竹之内 祐大控え2神奈川 横浜市領家中横浜泉中央ボーイズ
22樋口 太郎控え2東京 大田区馬込東中世田谷西シニア

12名が神奈川県内中学の出身者です。

神奈川県以外の出身中学者の内訳です。

栃木県  3名

東京都  2名

千葉県  2名

北海道  1名

福島県  1名

福井県  1名

県外からの入学者は意外に少ないですが、
中学時代から実績のある有名な選手が
全国から入学しています。
県内出身の有望な選手と合わせて、毎年
ハイレベルなチーム作りがされています。

横浜高校野球部2017の出身中学

2017夏甲子園大会メンバーの出身中学一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
1板川 佳矢投手2栃木    野木町野木中中学軟式
2福永 奨捕手3神奈川 横浜市上菅田中戸塚シニア
3市村 拓巳内野手3神奈川 横浜市金沢中横浜南ボーイズ
4齊藤 大輝内野手2神奈川 横浜市六ツ川中戸塚シニア
5山崎 拳澄内野手2神奈川 横須賀市野比中中本牧シニア
6遠藤 圭吾内野手2神奈川 横須賀市池上中横浜港ボーイズ
7長南 有航外野手2栃木    佐野市田沼西中佐野シニア
8増田 珠外野手3長崎    長崎市淵中長崎シニア
9万波 中正外野手2東京    練馬区開進第二中東練馬シニア
10塩原 陸控え3神奈川 横浜市大綱中都筑中央ボーイズ
11及川 雅貴控え1千葉    匝瑳市八日市場第二中匝瑳シニア
12辻村 裕紀控え3静岡    三島市中郷西中裾野シニア
13内海 貴斗控え1神奈川 横浜市末吉中世田谷西シニア
14武川 康太控え2神奈川 横浜市汲沢中中本牧シニア
15吉原 大稀控え1北海道 旭川市明星中旭川大雪ボーイズ
16黒須 大誠控え1福島    いわき市中央台北中いわきボーイズ
17奥村 京平控え3岐阜    可児市西可児中瀬戸シニア
18小泉 龍之介控え1福井    越前市武生第二中鯖江ボーイズ

横浜高校の注目選手

万波 中正 188.0cm 90.0kg 右投げ右打ち

東京都練馬区開進第二中学校では、
東練馬シニアに所属。

恵まれた体格をした強打者。中学時代は
投手だったが横浜高校では外野手兼投手
もこなします。

関東一高出身のオコエ選手を思わせるハーフ。
父親はコンゴ共和国出身、母親は日本人。

運動能力はずば抜けていて、中学時代は
陸上部との二刀流。
中学1年時は100mハードルで東京都大会
4位。3年時は砲丸投げで東京都大会優勝。

横浜高校では1年春からベンチ入りをして
いて、2016夏の甲子園でもメンバー入り
しています。

下級生ながら前チームでは中心選手として
活躍し、本塁打は高校通算22本打っています。

2017夏の甲子園ではマウンドにも立っています。

2018新チームでももちろん中心選手として
大変注目度が高く、来季のドラフト候補です。

長南 有航 183.0cm77.0kg 右投げ左打ち

栃木県佐野市田沼西中学校では
佐野シニアに所属。

均整のとれた体格に恵まれたスラッガー。
横浜高校入学後のデビュー戦2打席目で
ホームラン。
左打席に入った時の立ち姿は大物感漂う
雰囲気があり、1年生とは思えません
でした。
鋭いフルスイングで高校通算11本塁打を
打っています。

大きな体ですが、足も速くリードオフマン
として横浜高校を引っ張ります。

プロ注目の来季ドラフト候補です。

及川 雅貴  182.0cm 71.0kg 左投げ左打ち

千葉県匝瑳市八日市場第二中学校では、
匝瑳シニアに所属。

恵まれた体格から最速143キロの速球を
投げ込む左腕。
変化球はスライダー・チェンジアップ・
カーブなどを織り交ぜます。

小学6年時、千葉ロッテマリーンズジュニア
2013に選抜合格しメンバー入りしています。

中学時代もエースとして匝瑳シニアで活躍し、
3年時には福島県いわき市で開催された第3回
WBSC U-15ベースボールワールドカップの
日本代表に選出されています。
この大会でもエースとして落ち着いたマウンド
さばきで勝利に貢献しています。

この活躍により全国の約30もの強豪校から
誘いを受けたが、名門の横浜高校に入学。

横浜高校でも入学間もない1年春にベンチ入り
をしています。ベンチ入りしただけではなく
なんと決勝戦の東海大相模戦で先発登板して
います。
結果はほろ苦いデビューとなりましたが、
その後も2017夏の甲子園でもベンチ入りを
果たし秀岳館高校戦でリリーフとして登板。
3回を1安打無失点で甲子園デビュー。

