東海大菅生野球部 2017メンバーの出身中学や注目選手紹介!!

シェアしてもらえると嬉しいです!

高校野球の勝利挨拶

いよいよ夏本番!!!

本格的な高校野球シーズンの到来です。

高校野球ファンとしてはわくわくしますね。

そこで毎年注目される有名強豪校について、

主なメンバーの出身中学などを調べて

みました。

今回は東京の強豪校である

東海大菅生高校 です。

東海大菅生高校野球部2017の出身中学

2017夏甲子園大会メンバーの出身中学一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
1松本 健吾投手3東京 中野区緑野中東京青山シニア
2鹿倉 凜多朗捕手3神奈川 小田原市鴨宮中秦野シニア
3片山 昂星内野手2神奈川 横浜市生麦中横浜緑シニア
4小玉 佳吾内野手3神奈川 開成町文命中秦野シニア
5奥村 治内野手3愛知 名古屋市一柳中尾張ボーイズ
6田中 幹也内野手2神奈川 愛川町愛川東中相模原シニア
7佐藤 弘教外野手3千葉 船橋市前原中佐倉シニア
8牛山 千尋外野手3千葉 千葉市幸町第二中佐倉シニア
9松井 惇外野手3神奈川 横浜市富岡中逗子シニア
10山内 大輔控え3愛知 江南市布袋中愛知木曽川シニア
11戸田 懐生控え2愛知 高浜市南中愛知衣浦シニア
12伴野 匠控え2愛知 名古屋市猪高中瀬戸シニア
13猪股 寛太控え3宮城 岩沼市岩沼西中東北福祉仙台北シニア
14小山 翔暉控え1愛知 一宮市萩原中愛知木曽川シニア
15西川 舜悟控え3東京 品川区伊藤中東京青山シニア
16深津 将志控え3愛知 豊田市下山中東海レジェンド
17上林 昌義控え3埼玉 さいたま市土合中浦和シニア
18深沢 昂雅控え2宮城 仙台市大沢中東北福祉仙台北シニア

2名が東京都内中学の出身者です。

東京都以外の出身中学者の内訳です。

神奈川県 5名

愛知県  6名

宮城県  2名

埼玉県  1名

千葉県  2名

県外中学の出身者は近郊の関東圏を中心
に多めです。東海大学系列の学校は
県外出身中学の選手が多い学校が
結構あります。有望な選手の獲得に
積極的なようですね。

東海大菅生高校の注目選手

小玉 佳吾  180.0cm 70.0kg 右投げ右打ち

神奈川県開成町文命中学校では、
秦野シニアに所属。

長身から最速142キロの速球を投げ込む右腕。
強いハートの持ち主でチームの精神的支柱で
もあります。信頼も厚く主将も務めます。

投手としての才能もありますが、打者として
も強打者で主軸を担い、俊足で投げない時は
二塁手も器用にこなします。

野球センスに優れた選手でプロからの注目度
が急上昇中です。

松本 健吾  178.0cm 67.0kg 右投げ右打ち

東京都中野区緑野中学校では、
東京青山シニアに所属。

やや細身の長身から最速145キロの速球を投げ
込む右腕。中学3年時には第42回リトルシニア
日本選手権大会で全国3位を経験しています。

速い速球にキレの良いスライダー・フォーク
を織り交ぜて投球します。

東海大菅生高校自慢の看板投手陣の一角を
担います。

東海大菅生高校の紹介

学校東海大学菅生高等学校
所在地〒197-0801
東京都あきる野市菅生1817
創立年1983年(昭和58年)
生徒数1294人(女子)408人
卒業生中野渡進  (元プロ野球)
笹川隆   (元プロ野球)
鈴木昂平  (プロ野球)
金森敬之  (プロ野球)
南要輔   (プロ野球)

校 歌
作詩:松前 重義 作曲:松前 紀男

北に秩父の 山波を
南高尾の 霊峰を
清き流れに 育まる
これわが母校 わが母校

東京都あびる市にある校舎は別ですが
中高一貫の私立中学校、高等学校。

学校名に付属が付きませんが付属推薦
制度により東海大学への推薦枠があり
ます。

クラブ活動では野球部・ラグビー部・
サッカー部・吹奏学部などが強豪校
として知られています。

学業では普通科に特別進学コースと
総合進学コースが設置されています。

普通科特別進学コースで偏差値は56

多彩な能力を持った方々が卒業生
として色々な方面で活躍されています。

甲 子 園 成 績
出場回数(春)   3回
(夏)   3回
優勝      0回
準優勝      0回

東京都の強豪校。

甲子園には2017夏の選手権を加えて
春夏合計6回目の出場を誇ります。

予想外ではありますが、
成績は選手権で初出場した平成8年の
1勝のみとなっています。

ただ近年は総合力の高いチーム作り
が行われていて、夏の西東京大会は
4年連続で決勝進出

2017チームは能力の高い投手を6人も
揃えて、日大三高早稲田実業を破り
夏の甲子園出場を決めました。

彗星のごとく優勝候補に浮上ですね。

2017夏選手権甲子園結果

2017夏選手権大会 2回戦

123456789
東海大菅生01000111711
高岡商0100000001

東海大菅生は2回に6番佐藤弘教選手のライナーで
飛び込む本塁打で先制。
中盤は投手戦の様相となりましたが、終盤に
高岡商の投手陣を攻略し、11安打11得点で完勝。
松本健吾投手は立ち上がりこそピリッとしなかった
が、尻上がりに調子を上げて、7安打1失点7奪三振
で完投しました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です