八戸西高校野球部 2021メンバーの出身中学や注目選手紹介!!

高校野球練習有名校メンバー

高校野球は球児の懸命なプレーで

ドラマチックな試合が繰り返され、

ファンの心を魅了し続けています。

その中で注目される有名強豪校について、

主なメンバーの出身中学などを調べて

みました。

今回は青森の強豪校である

八戸西高校です。

スポンサーリンク

八戸西高校野球部2021の出身中学

2020秋季東北大会メンバーの出身中学一覧です。
※登録メンバーは変更となる場合があります。

名前位置出身中学中学所属
1福島 蓮投手2青森 湊中学軟式野球部
2藤本 楓都捕手2青森 市川中学軟式野球部
3西谷 泰成内野手2青森 白銀中学軟式野球部
4宮﨑 一綺内野手2青森 下長中学軟式野球部
5桐山 大空内野手2青森 根城八戸東シニア
6相前 雄一朗内野手2青森 明治中学軟式野球部
7下井田 大和外野手2青森 下長中学軟式野球部
8村上 歩夢外野手2青森 三沢第二中学軟式野球部
9廣田 大和外野手2青森 八戸第三中学軟式野球部
10津嶋 優吉控え2青森 蟹田青森戸山シニア
11髙間舘 好誠控え2青森 三戸中学軟式野球部
12大釜 温斗控え2青森 五戸中学軟式野球部
13出貝 尋控え2青森 八戸第一中学軟式野球部
14山口 康太控え2青森 白銀中学軟式野球部
15石屋 尚士控え2青森 小中野中学軟式野球部
16三浦 滉斗控え1青森 下長中学軟式野球部
17冨田 侑太郎控え2青森 白銀南中学軟式野球部
18平内 友悠控え2青森 下長中学軟式野球部
19椛木 聡斗控え1青森 三沢第五中学軟式野球部
20中田 雄大控え2青森 大館中学軟式野球部

20名が青森県内中学の出身選手です。

県外中学の出身選手はほとんどいない
ようです。
ヤンキースそっくりのピンストライプ
のユニホームが印象的です。

八戸西高校の注目選手

名前福島 蓮
出身中学青森県 八戸市湊中
中学所属中学は軟式野球部
身長/体重189㎝/70kg
投打右投げ右打ち
やや細身ですが長身の本格派右腕。
最速143キロの角度ある速球を主体に
スプリット・カーブ・スライダーなど
を効果的に組み合わせて投球します。
八戸西高では1年春よりベンチ入りし、
2年秋よりエースナンバーを獲得して
います。やや太りにくい体質だそう
ですが、最速150キロを目標に冬場に
鍛錬を重ねたそうです。
伸びしろがあり、大きな可能性を秘めた
プロ注目のドラフト候補投手です。

八戸西高校の監督紹介

名前小川 貴史
生年月日1983年6月23日
出身地青森県
学歴八戸西高ー駒沢大学
高校時代は遊撃手としてプレー。
3年時は主将としてチームをまとめています。
大学では内外野でプレーし、リーグ戦に出場
しています。
大学卒業後の2011年4月に母校のコーチとなり、
2018年より監督に就任しています。現在は
八戸高等支援学校の数学教諭を務めていて、
放課後にグラウンドに足を運んで指導してい
るそうです。県内では投手育成に定評があり
ましたが、2020秋季東北大会で好投手を擁して
ベスト8まで躍進。母校を春夏通じて初の甲子園
出場に導いています。若き監督の采配と手腕が
注目されます。

八戸西高校の紹介

学校青森県立八戸西高等学校
所在地〒039-1101
青森県八戸市大字尻内町字中根市14
創立年1975年(昭和50年)

プロ野球選手(卒業生)

中村 渉

♪校  歌♪
作詩:三浦哲郎 作曲:佐々木孝男

若草萌ゆる 奥南の野に
眉清く   集いしわれら
いざ友よ  希望に燃えて
雄飛の精神 養わん
栄光燦たり おお西高校

青森県八戸市にある県立の高校。
創立当初から文武両道を掲げていて
勉学と部活動の両立に力を入れています。

クラブ活動はスケート部・女子柔道部
などが全国大会に出場しています。
吹奏楽部・美術部・書道部などの文化部
も実績を残しています。

学業にも力を入れている進学校で、
「普通科」「スポーツ科学科」が設置され
ています。
国公立大学・難関私立大学に多くの合格者
を輩出しています。

普通科で偏差値は58

多彩な能力を持った方々が卒業生
として色々な方面で活躍されています。

八戸西高校2021戦績

出場した主な大会大会戦績
秋季県大会準優勝
秋季東北大会ベスト8
第93回春選抜大会

2021チームはプロ注目の好投手を擁して
秋季県大会を準優勝。秋季東北大会でも
1勝を上げ、花巻東高とも1-2の接戦を
演じています。

八戸西高校甲子園戦績

甲子園出場・好成績実績
出場回数(春選抜大会)1回
    (夏選手権大会)0回
優勝0回
準優勝0回

青森県の強豪校。
春の選抜大会は今回が初出場となります。
夏の選手権大会にも出場経験が無いので
春夏通じて初の甲子園となりました。

最後まで読んで頂きまして、
ありがとうございました。

コメント