福岡大大濠野球部 2017メンバーの出身中学や注目選手紹介!!

シェアしてもらえると嬉しいです!

野球のグローブ

2017年春の選抜高校野球大会の出場校が

発表され、いよいよ待ちに待った高校野球

シーズンが少しずつ近づいてきました!!

高校野球好きとしてはワクワクしますね。

そこで毎年注目される有名強豪校について、

主な中心選手の出身中学などを調べて

みました。

今回は福岡の強豪校である

福岡大大濠高校 です。

福岡大大濠野球部2017の出身中学

2016秋の新チームの出身中学(シニア等)の一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
三浦 銀二投手福岡 福岡市筑紫丘中中学軟式
古賀 悠斗捕手福岡 筑紫野市筑山中オール筑紫BBC
東 怜央内野手福岡 宗像市城山中宗像ボーイズ
斎藤 友哉内野手福岡 福岡市住吉中福岡ボーイズ
稲本 侑星内野手福岡 北九州市浅川中自由ケ丘BBC
久保田 有哉内野手福岡 福岡市原中央中中学軟式
樺嶋 竜太郎外野手福岡 みやま市東山中筑後サザンホークス
西 隼人外野手福岡 糸島市前原西中西福岡メッツ
平野 孝太朗外野手福岡 太宰府市太宰府西中オール筑紫BBC
10藤田 太斗控え福岡 福岡市原中央中白龍BBC
11徳原 世羅控え福岡 福岡市百道中城南サンボーイズ
12矢野 貴大控え福岡 福岡市下山門中城南サンボーイズ
13仲田 慶介控え福岡 福岡市原北中白龍BBC
14藤田 輝控え福岡 筑紫野市二日市中筑紫野アローズ
15和田 穣成控え福岡 福岡市金武中中学軟式
16黒田 律平控え福岡 福岡市姪浜中福岡中央シニア
17今泉 翼控え福岡 福岡市原北中中学軟式
18亀井 毅郎控え福岡 福岡市城南中白龍BBC

18名全員が福岡県内中学の出身者です。

県外中学の出身者はほとんどいないようです。
福岡県内から有望な選手が入学しているので
しょうね。
強豪校を維持しているのはすごいことです。

福岡大大濠高校の注目選手

三浦 銀二   175.0cm 70.0kg 右投げ右打ち

福岡県福岡市筑紫丘中学校では、
中学の軟式野球部に所属。

投手としてはそれ程大きな体格では
ありませんがやや細身で均整が
とれています。
速球の最速は144キロと速いです。

右上手からのオーソドックスなフォーム
から、スライダー、カーブなどの変化球
とキレの良い速球で組み立てる。

普段はあまり速い速球は投げず、コース
と配球でクレバーな投球をします。

『福岡のドクターゼロ』の好投手は
秋季九州大会でも強豪相手に3試合完封。

この世代でかなりの成長と注目が見込まれる
目の離せない投手。

古賀 悠斗  175.0cm 73.0kg 右投げ右打ち

福岡県筑紫野市筑山中学校では、
オール筑紫ベースボールクラブに所属。

大きな体格ではないですがパンチ力のある
鋭いスイングが魅力の強打者です。
2016年秋の時点で高校通算41本塁打を
放っています。

福岡大大濠高校では1年夏から遊撃手で
レギュラーを獲得。
前評判の高かった前チームが夏の県大会
で敗退後、なんと捕手へ転向。

好投手三浦銀二投手の女房役として
秋季大会を乗り切った。

野球センスに優れていて捕手としても
優秀。巧みなインサイドワークと
2塁送球1.86秒の強肩でキャリアの
浅さは感じられない。

チーム1の努力家で練習の虫だそう。
プロも注目する選手です。

福岡大大濠高校の監督紹介

八木 啓伸 監督

生年月日:1977年8月10日
出身地 :福岡県生まれ
学歴  :福岡大大濠高校ー立命館大学

現役時代は三塁手、左翼手として活躍。
大学を卒業後に銀行に勤務。

2004年3月に母校である福岡大大濠高校の
コーチに就任。
2009年4月から部長を務め、2010年4月から
同校の監督に就任した。

しばらく甲子園から遠ざかっていたが、
昨年、今年と好投手を擁して古豪復活の
兆しを見せています。

2016秋の九州大会を制して同校を26年ぶり
の甲子園出場に導きました。
優秀候補の同校をどのような采配で勝利
に導くのか注目されます。

福岡大大濠高校の紹介

学校福岡大学付属大濠高等学校
所在地〒810-0044
福岡県福岡市中央区六本松一丁目12番1号
創立年1951年(昭和26年)
生徒数1931人(女子)570人
卒業生大津秀美    (元プロ野球)
森山良二    (元プロ野球)
瀬戸輝信    (元プロ野球)
川原弘之    (プロ野球)
大石達也    (プロ野球)
古本武尊    (プロ野球)

校  歌
作詩:持田 勝穂
作曲:森脇 憲三

遥かにおこる 背振嶺の
明けゆく雲に こだまして
我等が若き 声はあり
玄海のオオ 波打つところ
今こそひらかん 我等が瞳
福大 福大 大濠校

福岡県福岡市にある中高一貫の私立高校。
福岡大学の付属高校で生徒数は1500人以上。

クラブ活動は非常に盛んで全国優勝している
クラブがいくつもある有名校。

バスケットボール部、剣道部、駅伝部、
柔道部、バトミントン部、バレー部などが
特になじみ深い。

クラブ活動だけではなく進学校としても
有名。スーパー進学コースで偏差値は70

著名な卒業生を多数輩出しており多彩な
能力を持った方々が活躍されています。

甲 子 園 成 績
出場回数(春)     4回
(夏)     3回
優勝        0回
準優勝        0回

福岡県の強豪校。

平成元年夏の選手権では、
常総学院高校城東高校福井商
撃破。3勝をあげてベスト8に
進出したのが最高成績。

チームで甲子園に乗り込んでくるが、
1勝するまでが長かった。

前チームも阪神にドラフト4位指名を
受けた濱地真澄投手を擁して、春季
九州大会を制覇。

秋の新チームは、三浦銀二投手を擁し、
福岡県大会を優勝。続いて、
秋季九州大会でも優勝。

九州チャンピオンとして明治神宮大会
のも出場。
四国チャンピオンの明徳義塾高校
2-0で勝利しベスト4に進出した。

準決勝では早稲田実業と対戦。
競り合いの好ゲームを演じたが惜しくも
4-6で敗退。
しかし全国的に実力上位であることは
確認できました。

2017春の選抜大会は久しぶりの出場ですが
優勝候補の一角として登場です。
見たい選手も多くて大変楽しみです。

2017年の活躍を期待しています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です