盛岡大付野球部 2018メンバーの出身中学や注目選手紹介!!

シェアしてもらえると嬉しいです!

高校野球の甲子園大会

夏の甲子園大会が終了し、高校野球は

2018新チームへと代替わりしています。

2018選抜大会に向けて秋季大会が始まり、

ファンとしても新たな気持ちで再スタート

ですね。

そこで毎年注目される有名強豪校について、

主なメンバーの出身中学などを調べて

みました。

一応旧チームのデータも残してあります。

少し紛らわしいかもしれませんが。。。

今回は岩手の強豪校である

盛岡大付高校です。

盛岡大付高校野球部2018の出身中学

2017秋季県大会メンバーの出身中学一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
1松本 跳馬投手2神奈川 横浜市南瀬谷中横浜瀬谷ボーイズ
2伊藤 大智捕手2宮城 仙台市七郷中宮城利府ボーイズ
3山本 悠介内野手2岩手 盛岡市乙部中盛岡東シニア
4佐々木 俊輔内野手1岩手 北上市飯豊中花巻シニア
5高橋 蓮内野手2岩手 矢巾町矢巾北中岩手中部ボーイズ
6髙橋 朕次内野手2栃木 小山市桑中小山ボーイズ
7高原 時生外野手2千葉 佐倉市井野中習志野ボーイズ
8朝日田 凛外野手2岩手 奥州市水沢南中一関シニア
9平賀 康介外野手2岩手 花巻市花巻北中
10木内 優成控え1岩手 雫石町雫石中滝沢いわてシニア
11秋葉 駿平控え2茨城 古河市三和中小山ボーイズ
12金 紘孝控え2岩手 矢巾町矢巾北中岩手中部ボーイズ
13平葭 大晟控え2長崎 海星中長崎海星シニア
14峰 圭哉控え1栃木 上三川町明治中小山ボーイズ
15小柳出 航平控え2福島 三春町三春中郡山シニア
16佐々木 大樹控え2岩手 矢巾町矢巾北中盛岡東シニア
17仲田 龍珠控え2大阪 大阪市放出中大阪城東シニア
18佐々木 大勢控え2岩手 滝沢市滝沢第二中滝沢いわてシニア
19阿部 秀俊控え1岩手 一関市一関東中岩手ボーイズ
20及川 温大控え1岩手 奥州市水沢南中

11名が岩手県内中学の出身者です。

岩手県以外の出身中学者の内訳です。

栃木県  2名

宮城県  1名

福島県  1名

千葉県  1名

神奈川県 1名

茨城県  1名

大阪府  1名

長崎県  1名

県外中学の出身者は例年全国各地から
多めです。盛岡大付高校はスカウト
でのチーム強化に積極的なようです。

しかし2018新チームは岩手県内中学の
出身選手が半数を占めていて、少し
傾向が変化してきたのかもしれません。

野球部員のほとんどの選手が寮生活を
していて監督も寝食を共にし、
コミュニケーションを互いにとって
野球はもちろん人としての成長も強化
しているそうです。

ここ数年の甲子園での大活躍により
更に人気が高まって強くなりそうです。

盛岡大付高校野球部2017の出身中学

2017夏甲子園大会メンバーの出身中学一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
1平松 竜也投手3神奈川 横浜市瀬谷中横浜瀬谷ボーイズ
2松田 夏生捕手3岩手 久慈市久慈中中学軟式
3菜花 友紀内野手3福島 いわき市平第二中いわきボーイズ
4小林 由伸内野手3東京 多摩市鶴牧中町田ボーイズ
5大里 昂生内野手3岩手 滝沢市滝沢中盛岡南シニア
6比嘉 賢伸内野手3大阪 八尾市大正東中大正ボーイズ
7林 一樹外野手3大阪 守口市梶中大阪城東シニア
8植田 拓外野手3大阪 貝塚市第一中貝塚シニア
9三浦 奨外野手3岩手 滝沢市滝沢南中盛岡東シニア
10三浦 瑞樹控え3神奈川 大和市引地台中横浜瀬谷ボーイズ
11臼井 春貴控え3神奈川 横浜市下瀬谷中横浜瀬谷ボーイズ
12大宮 海星控え3岩手 洋野町宿戸中中学軟式
13須藤 颯控え3神奈川 横浜市岩崎中横浜都筑ボーイズ
14三浦 豪控え3東京 国立市国立第二中国立中央シニア
15伊藤 大智控え2宮城 仙台市七郷中宮城利府ボーイズ
16薮内 海斗控え3大阪 茨木市太田中箕面ボーイズ
17松本 跳馬控え2神奈川 横浜市南瀬谷中横浜瀬谷ボーイズ
18青木 耀平控え3栃木 小山市間々田中小山ボーイズ

