報徳学園野球部 2018メンバーの出身中学と注目選手紹介!!

シェアしてもらえると嬉しいです!

甲子園試合の風景

夏の甲子園大会が終了し、高校野球は

2018新チームへと代替わりしています。

2018選抜大会に向けて秋季大会が始まり、

ファンとしても新たな気持ちで再スタート

ですね。

そこで毎年注目される有名強豪校について、

主なメンバーの出身中学などを調べて

みました。

一応旧チームのデータも残してあります。

少し紛らわしいかもしれませんが。。。

今回は兵庫の名門校である

報徳学園高校 です。

報徳学園高校野球部2018の出身中学

2017秋季県大会メンバーの出身中学一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
1林 直人投手1兵庫 宝塚市山手台中兵庫伊丹ヤング
2長谷川 直哉捕手2兵庫 加古川市氷丘中播磨ボーイズ
3原口 志士内野手2兵庫 神戸市星陵台中神戸須磨クラブ
4稲葉 悠内野手2大阪 和泉市光明台中大阪南海ボーイズ
5羽渕 達哉内野手2兵庫 姫路市大津中龍野ボーイズ
6小園 海斗内野手2兵庫 宝塚市光ガ丘中枚方ボーイズ
7神頭 勇介外野手2兵庫 神戸市本多聞中枚方ボーイズ
8亀田 龍磨外野手2兵庫 西宮市山口中スリースターズ
9赤崎 優大外野手1兵庫 尼崎市南武庫之荘中兵庫伊丹ヤング
10木村 勇仁控え2兵庫 報徳学園中
11渡辺 友哉控え2兵庫 西宮市鳴尾中尼崎コンドル
12堀尾 浩誠控え2兵庫 加西市北条中中学軟式
13長尾 亮弥控え2兵庫 淡路市津名中中学軟式
14森本 龍治控え2兵庫 川西市明峰中宝塚ボーイズ
15村田 琉晟控え2奈良 奈良市京西中奈良西シニア
16松本 拓実控え2京都 京丹後市網野中京都丹後シニア
17岩本 悠佑真控え1兵庫 西宮市大社中兵庫伊丹ヤング
18糸井 辰徳控え2京都 与謝野町橋立中京都丹後シニア
19浦上 大控え1兵庫 播磨町播磨中全播磨硬式野球団
20藤田 一星控え2兵庫 尼崎市中央中尼崎西シニア

16名が兵庫県内中学の出身者です。

兵庫県以外の出身中学者の内訳です。

京都府  2名

奈良県  1名

大阪府  1名

県外中学の出身者は近郊の近畿圏を中心
に少なめです。
報徳学園は私学の名門校ですが、毎年
兵庫県内中学出身選手が主体となって
チーム作りがされています。

報徳学園野球部2017の出身中学

2017夏の県大会メンバーの出身中学一覧です。

番号名前位置出身中学出身シニア等
1西垣 雅矢投手3兵庫 朝来市梁瀬中中学軟式
2篠原 翔太捕手3兵庫   伊丹市松崎中兵庫伊丹ヤング
3神頭 勇介内野手2兵庫 神戸市本多聞中枚方ボーイズ
4片岡 心内野手3兵庫 神戸市押部谷中神戸須磨クラブ
5池上 颯内野手3京都 京都市山科中南山城ボーイズ
6小園 海斗内野手2兵庫 宝塚市光ガ丘中枚方ボーイズ
7長尾 亮弥外野手2兵庫   淡路市津名中中学軟式
8永山 裕真外野手3兵庫   川西市明峰中池田ボーイズ
9岡本 蒼外野手3兵庫 報徳学園中中学軟式
10津高 弘樹控え3兵庫 報徳学園中中学軟式
11太田 潤控え2京都   与謝野町橋立中京都丹後シニア
12堀尾 浩誠控え2兵庫   加西市北条中中学軟式
13山本 燎平控え3大阪 大阪市菫中中学軟式
14塩月 陸斗控え3兵庫   神戸市王塚台中兵庫神戸ボーイズ
15細木 雄斗控え3兵庫   神戸市塩屋中神戸ドラゴンズ
16稲葉 悠控え2大阪   和泉市光明台中大阪南海ボーイズ
17村田 和也控え3京都   京都市音羽中京都嵐山ボーイズ
18糸井 辰徳控え2京都   与謝野町橋立中京都丹後シニア
19鯵坂 峻佑控え3兵庫   姫路市山陽中兵庫飾磨クラブ
20木戸 祐紀控え3兵庫   西宮市今津中甲子園シニア

