広陵高校野球部 2017メンバーの出身中学や注目選手紹介!!

シェアしてもらえると嬉しいです!

高校野球の硬球

高校野球は春の選抜甲子園大会も終わり、

最終目的の夏の選手権大会に向かって

日々練習に精進していることでしょう。

そこで毎年注目される有名強豪校について、

主な中心選手の出身中学などを調べて

みました。

今回は広島の名門校である

広陵高校 です。

広陵野球部2017の出身中学

2016秋の新チームの出身中学(シニア等)の一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
平元 銀次郎投手福岡    福智町金田中西日本スコーピオン
中村 奨成捕手広島    廿日市市大野東中大野シニアBBC
大橋 昇輝内野手広島    広島市安西中
金田 蓮内野手大阪    東大阪市新喜多中ナガセタイガース
吉岡 広貴内野手広島    広島市三入中ヤングひろしま
高田 桐利内野手岡山    倉敷市福田中倉敷ビガーズ
幸 和輝外野手広島    東広島市安芸津中府中広島’2000
佐藤 勇治外野手広島    広島市口田中呉ファイターズ
阿部 唯人外野手京都    京都市蜂ケ岡中
10山本 雅也控え広島    東広島市安芸津中東広島ボーイズ
11高田 誠也控え広島    広島市庚午中広島西シニア
12植村 亮太控え大阪    阪南市貝掛中
13松岡 直輝控え広島    福山市松永中尾道シニア
14村上 嘉一控え広島    広島市国泰寺中
15河端 利晶控え広島    尾道市高西中尾道シニア
16木曽 秀一控え広島    尾道市栗原中尾道シニア
17平本 一輝控え広島    大竹市玖波中
18佐古 翔大控え広島    広島市三和中
19濵 盛力控え
20丸山 壮史控え兵庫    神戸市櫨谷中

13名が広島県内中学の出身者です。

広島県以外の出身中学者の内訳です。

※出身中学が調べきれなかった方は
わかり次第追記していきます。

大阪府  2名

京都府  1名

岡山県  1名

兵庫県  1名

福岡県  1名

県外中学の出身者は近畿圏を中心に
少しいるようです。
名門私学ですが、広島県内の中学出身者
が中心となってチーム作りがされている
ようですね。

広陵高校の注目選手

平元 銀次郎  180.0cm 76.0kg 左投げ左打ち

福岡県福智町金田中学校では、
西日本スコーピオンに所属。

恵まれた均整のとれた体格で、
キレのある速球と鋭く曲がる
スライダーを武器とする左腕。

広陵高校入学後は1年春から
ベンチ入りし、試合経験を
積んだ。

新チームではもちろんエース
ナンバーを獲得。
大物感が漂い、来季のドラフト候補。

中村 奨成  182.0cm 77.0kg 右投げ右打ち

広島県廿日市市大野東中学校では、
大野シニアベースボールクラブに所属。

野球センスに溢れた大型の捕手。
広陵高校入学後は1年春から
ベンチ入りを果たす。
1年夏にはレギュラーの座を獲得。

捕手としては素早いスローイングと強肩が
持ち味。打者としても、広角に打ち分ける
打撃センスを持ち合わせ、足も速い。

前チームでも1番や3番の重要な打順を
務めた。
新チームでの中心選手で来季のドラフト候補。

広陵高校の監督紹介

中井 哲之 監督

生年月日:1962年7月6日
出身地 :広島県出身
学歴  :広陵高校 ー 大阪商業大学

高校時代は1980年に春夏連続で甲子園に
出場しています。春は1番遊撃手として
夏は1番3塁手として活躍しました。

大学を卒業後、1985年に母校広陵高校の
コーチとなり、1990年4月に27歳の若さ
で監督に就任しました。

少し低迷していた同校を復活させ、翌年
1991年春の選抜で65年ぶりの優勝に
導きました。

さらに2003年春の選抜でも優勝を達成。
春に強い同校を更に印象づけました。

夏の選手権でも2007年には決勝まで
進出。佐賀北高校に逆転負けしたものの
準優勝に導いた。

広島の名門校を更に強くしていく名将に
これからも注目ですね。

広陵高校の紹介

学校広陵高等学校
所在地〒731-3161
広島県広島市安佐南区伴東三丁目14番1号
創立年1896年(明治29年)
生徒数1443人(女子)528人
卒業生金本知憲  (元プロ野球)
二岡智宏  (元プロ野球)
西村健太朗 (プロ野球)
野村祐輔  (プロ野球)
小林誠司  (プロ野球)
有原航平  (プロ野球)

校 歌
作詞:葛原 しげる 作曲:川崎 優

ましぐらに
昼も夜も 断えず捲まず
自由のあゆみ ひたすらに
おのが性に つよく生きて
七つの流れ ましぐらに
注ぎ競ふや 太田川
若人われら ひたすらに
学び競ふや この三とせ
広陵 広陵
自由の殿堂
われらの広陵

広島県広島市にある伝統ある私立高校。
生徒数は1000人以上のマンモス校。

クラブ活動は野球部が最も有名で旧制中学
時代から全国大会に出場している。
テニス部、ゴルフ部、ボクシング部なども
強豪校として知られている。
学業にも力をいれており、
普通Ⅰ類コースで偏差値は54

スポーツ分野以外でも多彩な能力を持った方々が
卒業生として色々な方面で活躍されています。

甲 子 園 成 績
出場回数(春)  23回
(夏)  21回
優勝      3回
準優勝                6回

広島県を代表する名門校。
優勝3回はいずれも選抜大会のもので
『春の広陵』と呼ばれている。

広島商業と共に広島県の高校野球界を
リードしている。

近年では平成19年夏に野村祐輔投手を
擁し、初戦で前年まで3年連続決勝に進んで
黄金期だった駒大苫小牧高校に9回
逆転勝ちで波に乗り、決勝戦では終始
リードしながら、佐賀北高校に逆転負け
した試合が印象に残っていますね。

新チームの活躍を期待しています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です