中村高校野球部 2017メンバーの出身中学や注目選手紹介!!

シェアしてもらえると嬉しいです!

高校野球の投手

2017年春の選抜高校野球大会の出場校が

発表され、いよいよ高校野球シーズンが

少しずつ近づいてきましたね!!!

そこで毎年注目される有名強豪校について、

主な中心選手の出身中学などを調べて

みました。

今回は高知の強豪校である

中村高校 です。

中村高校野球部2017の出身中学

2016秋の新チームの出身中学(シニア等)の一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
北原 野空投手高知 高知県立中村中中学軟式
中野 聖大捕手高知   四万十市中村中中学軟式
武田 晴仁内野手高知 高知県立中村中中学軟式
下村 悠斗内野手高知 高知県立中村中中学軟式
一円 優太内野手高知 四万十市八束中中学軟式
大崎 凜内野手高知 高知県立中村中中学軟式
伊与田 遥輝外野手高知 高知県立中村中中学軟式
岡上 颯外野手高知   四万十市中村中中学軟式
岡本 諒外野手高知 四万十市中村西中中学軟式
10泥谷 和希控え高知 高知県立中村中中学軟式
11東 俊介控え高知 高知県立中村中中学軟式
12芝藤 圭祐控え高知 四万十市西土佐中中学軟式
13土居 祐太控え高知 四万十町窪川中中学軟式
14岡村 奎翔控え高知 四万十市西土佐中中学軟式
15吉村 颯志朗控え高知 高知県立中村中中学軟式
16山本 泰生控え高知   四万十市中村中中学軟式

16名全員が高知県内中学の出身者です。

県外中学の出身者は一人もいません。
部員16名が高知県内の近い地域の
出身です。
同じ中学の出身選手も多く、中学時代
からチームメイトでまとまりがよさそう。

中村高校の注目選手

北原 野空  168.0cm 71.0kg 右投げ右打ち

高知県高知県立中村中学校では、
軟式野球部に所属。

前チームでは遊撃手で4番の強打者。
新チームより本格的に投手に変更。
無駄な力が入っていなく楽に投げて
いるように見える投球フォーム。

速球はそれ程速くはないが縦の変化
のスライダーを中心とした変化球との
コンビネーションが良く、頭脳的な
ピッチングをする。

2016秋の県大会決勝では後に四国王者
となった明徳義塾高校相手に6安打
完封を披露。

新チームでも4番を務める打撃も
健在。投打に注目を集める選手です。

中村高校の監督紹介

横山 真哉 監督

生年月日:1962年7月21日
出身地 :高知県生まれ
学歴  :中村高校ー明治大学卒

高校時代は内野手として活躍。
大学卒業後に母校である中村高校に赴任。
1993年までコーチ・監督を歴任した。

1994年以降は高知県内の高知南高校、
宿毛高校、高知工業で監督として指揮
を執った。

2015年4月に再び中村高校に赴任となり、
同年8月より監督に就任しています。

2017年春の選抜甲子園出場に母校を
導きました。

40年前は準優勝。注目される同校ですが
どのような試合をするのか采配が見もの
ですね。

中村高校の紹介

学校中村高等学校
所在地〒787-0003
高知県四万十市中村丸の内24番地
創立年1900年(明治33年)
生徒数527人(女子)325人
卒業生山沖之彦  (元プロ野球)
美口博   (元プロ野球)
北尾一喜  (元プロ野球)

校  歌
作詞:草野 心平
作曲:伊藤 翁介

雲うつす 四萬十の青
古城山 緑ぞ迫る
美しき 天の下なる
学び舎に 光りかがやく
ああ 中村
われらが母校 中村

高知県四万十市にある中高一貫の公立高校。
歴史ある伝統校で幸徳秋水の母校でもある。

高知県西部の進学重点校となっており、
普通科で偏差値は54

多くの著名人を輩出している学校で、
卒業生として色々な方面で活躍されています。

甲 子 園 成 績
出場回数(春)   2回
(夏)   0回
優勝      0回
準優勝      1回

高知県の文武両道校。
強豪校の多い高知県にあるので
甲子園出場は昭和49年選抜大会の
1回のみ。

ただその1回の出場時に山沖之彦投手を
擁して、部員12名で準優勝の活躍。
少ない部員数の活躍で「二十四の瞳」
と呼ばれました。

グランドを他の部活や付属中学と共有し、
進学校であることの練習時間制限等の
練習環境が厳しい中で、工夫をした練習
方法や食事やメンタルトレーニングを
取り入れています。

2016年は高知県大会で春はベスト4、
夏は準優勝、秋は優勝と成果が確実に
出ています。

秋季四国大会では準々決勝で香川の英明
高校
に延長13回での敗戦。

2017春の選抜には成績では足りませんが、
21世紀枠での出場が決定しました!!!

40年ぶりの春選抜の甲子園。
今回も部員16名での挑戦は準優勝時と
イメージが重なります。
再び旋風を巻き起こしそうなチーム。

2017年の活躍を期待しています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です