横浜隼人高校野球部 2017メンバーの出身中学や注目選手紹介!!

シェアしてもらえると嬉しいです!

高校野球の打撃

いよいよ夏本番!!!

最終目的の夏の選手権大会に向かって

予選がスタートしています。

高校野球ファンとしてはわくわくしますね。

そこで毎年注目される有名強豪校について、

主なメンバーの出身中学などを調べて

みました。

今回は神奈川の強豪校である

横浜隼人高校 です。

横浜隼人高校野球部2017の出身中学

2017夏季県大会メンバーの出身中学一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
1鴨田 七海人投手3神奈川 寒川町寒川中
2村瀬 一統捕手3神奈川 横浜市末吉中東京城南ボーイズ
3秋元 健吾内野手3神奈川 鎌倉市御成中湘南ボーイズ
4鈴木 城士内野手3神奈川 横浜市瀬谷中瀬谷シニア
5白井 海斗内野手3神奈川 横浜市鴨居中中本牧シニア
6横瀬 辰樹内野手2神奈川 横浜市岡村中横浜港ボーイズ
7相澤 響外野手3神奈川 横浜市南中磯子港南シニア
8永嶺 雄飛外野手3神奈川 横浜市瀬谷中戸塚シニア
9下原 敬吾外野手3神奈川 川崎市西中原中
10加賀谷 皓規控え3神奈川 横浜市洋光台第一中横浜南シニア
11鈴木 翔也控え2神奈川 横浜市本牧中横浜港ボーイズ
12古舘 壮太控え3神奈川 川崎市宮内中
13尾川 智啓控え3神奈川 横浜市青葉台中
14百合野 稀平控え2神奈川 横浜市瀬谷中横浜ヤング侍
15速水 皓二朗控え3神奈川 横浜隼人中横浜全戸塚ヤングパワーズ
16松本 拓也控え3宮城    仙台市柳生中仙台南シニア
17池田 大知控え3神奈川 横浜市笹下中横浜ボーイズ
18戸井 翼控え3神奈川 横浜市釜利谷中中本牧シニア
19青山 美夏人控え2神奈川 横須賀市衣笠中横須賀シニア
20辻永 大河控え3神奈川 横浜市東野中瀬谷シニア

19名が神奈川県内中学の出身者です。

神奈川県以外の出身中学者の内訳です。

宮城県 1名

県外中学の出身者はベンチ入りメンバー
にはほとんどいないようです。
私学の強豪校ではありますが、あまり
県外からのスカウトには積極的では
ないのかもしれません。

横浜隼人高校の注目選手

横瀬 辰樹  175.0cm 73.0kg 右投げ右打ち

神奈川県横浜市岡村中学校では、
横浜港ボーイズに所属。

小学6年時に所属していた
磯子区 丸山第一スターズから
活躍し2012年横浜DeNAベイスターズ
ジュニアチーム
の選考をクリアし、
メンバーに選出されています。

中学では横浜港ボーイズで遊撃手
として活躍。中学野球交流戦で
ボーイズ関東選抜に選出されて
います。

いわゆる走攻守の三拍子が揃った
選手で特に守備はうまいです。
横浜隼人高校でも1年秋から
レギュラーを獲得しています。

このまま成長していけば、
ドラフト候補になる注目の
選手です。

秋元 健吾  173.0cm 61.0kg 左投げ左打ち

神奈川県鎌倉市御成中学校では、
湘南ボーイズに所属。

中学時代にジュニアオール
ジャパン
(Nomo japan)のメンバー
に選出され、ロサンゼルス遠征を
経験しています。

投手としてはしなやかな腕の振り
をする左腕。打者としても強力打線
の横浜隼人高校の中軸を務めています。
コンパクトなスイングで鋭い打球を
飛ばす選手です。

横浜隼人高校の紹介

学校横浜隼人高等学校
所在地〒246-0026
神奈川県横浜市瀬谷区阿久和南1-3-1
創立年1977年(昭和52年)
生徒数1868人(女子)851人
卒業生鈴江彬    (元プロ野球)
小宮山慎二  (プロ野球)
宗佑磨    (プロ野球)

校 歌
作詞:川崎 洋 作曲:黛 敏郎

仰げば霊峰が告げている 理想の高さ
志胸に抱いて
友よ ひたむきに青春を生き抜こう
憂いあれば語り合おう
われら われら われら 横浜隼人

神奈川県横浜市にある中高一貫教育
を提供する私立高校。
校名は所在地の地籍上の地名に由来
するそうです。

設立当時は男子校で帝国海軍に近い
非常に厳しい教育で知られていました
が、1987年の男女共学化前後から
方針に変化が見られ、現在は一般的な
共学の普通の高校になっています。

クラブ活動で有名なのは、野球部・
女子野球部・吹奏学部・女子卓球部
などが強豪校として知られています。

学業にも力を入れていて国際語科は
偏差値55

多彩な能力を持った方々が卒業生として
色々な方面で活躍されています。

甲 子 園 成 績
出場回数(春)   0回
(夏)   1回
優勝      0回
準優勝      0回

神奈川県の新鋭強豪校。

甲子園の出場は平成21(2009)年夏
の選手権。
初戦を突破したが、2回戦で岩手県の
花巻東高校に惜敗しています。

この時の花巻東高校は現在プロで活躍
している菊池雄星を擁する優勝候補
でしたので厳しい戦いでしたね。

この時の横浜隼人高校のユニフォーム
阪神タイガースにそっくりで、笑顔
でプレーするのが話題となりました。

激戦の神奈川を制するためには打線が
強力でなければ勝ち抜けないとの方針
から、例年攻撃型のチームであること
が多いです。

2017年のチームも県内上位の実力を
保持しています。
また甲子園で見てみたいチームです。

夏の大会での活躍を期待しています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です