盛岡大付高校の注目選手

松本 跳馬  182.0cm 73.0kg  左投げ左打ち

神奈川県横浜市南瀬谷中学校では、
横浜瀬谷ボーイズに所属。

投手として体格に恵まれた左腕。

兄は同校で活躍し、2014ドラフト
1位指名でソフトバンクに入団した
松本裕樹選手。

当然のように注目度が高まるのですが
1年秋にはベンチ入りをしており、
2017夏の甲子園でも登板機会はなかっ
たものの控え投手として甲子園メンバー
に選ばれています。

速球は130キロ前後ですが、フォーム
から投げおろす球筋には勢いがあり、
もっと球速が速い印象があります。
変化球はスライダー、チェンジアップ
などを持っていて制球もいいです。

2018新チームではエースナンバーを
獲得。
飛躍を続ける盛岡大付高校に新たな
注目選手の登場です。

盛岡大付高校を引退した注目選手

三浦 瑞樹  175.0cm 65.0kg  左投げ左打ち

神奈川県大和市引地台中学校では、
横浜瀬谷ボーイズに所属。

投手としてはそれ程身長が高くは
ありませんが均整のとれた体型。

癖のないきれいな投球フォームから、
130キロ後半の速球と主にスライダー
を投げ分ける左腕。

2016夏の甲子園では3試合にいずれも
リリーフで登板し、投手陣で最長回を
投げて経験を積みました。

2017春の選抜でも成長を披露し前年王者
の智弁学園戦で好投。勝利に貢献しました。

2017夏の甲子園ではまだ登板していませんが
また成長した投球を見られそうです。

平松 竜也  182.0cm 83.0kg  右投げ右打ち

神奈川県横浜市瀬谷中学校では、
横浜瀬谷ボーイズに所属。

投手として恵まれた体格から最速145キロ
の速球を投げ込む右腕。

癖のないきれいな投球フォームから、
速球と縦横のスライダー、カーブなどの
変化球を駆使して投球します。

2017夏の甲子園では初戦で前年優勝校で
ある作新学院戦に先発登板。9回2安打1
失点で9奪三振の投球を披露し、連覇を
狙った作新学院を封じ込めました。

2枚看板の一角を担う注目の選手です。

植田 拓  165.0cm 73.0kg 右投げ右打ち

大阪府貝塚市第一中学校では、
貝塚シニアに所属。

小柄な体格ながら非常にパンチ力のある
打撃をする強打者。
甲子園を沸かせた2016夏の前チームでも
3番を担い、躍進に貢献。

2回戦の創志学園戦では最速154キロの
高田萌生投手から本塁打を打っています。
流れを変える値千金の打撃でした。

高校通算で60本塁打を打っていて、
まさに強打の盛岡大付高校を象徴する
打者となっています。

プロ注目のドラフト候補選手です。

比嘉 賢伸  180.0cm 81.0kg 右投げ左打ち

大阪府八尾市大正東中学校では、
大正ボーイズに所属。

非常に体格に恵まれた大型のスラッガー。
スイングスピードが速く、鋭い打球を
飛ばし破壊力十分の打撃をします。

盛岡大付では1年春からベンチ入りをし、
1年秋にはレギュラーを獲得しています。

高校通算35本の本塁打を打っていて、
最上級生となったチームでは4番に座り、
主将も務めています。

守備でも内野の要の遊撃手。
プロ注目のドラフト候補選手です。

盛岡大付高校の監督紹介

関口 清治 監督

生年月日:1977年5月23日
出身地 :岩手県生まれ
学歴  :盛岡大付ー東北福祉大

1995年夏の選手権で盛岡大付高校が
春夏を通じて初出場した時の正捕手。
東北福祉大に進学し、大学でも捕手。

2000年に盛岡大付高校のコーチに就任し、
5年経験。その後3年間部長を務めて、
2008年8月に監督に就任しました。

母校を春夏11回甲子園に導いています。

盛岡大付高校の紹介

学校盛岡大学付属高等学校
所在地〒020-0124
岩手県盛岡市厨川5丁目4-1
創立年1952年(昭和27年)
生徒数483人(女子)188人
卒業生小石澤浄孝  (元プロ野球)
三浦翔太   (元プロ野球)
伊東昂大   (元プロ野球)
松本裕樹   (プロ野球)
錦織新    (ハンドボール選手)
山川恵里佳    (タレント)

