星稜高校野球部 2018メンバーの出身中学や注目選手紹介!!

シェアしてもらえると嬉しいです!

野球観戦ベンチ

夏の甲子園大会が終了し、高校野球は

2018新チームへと代替わりしています。

2018選抜大会に向けて秋季大会が始まり、

ファンとしても新たな気持ちで再スタート

ですね。

そこで毎年注目される有名強豪校について、

主なメンバーの出身中学などを調べて

みました。

一応旧チームのデータも残してあります。

少し紛らわしいかもしれませんが。。。

今回は石川の強豪校である

星稜高校 です。

星稜高校野球部2018の出身中学

2017秋季北信越大会メンバーの出身中学一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
1奥川 恭伸投手1石川 かほく市宇ノ気中中学軟式
2山瀬 慎之助捕手1石川 かほく市宇ノ気中中学軟式
3福本 陽生内野手1東練馬シニア
4佐々井 光希内野手2兵庫 三田市ゆりのき台中三田シニア
5南保 良太郎内野手2石川 星稜中中学軟式
6東海林 航介内野手1石川 星稜中中学軟式
7平野 慎太郎外野手2石川 金沢市野田中金沢シニア
8鯰田 啓介外野手2石川 宝達志水町宝達中石川ボーイズ
9竹谷 理央外野手2石川 小松市松陽中中学軟式
10国本 憲辰控え2京都 京都市洛南中京都南山城ボーイズ
11山口 来聖控え2石川 金沢市兼六中
12西岡 秀太控え2富山 氷見市北部中中学軟式
13河村 俊平控え2石川 星稜中中学軟式
14河井 陽紀控え2石川 星稜中中学軟式
15岡田 大響控え1石川 星稜中中学軟式
16竹中 健太控え2
17山本 伊織控え1
18佐藤 海心控え2

11名が石川県内中学の出身者です。

※空白欄が多くてすいません。

石川県以外の出身中学者の内訳です。

京都府  1名

富山県  1名

兵庫県  1名

県外中学の出身者は少なめです。
付属の星稜中学校出身も多いので、
もう少し多いかもしれませんが、
例年石川県内の中学出身の選手たちで
チーム編成をしているようです。

星稜高校野球部2017の出身中学

2017夏季県大会メンバーの出身中学一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
1清水 力斗投手3石川 宝達志水町志雄中中学軟式
2川岸 正興捕手3石川 金沢市額中
3寺西 建内野手3石川 能美市根上中中学軟式
4木倉 朋輝内野手3石川 星稜中中学軟式
5南保 良太郎内野手2石川 星稜中中学軟式
6若宮 颯内野手3石川 星稜中中学軟式
7前野 瑞希外野手3石川 星稜中中学軟式
8鯰田 啓介外野手2石川 宝達志水町宝達中石川ボーイズ
9竹谷 理央外野手2石川 小松市松陽中中学軟式
10宮井 健成控え3石川 星稜中中学軟式
11福田 隆太控え3石川 星稜中中学軟式
12山岸 寛太控え3石川 白山市鶴来中白山シニア
13小倉 一優控え3石川 小松市板津中
14坂本 龍平控え3石川 志賀町富来中
15向川 陸斗控え3石川 星稜中中学軟式
16所村 武蔵控え3石川 星稜中中学軟式
17西岡 秀太控え2富山 氷見市北部中中学軟式
18奥川 恭伸控え1石川 かほく市宇ノ気中中学軟式
19国本 憲辰控え2京都 京都市洛南中京都南山城ボーイズ
20北野 港斗控え3福井 永平寺町松岡中永平寺シニア

