聖カタリナ高校野球部 2021メンバーの出身中学や注目選手紹介!!

ボールとグローブ有名校メンバー

高校野球は球児の懸命なプレーで

ドラマチックな試合が繰り返され、

ファンの心を魅了し続けています。

その中で注目される有名強豪校について、

主なメンバーの出身中学などを調べて

みました。

今回は愛媛の強豪校である

聖カタリナ高校です。

スポンサーリンク

聖カタリナ高校野球部2021の出身中学

2020秋季四国大会メンバーの出身中学一覧です。
※登録メンバーは変更となる場合があります。

名前位置出身中学中学所属
1櫻井 頼之介投手2兵庫 尼崎中央尼崎ボーイズ
2足達 遥都捕手2大阪 彩都西ニューヤンキース
3堀越 璃雄内野手2愛媛 松山南第二松山城西ボーイズ
4上田 将史内野手2愛媛 松山西松山中央ボーイズ
5崎野 翔太内野手1愛媛 伊方宇和ボーイズ
6川口 翔大内野手2愛媛 余土松山中央ボーイズ
7髙岡 唯外野手2愛媛 城西松山シニア
8田代 勝也外野手2愛媛 鴨川愛媛松山ボーイズ
9井上 翼外野手1大阪 高槻第三ニューヤンキース
10小澤 武門控え2東京 府中第三稲城シニア
11仲田 隆晟控え2大阪 如是ニューヤンキース
12石川 航大控え2愛媛 川之江北川之江ボーイズ
13守野 剛控え2愛媛 垣生松山中央ボーイズ
14福井 脩介控え2大阪 茨木北ニューヤンキース
15水江 聡太控え1大阪 井高野ニューヤンキース
16桃原 光汰控え2神奈川 相武台座間ボーイズ
17須賀 瑛勝控え1愛媛 小野愛媛ヤングラディアンツ
18中山 翔貴控え2大阪 阿武山兵庫夙川ボーイズ
19中村 勇太控え2大阪 芝谷ニューヤンキース
20三原 太陽控え2愛媛 旭松山坊ちゃんボーイズ

10名が愛媛県内中学の出身選手です。

愛媛県以外の出身中学選手の内訳です。

大阪府  7名

東京都  1名

神奈川県 1名

兵庫県  1名

県外中学の出身選手は近郊の近畿圏
を中心に少し多めです。
2016年4月に新設されたばかりですが、
メキメキ力をつけている新鋭校です。

聖カタリナ高校の注目選手

名前櫻井 頼之介
出身中学兵庫県 尼崎市中央中
中学所属尼崎ボーイズ
身長/体重170㎝/58kg
投打右投げ右打ち
投手としてはやや小柄な体格の本格派右腕。
最速145キロのキレのある速球を主体に
スライダー・カーブ・チェンジアップ・
フォークなど多彩な変化球を操ります。
高校入学時はサードとしてプレーして
いましたが、監督の勧めもあって投手に
転向。2年秋にエースナンバーを獲得して
います。失点を最小限に抑える粘りの投球
をし、同校初の甲子園出場に大きく貢献。
体重や投球術などまだまだ伸びしろが大きな
注目の投手です。

聖カタリナ高校の監督紹介

名前越智 良平
生年月日1981年
出身地愛媛県
学歴宇和島東高ー早稲田大学
現役時代は遊撃手としてプレー。
故上甲正典監督の下で厳しい練習を積み
甲子園には3度出場。3年夏の選手権大会
では主将を務めました。
大学進学後も野球を続け、4年時には大学
でも主将を務めています。
大学卒業後は石川県内の高校でコーチや
監督を務め、2016年4月より新設された
聖カタリナ高校の監督に就任しています。
創部わずか5年目で春の選抜大会出場へ
同校を導いています。采配や手腕が大変
注目される監督です。

聖カタリナ高校の紹介

学校聖カタリナ学園高等学校
所在地〒790-8557
愛媛県松山市藤原町468番地(藤原校舎)
創立年1925年(大正14年)

♪校  歌♪

緑はかおる勝山に
さんと輝く金亀城
あふるる望み胸に沁め
明くおおしく進みなん

愛媛県松山市にある私立の高等学校。
1925年の開校以来女子校でしたが、
2016年から看護科以外は男女共学と
なっています。

クラブ活動は盛んで女子バレーボール・
女子バスケットボール・新体操部などが
強豪校として知られています。

多彩な人材育成に力を入れていて、
「総合学科科」「普通科」「看護科」が
あり、進路に応じたコースが多く設置
されています。

普通科特進アカデミックコースで偏差値は48

多彩な能力を持った方々が卒業生
として色々な方面で活躍されています。

聖カタリナ高校2021戦績

出場した主な大会大会戦績
秋季県大会優勝
秋季四国大会準優勝
第93回春選抜大会

2021チームは秋季県大会を制覇すると
秋季四国大会でも躍進。最少失点で守り
接戦をものにして準優勝しています。

聖カタリナ高校甲子園戦績

甲子園出場・好成績実績
出場回数(春選抜大会)1回
    (夏選手権大会)0回
優勝0回
準優勝0回

愛媛県の強豪校。
春の選抜大会は今回が初出場となります。
夏の選手権大会にも出場経験が無く、
春夏通じて初の甲子園となりました。

最後まで読んで頂きまして、
ありがとうございました。

コメント