報徳学園高校の注目選手

神頭 勇介  176.0cm 73.0kg 右投げ右打ち

神戸市立本多聞中学校では、大阪の
枚方ボーイズに所属。

中学時代強豪ボーイズとして知られる
枚方ボーイズで強肩強打の捕手として活躍。

3年時に元巨人の吉村禎章監督が率いる
U‐15アジア・チャレンジマッチ2015
メンバーに日本代表として選出される。

報徳学園での新チームでは、内野手として
レギュラーを獲得している。
将来性豊かなプロ注目のドラフト候補。

小園 海斗 178.0cm73.0kg 右投左打

宝塚市立光ガ丘中学校では、大阪の
枚方ボーイズに所属。

上記の神頭勇介選手と同様に中学時代は
強豪ボーイズの枚方ボーイズで活躍。
彼も元巨人の吉村禎章監督が率いる
U‐15アジア・チャレンジマッチ2015
メンバーに日本代表として選出された。

報徳学園入学後も、1年春から1番遊撃手で
レギュラーを獲得。50m5秒9の俊足と、
堅実な守備に加えて、功打者として出塁率が
高いリードオフマン。

2017 U-18ワールドカップの日本代表に
2年生ながら選出され、大会でも大活躍
しました。

将来性豊かなプロ注目のドラフト候補。

報徳学園高校の監督紹介

大角 健二 監督

生年月日:1980年5月30日
出身地 :兵庫県生まれ
学歴  :報徳学園高校ー立命館大学

高校時代は2年時に春夏甲子園出場。
3年時は主将としてまたも春夏連続
で甲子園に出場しました。

立命館大学でも捕手を務めたが、右ひじ
を痛めて2度の手術を経験。
満足に球を投げられなくなったが、
統率力が買われて4年時は主将を務めま
した。

主将の任務が終わり、野球から離れよう
としていた折に指導者への道を誘われ、
悩んだ末に教職の道に進みました。

2003年に母校である報徳学園高校の
コーチとなり、部長を歴任して
14年間指導経験を積み、2017年春の
選抜後に監督に就任しました。

名門校をどのように導いていくのか
楽しみですね。

永田 裕治 前監督

生年月日:1963年10月18日
出身地 :兵庫県生まれ
学歴  :報徳学園高校ー中京大学

高校時代は1981年夏の甲子園で外野手として
全国制覇。

中京大卒業後、1987年4月から桜宮高校で
コーチに就任。

1990年4月より母校である報徳学園高校で
コーチとなり、1994年4月に監督に就任した。

春夏合わせて17度も母校を甲子園に導き、
2002年春の選抜では全国制覇。
名門校にさらに勲章を加えた。

名将なのですが、2017年春の選抜を最後
に勇退しました。

報徳学園高校の紹介

学校報徳学園高等学校
所在地〒663-8003
兵庫県西宮市上大市5丁目28-19
創立年1911年(明治44年)
生徒数1239人
卒業生金村義明  (元プロ野球)
松本匡史  (元プロ野球)
比屋根吉信 (元興南高校監督)
西谷浩一  (現大阪桐蔭監督)
大谷智久  (プロ野球)
片山博視  (プロ野球)

校  歌

作詩:富田 砕花
作曲:大沢 寿人

はろばろひらく 武庫の野や
のぞみの虹に なぞらへむ
つづく はたての 山なみを
ここ報徳の 学苑に
風霜凌ぎ 立つ木木の
見はるかす日ぞ われらまた

兵庫県西宮市にある私立の男子校。
クラブ活動がさかんで、野球部やラグビー部
陸上部などが全国的に有名。

学業にも力を入れていて、選抜特進コースの
偏差値は63

歴史ある伝統で卒業生の方々は様々な分野
で能力を発揮されております。

甲 子 園 成 績
出場回数(春)               21回
(夏)               14回
優勝                   3回
準優勝                   0回

兵庫県を代表する名門校。
決勝戦では一度も負けていない。
チャンスは確実にものにしています。

『逆転の報徳』が印象的。

2017新チームは秋季兵庫県大会を
準優勝。
秋季近畿大会では準々決勝で昨年敗れた
滋賀学園高校と再戦。
またしても0-1の1点差で敗退。

昨年の悪夢がよぎりましたが、2017年
春の選抜には順当に選出されました。

選抜大会では実力発揮のベスト4へ進出
永田前監督を優勝の花道では送れません
でしたが、非常に粘り強さが感じられる
好チームに仕上がっていました。

好調は持続し、春季県大会も優勝。
春季近畿大会では準優勝した東海大仰星
高校
に初戦で競り負けました。

2018年の活躍を期待しています!!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローをお待ちしています!

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です