大崎高校野球部 2021メンバーの出身中学や注目選手紹介!!

練習グランド有名校メンバー

高校野球は球児の懸命なプレーで

ドラマチックな試合が繰り返され、

ファンの心を魅了し続けています。

その中で注目される有名強豪校について、

主なメンバーの出身中学などを調べて

みました。

今回は長崎県の強豪校である

大崎高校です。

スポンサーリンク

大崎高校野球部2021の出身中学

2020秋季九州大会メンバーの出身中学一覧です。
※登録メンバーは変更となる場合があります。

名前位置出身中学中学所属
1坂本 安司投手2長崎 日野中学軟式野球部
2調 祐李捕手2長崎 日野中学軟式野球部
3田栗 慶太郎内野手1長崎 日野中学軟式野球部
4村上 直也内野手2長崎 東明中学軟式野球部
5川口 蒼生内野手1長崎 西彼中学軟式野球部
6村田 慶二内野手1長崎 大野中学軟式野球部
7松本 慶一郎外野手2長崎 西彼中学軟式野球部
8池田 晃弥外野手2長崎 横尾長崎北シニア
9秋山 章一郎外野手2長崎 吾妻長崎シニア
10小宮 勝輝控え2長崎 橘南長崎ボーイズ
11勝本 晴彦控え1長崎 福江中学軟式野球部
12乙内 翔太控え2長崎 川棚西松ボーイズ
13井元 隆太控え2長崎 度島中学は陸上部
14乙内 駿斗控え1長崎 西海西松ボーイズ
15山口 剛大控え1長崎 中里中学軟式野球部
16中野 文太控え1長崎 山澄中学軟式野球部
17福浦 蓮翔控え1長崎 西海西松ボーイズ
18今岡 大翔控え1長崎 西彼中学軟式野球部
19本多 矢的控え2長崎 山澄中学軟式野球部
20井手 闘羽控え1長崎 東明中学軟式野球部

20名が長崎県内中学の出身選手です。

県外中学の出身選手はほとんどいない
ようです。
清水央彦監督が就任以降に県内から
有望な選手たちが多数入学していて
寮生活を送っているそうです。

大崎高校の注目選手

名前坂本 安司
出身中学長崎県 佐世保市日野中
中学所属中学は軟式野球部
身長/体重176㎝/76kg
投打右投げ右打ち
投手として均整の取れた体格の右腕。
130キロ後半の速球とカットボールを
低めに集めて丁寧な投球をします。
球速以上にボールのキレが良く、
制球力のあるボールをテンポ良く投げ
込みます。中学3年時には全国大会に
出場し、優勝した高知中学の森木大智
投手と投げ合っています。
経験値も高く、体格にも成長の余地を
多く残していて大きく成長しそうな
注目の投手です。

大崎高校の監督紹介

名前清水 央彦
生年月日1971年2月23日
出身地長崎県
学歴佐世保商業高ー日本大学
高校時代は佐世保商業高でプレー。
甲子園出場はしていません。当時
一学年上の先輩に後に清峰高を春選抜
優勝に導いた吉田洸二さんがいました。
北松南高校(現 清峰高)の監督に就任
した吉田洸二さんに誘われて、2001年
に同校のコーチに就任。清峰高を強豪校
に育て上げました。その後2009年夏より
佐世保実業高の監督に就任。就任中に
2度同校を甲子園出場に導いています。
2017年秋に大崎高の外部コーチに就任。
2018年春に監督に就任しています。
しかし当時は部員5人で廃部寸前だった
そうです。そこから監督を慕って県内
より多くの部員が入部し、2019年秋季
県大会を優勝。2020年夏独自県大会も
優勝。2020年秋季県大会を連覇すると
遂に2020秋季九州大会でも優勝を達成
しています。わずかな期間で素晴らしい
結果を残しています。
その手腕が今後も大変注目される監督です。

大崎高校の紹介

学校長崎県立大崎高等学校
所在地〒857―2421
長崎県西海市大島町3468番地1
創立年1952年(昭和27年)

♪校? 歌♪
作詩:吉田幸平 作曲:山口健作

潮わきたつ 朝ぼらけ
行き交う船の 跡しげく
緑かがよう 白砂に
進取の波は 渦なして
若き生命は 限りなし
ああわれらの 大崎高

長崎県西海市大島町にある県立高校。
校名は「大島」の頭文字の「大」と
「崎戸」の頭文字の「崎」をあわせて
名づけられたそうです。
クラブ活動はやはり野球部が近年力
をつけています。
学業は全日制普通科が設置されていて
2年時より「進学コース」と「就職コース」
に分かれます。

多彩な能力を持った方々が卒業生
として色々な方面で活躍されています。

大崎高校2021戦績

出場した主な大会大会戦績
秋季県大会優勝
秋季九州大会優勝
第93回春選抜大会

2021チームも昨年の秋季県大会に続き
優勝し連覇を達成。勢いそのままに
秋季九州大会も制覇しました。

大崎高校甲子園戦績

甲子園出場・好成績実績
出場回数(春選抜大会)1回
    (夏選手権大会)0回
優勝0回
準優勝0回

長崎県の新鋭強豪校。
2021春の選抜大会の出場で春夏通じて
初の甲子園となりました。

最後まで読んで頂きまして、
ありがとうございました。

コメント