今後の活躍が大変期待される投手です。

横浜高校を引退した注目選手

福永 奨 177.0cm 78.0kg  右投げ右打ち

神奈川県横浜市上菅田中学校では、
戸塚シニアに所属。

戸塚シニアでは主将を務め、打順は
4番で捕手としても活躍しました。

中学3年時に2014リトルシニア
全米選手権で日本代表に選出されて
います。

輝かしい実績を掲げて横浜高校に入学。
実力は認められ1年春からベンチ入り。
1年秋にはレギュラーの座も掴んでいます。

2年時からは控えに回ることが多くなったが
試合には多く出場し、2年の夏には甲子園も
経験。

強肩強打の捕手として、新チームでは
主将を務める。まさに名門横浜高校の
中心選手。
プロ注目のドラフト候補です。

増田 珠 178.0cm 79.0kg  右投げ右打ち

長崎県長崎市淵中学校では、
長崎シニアに所属。

長崎シニアでは投手兼外野手として
活躍した。

中学3年時にメキシコで開催された
第2回IBAF 15Uワールドカップに
日本代表として選出されました。

大会は7位で終わったが、日本代表
の主将を務め、全試合4番レフトで
出場しています。

九州長崎県からすばらしい中学での
実績を掲げて横浜高校に入学。
実力は認められ1年春からベンチ入り。

1年夏に主に1番打者としてレギュラーの
座を獲得。すばらしい打撃センスで活躍。

しかし1年秋から右手首痛に悩まされ、
結果的に疲労骨折であることが判明し、
2年の夏まで戦線離脱。

復帰した2年夏の神奈川県大会では大いに
活躍し、横浜高校の甲子園出場に貢献。

甲子園でも主軸の3番を務め、東北高校戦、
履正社高校戦に出場しています。

2017夏の県大会では4戦連発の本塁打で
新記録を達成。

2017夏の甲子園では思うような打撃が
できませんでしたが、U-18ワールドカップ
のメンバーに選出され、大会に出場して
います。

左右に打ち分ける打撃センスはもちろんの
こと、好返球で守備もうまく、足も速い。
プロ注目のドラフト候補選手です。

横浜高校の監督紹介

平田 徹 監督

生年月日:1983年5月10日
出身地 :神奈川県生まれ
学歴  :横浜高校ー国際武道大学卒

高校時代は夏の甲子園に2回出場している。
2001年夏の甲子園では名門校の主将として
ベスト4まで勝ち上がり活躍しました。

大学でも野球を継続し、大学卒業後は
2006年に母校である横浜高校のコーチに
就任。

2010年には部長だった小倉清一郎氏が定年
を迎え、後を継いで部長に就任した。

2015年秋に名将だった渡辺元智監督が終身
名誉監督に就任することに伴って、同校の
監督に就任しました。

選手の自主性を重んじてチーム作りを
スタートし、2016夏の甲子園に自身が監督
として初めて導いた。

横浜高校の紹介

学校横浜高等学校
所在地〒236-0053
横浜市金沢区能見台通46-1
創立年1942年(昭和17年)
生徒数1127人
卒業生愛甲 猛   (元プロ野球)
多村仁志   (プロ野球)
松坂大輔   (プロ野球)
涌井秀章   (プロ野球)
筒香嘉智   (プロ野球)
淺間大基   (プロ野球)
藤平尚真   (プロ野球)

校  歌
作詞:尾山篤二郎
作曲:箕作 秋吉

朝日直射す 富岡の阜
紺碧の波 額に迫る
屏風ヶ浦の 絶崖を隔て
東洋一の商港 横浜
世界をつなぐ海を朝夕
目に眺めつつ 勤み学ぶ
希望あれ 輝け 横浜高校 横浜高校

神奈川県横浜市にある中高一貫の私立男子校。
生徒数が1000人を超えるマンモス校。

スポーツの強豪校として知られているが、
現在では進学にも力を入れていて、
特進コース、文理コースを設置している。
特進コースの偏差値が52

クラブ活動も大変盛んで、硬式野球部の他に
アーチェリー部、バドミントン部、剣道部
など、多くの競技で全国的な強豪校として
知られている。

卒業生もプロ野球選手を中心に各界に
著名な人材を送り込んでいる。

甲 子 園 成 績
出場回数(春)    15回
(夏)    17回
優勝        5回
準優勝        1回

神奈川県を代表する名門中の名門校。
多くのスター選手を輩出し甲子園5度
の優勝を成し遂げている。

1998年には松坂大輔投手を擁して、
春夏連覇に国体と明治神宮大会優勝の
唯一の4冠を達成している。

2016年夏の旧チームは優勝候補に挙げられ
ながら2回戦で履正社高校との東西横綱対決
に敗れて、無念の大会となりました。

2017夏選手権甲子園結果

2017夏選手権大会 1回戦

123456789
秀岳館3010002006
横浜0000103004

1回戦屈指の好カードとなりました。
秀岳館に先制を許して試合の主導権を握られ
思ったような試合展開に持ち込めませんでした。
秀岳館の2枚看板川端健斗、田浦文丸投手の前に
自慢の打線が4安打に抑えられたのが痛かった
です。しかし7回裏にキャプテン福永奨選手の
3ラン本塁打で点差を詰め、流れも横浜高校に
向きかけました。1年生の及川雅貴投手が好投し、
小泉龍之介選手が先発出場。良い返球がありまし
た。来年はもっと強くなりそうですね。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメント

  1. ああ より:

    出身中学、クラブはわかるけど、出身地ってどういう意味?
    定義の曖昧な言葉を使うのはやめたほうがいいんじゃないの?

    • 野球飛行 野球飛行 より:

      ああさん 
      ご訪問ありがとうございます。

      確かに出身地の表現はあまり良くないですね。
      あまり深く考えていませんでした。

      今後は言葉を変えるか、使用しないでいこうと
      思います。
      ご指摘ありがとうございました。

  2. […] 横浜高校野球部 2016メンバーの出身中学と新入生情報! –.. […]

  3. 横キチ より:

    校歌の中の一行目の「紺」か「紺碧」だから、1行下げるべきですよ。

    • 野球飛行 野球飛行 より:

      横キチさん
      ご訪問ありがとうございます。
      ご指摘の箇所訂正しました。
      有名な校歌なのにすいませんでした。

      また気になることがありましたら
      ご指摘して頂くとありがたいです。
      今後ともよろしくお願い致します。

  4. 横キチ より:

    「紺」かではなく、「紺」はでした。訂正します。

  5. 武相OB より:

    横浜高等学校の健闘を祈る。神奈川制覇。全国制覇。頑張れヨコ校。
    yokokoヨコ校。頑張れーーーーーーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です