興南高校野球部 2017メンバーの出身中学や注目選手紹介!!

シェアしてもらえると嬉しいです!

夕暮れのグランド

夏の甲子園大会も終わり、新チームの

秋季大会も終了。

次年の飛躍に向けて、高校野球は小休止です。

そこで毎年注目される有名強豪校について、

主な中心選手の出身中学などを調べて

みました。

一応旧チームのデータも残してあります。

少し紛らわしいかもしれませんが。。。

今回は沖縄の強豪校である

興南高校 です。

興南高校野球部2017の出身中学

2016秋の新チームの出身中学(シニア等)の一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
上原 麗男投手2沖縄 那覇市金城中中学軟式
玉城 怜央捕手2沖縄 南風原町南風原中安仁屋ヤングスピリッツ
福元 信馬内野手2沖縄 糸満市三和中中学軟式
仲村 匠平内野手1沖縄 宜野湾市宜野湾中中学軟式
野村 幸矢内野手2沖縄   那覇市安岡中中学軟式
金城 慶大内野手2沖縄   那覇市安岡中中学軟式
伊礼 希龍外野手2沖縄 沖縄市美東中中学軟式
塚本 大雅外野手1
嘉数 尊外野手2沖縄   宮古島市平良中
10山口 拓人控え1沖縄   豊見城市伊良波中中学軟式
11當山 尚志控え1沖縄   恩納村恩納中沖縄ヤングドリームス
12比嘉 良天控え1沖縄   読谷村読谷中読谷ボーイズ
13渡辺 健貴控え2大阪豊中シニア
14諸見 伸彦控え2沖縄   浦添市港川中中学軟式
15中山 莉貴控え2沖縄   豊見城市長嶺中
16平良 昴也控え2沖縄ヤングドリームス
17大山 盛一郎控え1沖縄   那覇市城北中浦添ボーイズ
18里 魁斗控え1沖縄   糸満市三和中中学軟式
19渡久地 永李控え2沖縄   今帰仁村今帰仁中
20春間 悠輝控え2福岡 福岡市友泉中中学軟式

16名が沖縄県内中学の出身者です。

沖縄県以外の出身中学者の内訳です。

※出身中学が調べきれなかった方は
わかり次第追記していきます。

福岡県  1名

県外中学の出身者はほとんどいない
ようです。私学の名門校ですが、
沖縄県内の中学校から有能な選手たち
が入学し、強豪校を維持しているよう
です。

興南野球部2016(旧チーム)の出身中学

2016夏の旧チームの出身中学(シニア等)の一覧です。

名前位置出身中クラブ中学所在地
比屋根雅也投手うるま市立あげな中中学軟式沖縄県
宮里 大湖捕手西原町立西原中中学軟式沖縄県
福元 信馬内野手糸満市立三和中中学軟式沖縄県
吉澤 誠矢内野手西原町立西原中中学軟式沖縄県
上門 洸輝内野手うるま市立与勝中中学軟式沖縄県
道祖土琉一内野手台東区立浅草中東京都
具志堅大輝外野手嘉手納町立嘉手納中中学軟式沖縄県
高那 峻外野手那覇市立金城中中学軟式沖縄県
比嘉 遥外野手名護市立久辺中沖縄県
長濱 成悟控え浦添市立港川中沖縄県
牧野 勝太控え南風原町立南星中中学軟式沖縄県
諸見川 航控え私立興南中浦添ボーイズ沖縄県
玉城 怜央控え南風原町立南風原中安仁屋ヤングスピリッツ沖縄県
慶留間大智控え浦添市立港川中沖縄県
上原 麗男控え那覇市立金城中中学軟式沖縄県
仲平良 颯控えうるま市立具志川中沖縄県
仲村 祐亮控え宜野湾市立宜野湾中沖縄県
桃原 斎控え西原町立西原中中学軟式沖縄県
當山 尚志控え恩納村立恩納中沖縄ヤングドリームス沖縄県
藤木 琉悠控え沖縄市立山内中中学軟式沖縄県

興南高校の注目選手

上原 麗男   174.0cm68.0kg 右投げ右打ち
沖縄県那覇市金城中学校では、
軟式野球部に所属。

投手としては均整のとれた体型だが、やや細身。
右上手からオーソドックスなフォームで投球
する。

角度がありそうな速球とスライダーなどの
変化球を織り交ぜて、制球力で勝負。

これからの成長が見込める注目の選手です。

興南高校の紹介

学校興南高等学校
所在地〒902-0061
沖縄県那覇市古島一丁目7番1号
創立年1962年(昭和37年)
生徒数856人(女子)319人
卒業生仲田幸司  (元プロ野球)
仲田秀司  (元プロ野球)
友利結   (元プロ野球)
西岡洋   (元プロ野球)
大城滉二  (プロ野球)
島袋洋奨  (プロ野球)

沖縄県那覇市にある中高一貫の私立高校。
中高合わせて1300人の生徒が通う。

クラブ活動は盛んで、野球部が最も有名
であるが、近年はハンドボール部や
男子バスケットボール部なども強豪校
として知られている。

県内有数の進学校でもあり、最も難しい
フロンティアコースで偏差値は56

多彩な能力を持った方々が卒業生として
色々な方面で活躍されています。

甲 子 園 成 績
出場回数(春)   4回
(夏)  10回
優勝                2回
準優勝                0回

優勝の2回は平成22年で
史上6校目の春夏連覇を達成した。
夏の選手権では沖縄県勢として初めて
優勝旗を持ち帰った高校。

島袋洋奨投手を擁し、強力打線が非常に
印象的でした。

その連覇から少し久しぶりに甲子園に
戻ってきた2015夏はベスト8。
名門校らしい実力を見せた。

2016秋の新チームは秋季県大会で準優勝。
秋季九州大会では初戦で大分商と対戦。

一時リードを奪い、大分商を上回る11安打
を打ちながら、大分商の3番、4番打者に
連続ホームランを浴びるなど勝負どころで
の差が試合結果に結びついてしまった。

しかし2017年に向けてはいいスタートを
切り、実力のあるところは見せています。

2017年の活躍を期待しています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です