智弁学園野球部 2017メンバーの出身中学と注目選手紹介!!

シェアしてもらえると嬉しいです!

高校野球の応援

夏の甲子園大会も終わり、新チームの

秋季大会がスタートしています。

気持新たに来春の選抜高校野球大会に向けて、

高校野球好きとしてはワクワクしますね。

毎年注目される有名強豪校について、

主な中心選手の出身中学などを調べて

みました。

一応旧チームのデータも残してあります。

少し紛らわしいかもしれませんが。。。

今回は奈良の強豪校である

智弁学園高校 です。

智弁学園野球部2017の出身中学

2016秋の新チームの出身中学(シニア等)の一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
松本 竜也投手奈良  桜井市桜井中奈良葛城ボーイズ
石田 航大捕手奈良  葛城市白鳳中橿原磯城シニア
松田 一希内野手奈良  橿原市橿原中御所南都ヤング
太田 英毅内野手兵庫  三木市緑が丘中神戸中央シニア
西岡 寿透内野手和歌山 橋本市西部中和歌山ホークス
安川 正浩内野手奈良  大和高田市片塩中大和高田シニア
畠山 開成外野手奈良  上牧町上牧中オール枚方ボーイズ
加堂 陽太外野手大阪  豊中市豊中第四中吹田シニア
福元 悠真外野手奈良  明日香村聖徳中奈良葛城ボーイズ
10岩井 文飛控え奈良  五條市五條東中
11猪鼻 秀真控え和歌山 岩出市岩出第二中和歌山岩出ボーイズ
12若松 大輝控え大阪  香芝市香芝中大阪柏原ボーイズ
13左向 澪控え南都ボーイズ
14岡野 龍太控え奈良  生駒市上中生駒中央ボーイズ
15畠山 航青控えオール枚方ボーイズ
16高塚 勢牧控え奈良  桜井市桜井西中天理シニア
17南峠 友祐控え奈良  宇陀市大宇陀中宇陀ボーイズ
18中西 真鹿控え和歌山 橋本市学文路中和歌山北ボーイズ
19中井 勇輝控え大阪  交野市交野第四中奈良西シニア
20小口 仁太郎控え奈良  天理市北中

11名が奈良県内中学の出身者です。

奈良県以外の出身中学者の内訳です。

※出身中学が調べきれなかった方は
わかり次第追記していきます。

和歌山県 3名

大阪府  3名

兵庫県  1名

県外中学の出身者は近郊の近畿圏を中心
に少し多めです。
中学時代有名な選手が入学しています。
強豪私学の強豪校を維持している
ハイレベルな高校です。

智弁学園野球部2016(旧チーム)の出身中学

2016夏の旧チームの出身中学(シニア等)の一覧です。

名前位置出身中学シニア等中学所在県
村上 頒樹投手南あわじ市立南淡中アイランドホークス兵庫県
岡沢 智基捕手橿原市立白橿中中学軟式奈良県
高橋 直暉内野手広陵町立広陵中香芝ベースボールクラブ奈良県
太田 英毅内野手三木市立緑が丘中神戸中央シニア兵庫県
大橋 駿平内野手近江八幡市立八幡西中中学軟式滋賀県
中村 晃内野手大和郡山市立郡山西中志貴ボーイズ奈良県
納  大地外野手斑鳩町立斑鳩南中羽曳野ボーイズ奈良県
青木 雄大外野手奈良市立富雄三中ヤングビクトリー奈良県
福元 悠真外野手春日村村立聖徳中奈良葛城ボーイズ奈良県
畠山 開成控え上牧町立上牧中枚方ボーイズ奈良県
松本 大地控え橿原市立八木中中学軟式奈良県
石田 航大控え葛城市立白鳳中橿原磯城シニア奈良県
西岡 寿透控え橋本市立西部中和歌山ホークス和歌山県
藤田 和樹控え宇陀市立榛原中宇陀シニア奈良県
寺内 佑騎控え徳島市立徳島中神戸中央シニア徳島県
扇田 将伍控え大淀町立大淀中橿原コンドルボーイズ奈良県
高塚 勢牧控え桜井市立桜井西中天理シニア奈良県
松本 竜也控え桜井市立桜井中奈良葛城ボーイズ奈良県

少しですが1年生の情報です。

名前位置出身中学シニア等中学所在県
松岡 廉投手粉河シニア和歌山県
平野 太一捕手大阪市立東住吉中生駒ボーイズ大阪府
早崎 厚汰内野手神戸市立井吹台中神戸中央シニア兵庫県

智弁学園高校の注目選手

松本 竜也 179.0cm 80.0kg 右投げ右打ち
奈良県桜井市桜井中学校では、
奈良葛城ボーイズに所属。

身長も高く、体重もしっかりある本格派の右腕。
重そうな力のある速球を投げ込む。
荒削りな部分もあるが、今後が楽しみな投手。

太田 英毅 175.0cm76.0kg 右投げ右打ち
兵庫県三木市立緑が丘中学校では、
神戸中央シニアに所属。

中学シニア時代から大変評価の高かった
選手。長距離打者であるが、足も速く
50m6秒1の俊足。

第42回 リトルシニア日本選手権大会で
全国準優勝を経験。

スケールの大きいドラフト候補は
智弁学園高校入学後も1年時から
ベンチ入り。

前チームでも主力を務め、新チームでも
当然注目を集めるドラフト候補。

福元 悠真 176.0cm71.0kg 右投げ右打ち
奈良県高市郡春日村村立聖徳中学校では、
奈良葛城ボーイズに所属。

小学校時代から有名な選手で春日小学校では
第1回U-12世界野球選手権(2011年)
の日本代表に選出。

ボーイズの強豪チームである奈良葛城ボーイズ
では、第9回タイガースカップで捕手として
優勝に貢献。

智弁学園高校入学後も1年時から
ベンチ入り。

前チームでも下級生であるが、4番
レフトを務めた。
2016選抜優勝にも大いに貢献した
中心的存在。

智弁学園高校の紹介

学校智辯学園高等学校
所在地〒637-0037
奈良県五條市野原中4-1-51
創立年1965年(昭和40年)
生徒数594人(女子222人)
卒業生高代延博  (元プロ野球)
岡崎太一  (プロ野球)
枡田慎太郎 (プロ野球)
岡本和真  (プロ野球)
青山大紀  (プロ野球)
廣岡大志  (プロ野球)

宗教法人辯天宗を母体とした、学校法人
智辯学園による全日制の私立高校。
偏差値65の進学校でもあり、
卒業生は色々な方面で活躍されていますが、
特に野球が有名です。

甲 子 園 成 績
出場回数(春)  10回
(夏)  17回
優勝                1回
準優勝                0回

天理高校と並んで奈良県を代表する
強豪校。

春夏ベスト4が一度づつあったが、
平成28年選抜高校野球大会でついに
決勝戦に進出し、古豪高松商業を破って
初優勝しました!!

活躍を期待しています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です