星稜高校の注目選手

竹谷 理央  173.0cm 78.0kg 右投げ左打ち

石川県小松市松陽中学校では
軟式野球部に所属。

均整のとれた体格で最速140キロ前後の
速球を投げ込む右腕。
変化球は縦に落ちるスライダー・カーブ・
ツーシームなどを駆使して投球します。

打者としても非凡な才能があり、高校
通算17本の本塁打を打っている強打者。

星稜高校では1年夏にベンチ入りをして
いて、2016夏の甲子園市和歌山戦で
リリーフとしてマウンドに立ち、3度
打席にも立っています。

2018チームではエースで主砲で主将の
3刀流をこなし、まさにチームの大黒柱
です。

星稜高校を引退した注目選手

寺西 建  191.0cm92.0kg 左投げ左打ち

石川県能美市立根上中学校では
軟式野球部に所属。
左腕投手として活躍。

非常に体格に恵まれた高素材。
星稜高校入学後は打者として1年秋から
名門校の4番を務めている。

同校OBの松井秀喜氏と同じ根上中学校
から星稜高校に入学したことから
『ゴジラ2世』と呼ばれている。

清水 力斗  175.0cm75.0kg 右投げ右打ち

石川県宝達志水町立宝達中学校では
軟式野球部に所属。

均整の取れた体格から最速146キロの
キレの良い速球を投げ込む右腕。

右上手からオーソドックスな投球フォームで
スライダー、カーブを織り交ぜて投球する。

星稜高校で前チームからエースナンバーを
獲得している。甲子園では控えナンバーと
なったが、2016夏の甲子園でマウンド
経験も積んでいる。

星稜高校の監督紹介

林 和成 監督

生年月日:1975年
出身地 :石川県生まれ
学歴  :星稜高校 ー 日本大学

高校時代は遊撃手として一年先輩だった
松井秀喜氏と三遊間を組んで活躍しました。

日本大学の4年時に母校星稜高校から
コーチの打診を受け、家業を継ぐか
どうかで松井秀喜氏に相談したそうです。

考え抜いた末に母校のコーチとなり、
部長を経て、2011年に監督に就任しました。

名門校の監督として重圧もあるでしょうが、
強い信念を持ち、常に選手の状態を把握して
試合に起用してくることで選手からの信頼
も厚いそうです。
チーム一丸となったまとまりのある野球で
星稜高校に新たな歴史を刻んでいます。

星稜高校の紹介

学校星稜高等学校
所在地〒920-0811
石川県金沢市小坂町南206
創立年1962年(昭和37年)
生徒数1530人(女子)675人
卒業生小松辰雄  (元プロ野球)
村松有人  (元プロ野球)
松井秀喜    (元プロ野球)
島内宏明    (プロ野球)
岩下大輝    (プロ野球)
西川健太郎 (プロ野球)

校 歌
作詞:藤田 福夫 作曲:橋本 秀次

今黎明の 加賀の空
見よ、新しき日はのぼり
医王をのぞむ 丘の上
みどりに集ふ 若き日を
仰ぐ真理の 門高く
希望に生くる われらかな

石川県金沢市にある中高一貫の私立高校。
生徒数も大変多いマンモス校。

スポーツが盛んで、野球部、サッカー部は
特に有名。サッカー日本代表の本田圭佑氏
の母校。

進学にも力を入れておりAコースは偏差値は67
Bコースでも偏差値は57

石川の伝統校なので、著名な方々が
卒業生として色々な方面で活躍されています。

甲 子 園 成 績
出場回数(春)  11回
(夏)  18回
優勝                0回
準優勝                1回

石川県を代表する名門校。
平成7年夏の選手権で準優勝に輝いている。
成績以上に印象的な試合をする高校。

昭和54年夏の選手権での簑島高校との
延長18回の激戦。

平成4年夏の選手権での明徳義塾高校との
松井秀喜氏の5連続敬遠で敗退など。

2018チームも高い戦力を誇り、秋季県大会
を優勝。
続く秋季北信越大会でも準優勝を達成。
久しぶりに春の選抜大会出場をほぼ手中に
収めています。

2018年の活躍を期待しています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメント

  1. 岩渕蓮 より:

    森山恵佑選手(日本ハム)は、星稜高校の出身です。あとはルーキーの北村拓己選手(巨人)は、星稜高校の出身です。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です