岩手県盛岡市にある私立高校。
盛岡大学の付属高校。

クラブ活動は野球部が最も有名で
強豪校として知られている。

普通科特別進学コースで偏差値は51

多彩な能力を持った方々が
卒業生として色々な方面で活躍されています。

甲 子 園 成 績
出場回数(春)   4回
(夏)  10回
優勝              0回
準優勝                0回

岩手県の甲子園常連校。
出場回数を重ねていて、総合力の高い
チームで甲子園に乗り込んでくるが、
1勝するまでが長かった。

平成26年の夏の選手権で初勝利をあげた
が、その相手がこの年の優勝候補の東海大
相模高校
だったので価値がある。

それからはひと皮むけた印象があります。

2016夏の甲子園では大活躍。

点を取られてもそれ以上の打撃で
取り返す打撃戦は見る者を魅了しました。

私もすっかりファンの一人になりました。
打ち合いの試合は面白いですよね。

『わんこそば打線』と評された打線は
敦賀気比高校を見本としているそう。

2016秋の新チームも岩手県大会を優勝。
秋季東北大会でも準優勝。

2017春の選抜でも活躍

初戦の高岡商業とはまたも打ち合い。
延長10回逆転サヨナラ。10-9のスコア。

2回戦は連覇を狙う智弁学園高校と対戦。
終盤に打棒爆発で5-1で快勝しました。

準々決勝では履正社高校に敗れましたが
相変わらず魅了しますね。

夏の大会は本命で優勝し甲子園出場を
決めました。

2017夏選手権甲子園結果

2017夏選手権大会 1回戦

123456789
作新学院1000000001
盛岡大付01003000×4

昨年の優勝校である作新学院との対戦。
平松竜也投手が作新学院打線を2安打に抑える
好投。9回の2死満塁のピンチも守り切りました。
打線も10安打で相変わらず活発。安定した戦い
ぶりで前年王者を撃破しました。

2017夏選手権大会 2回戦

123456789
盛岡大付0101002116
松商学園0000011103

盛岡大付は序盤に先制して試合の主導権を
握り、追いつかれそうになりながら
勝負どころで追加点を奪い、うまい試合
運びでした。松商学園の機動力対策で先発
した三浦瑞樹投手は毎回のようにランナー
を出すものの投球間隔を変えたり、けん制
を増やしたりと経験豊富な投球術で機動力を
封じ、粘りの投球でした。

2017夏選手権大会 3回戦

12345678910
盛岡大付001050001512
済美02004010007

強力打線同士の対戦となりました。
盛岡大付は5回表同点に追いついた後
小林由伸選手の満塁本塁打で4点リード。
済美は5回裏1死満塁のチャンスに吉岡秀太朗
選手がお返しの満塁本塁打で同点。

1試合で2本の満塁本塁打は大会史上初の快挙

7回裏宇都宮佑弥選手の本塁打で済美が勝ち越し。
追いつめられた盛岡大付でしたが、9回表に
植田拓選手の値千金の本塁打で同点に持ち込み
そのまま延長戦に突入。
10回表盛岡大付は1点勝ち越し後、植田拓選手
の2打席連続となる3ラン本塁打で勝負を決めました。
盛岡大付は初めてのベスト8進出となりました。

2017夏選手権大会 準々決勝

123456789
花咲徳栄01114000310
盛岡大付0100000001

盛岡大付は2回に野村佑希選手の本塁打
先制されましたが、その裏すぐに追いつき
この試合も打線好調かなと思いましたが、
自慢の打線が花咲徳栄の綱脇慧投手と清水
達也投手を捕えることが出来ず、散発の
6安打に抑え込まれてしまいました。
今大会はベスト8での敗戦となりましたが、
年々安定した強さを発揮する高校となって
来ましたね。また新チームも楽しみです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です